愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■タグ:愛知県の記事一覧■


駆け抜ける!

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

120105.jpg

ウチの息子は今年はこれで駆け抜けるつもりのようです。

便乗!便乗!

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

120101.jpg

 

毎年恒例。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

111226.jpg

このクリスマス3連休は我が家では毎年恒例のイルミネーションを見に。

かれこれ10回目になるなぁ。

ここに来れている限りは我が家は安泰。

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

冬期休業のお知らせ。

| カテゴリ:

誠に勝手ではございますが、下記日程で冬期期間中休業させていただきます。

冬期休業期間:2011年12月29日(木)~2012年01月05日(木)

尚、冬期休業期間中の電話・メールでのお問い合わせは受け付けておりますが、実務的な対応としては01月06日以降となりますので、予めご了承ください。

(急遽、面談・相談を希望される場合には、可能な限りご対応いたしますので、遠慮なくご相談ください。)期間中はご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

 

 岩田建築アトリエ

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

New アイテム。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

111214.JPG

先日のクリマで事務所用へ迎え入れることになりました「Newアイテム」

陶器でできていますが、やはり家に関するモノには惹かれる。

カタチは極めてシンプル。

 

憧れるなぁ・・・。

 

それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

■第4案 計画案

 

111212-1.JPG

今まで中庭案(コートハウス)での提案が続いていたのですが、より庭を広く使いたいという要望により、L型プランへと変貌しております。

 

111212-2.JPG

下屋となる部分が、立面構成をゆったりとしたイメージを与えてくれます。

 

111212-3.JPG

奥に見える母屋部のリビングからの見通しが良かったのですが、良すぎた為に次の案を作成する事に・・・。

 

それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

クリマ。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

111209-1.JPG

先週末ですが、クリエーターズマーケット(略して「クリマ」)に行ってきました。

数えきれない程の大小さまざまなブースに、個々の表現が炸裂していました。

 

何年かぶりに行ってきたのですが、行く度に、世の中には思いの丈を表現している人達がこんなにも居るのだ・・・と圧倒されると同時に、何か自分も後押しされるような感じを受け、とても良いモチベーションUPになります。

 

そして、今回は夫婦茶碗ならず、夫婦湯呑を購入。

111209-2.JPG

ろくろを使用せず、手捻りで作った湯呑みです。

111209-3.JPG

人の手の温かみが感じられて、何だか気持ちがほっこりします。

 

それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

計画案-2でプランニングはほぼ決定していますので、あとは外観に関して調整を続けていました。

111207-1.JPG

屋根形状はスッキリ切り妻です。

南面に、太陽光による温水パネルを設置するために南垂れの屋根になっています。

111207-2.JPG

東西面は隣地の家が迫っているので、殆ど見えないのですが、スッキリしたカタチになっています。

 

色んな要素が関係してくるのですが、余分なモノを削ぎ落としていくことにより、スッキリしていくものです。

現在は、実施設計も終わり見積をしながら、辛い話ですが金額調整中です。

年明けには現場がスタートする予定です。

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

111205-1.jpg

上空にはヘリが・・・写真には2機しか収まっていませんが、見渡せば5機は居たと思います。

そんな物々しい雰囲気の中で我が家が何をしていたかと言いますと・・・。

 111205-2.JPG

「ドラゴンズ優勝パレード」であります!

昨年も参加したのですが、今年はこのV2と文字に価値があります。

しかも、8年続いた落合ドラゴンズ、落合監督の最後のユニフォーム姿ですので、その感謝と御礼を伝えに行って参りました。

 111205-3.JPG

落合監督と森野選手会長。

 111205-4.JPG

毎年活躍しつづけ、MVPを競い合った吉見投手。

そして、天は二物を与えたというか何というか・・・スゴイの一言、浅尾投手。

故障をしないで、少しでも長く活躍した選手生活を送って欲しいです。

 

他の選手たちは、長い車の上に乗って過ぎてゆくのですが、写真を撮ってると見れない、見ると写真撮れない・・・。

という事で、見てましたので写真は撮れずであります。

 

来年からは高木監督の元、落合監督が残したモノを活かしつつ、V3ダ!

 

 111205-5.JPG

ドアラはいつも通り。

これ程キャラが立っている、球団マスコットはなかなかに居まい。

 

 111205-6.jpg

親に付き合わされた子供。

でも、楽しそうでしたので良かったです。

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

地震の予兆。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

以下のyoutubeの動画ですが、Facebook上でも紹介したのですが、非常に興味深いものなのでブログでも紹介させていただきます。

 

 非公式ではありますが、個人の方がアメリカ地質調査所/国立地震情報センターが公表した資料を参照したもののようです。

こうやって視覚的に表現したものを目の当たりにすると、いかに3月11日の地震が地球規模で考えても相当だった事がよく判ります。

(視覚的もですが、音も結構訴えるものがあります。)

 

ただ、個人的に非常に興味深いと感じたものは、3月9日にM7.3が1回、3月10日にM6クラスが3回、同じ本州東部沿岸で地震が発生しているという点です。

あれ程大きな地震だったので、やはり予兆となるような事象が起こっているのだと・・・。

 

東南海沖地震がいつ発生するのかは誰にも判りません。

私が生まれた時からずーっと言われ続けている事です。

しかも、その間地震が起きているのは他の地域ばかり、見えない不安は膨らむばかり。

 

勿論、普段から大地震を想定して行動していれば問題はないのですが、きっと忘れた頃にやってくると思います。

何らかの地震が発生した時は、これは次にくる地震の予兆かも?と思い行動(生活)をするというのもひとつの対策になるのかもしれません。

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

和の遺伝子。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

111112.JPG

先日ですが、「長期優良住宅」の申請のお手伝いをさせていただいた建物のオープンハウスに行ってきました。

そこには障子が数多く使われた空間がありました。

 

「障子」に良いなぁと、言葉ではなく身体が反応する感じを受けました。

 

これは私の中にある"和の遺伝子"なのかもしれません。

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

スッキリ感。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

111016.JPG

とある提案でのひとコマ。



元々は設計事務所という選択肢がない状態で、ひょんな事から提案をさせていただくことになりました。

他からの提案も受けていたようですが、こちらの提案に対しての反応は良かったように思います。

 

与えられた条件や要望を整理しながら、時には取捨選択をして纏めていく・・・結果として出てくるのカタチは人それぞれ。

今回に関しては、要点を押さえることができたようで、提案を聞かれた後はスッキリした感じという印象を受けました。

 

スッキリのリアクションは、コチラのスッキリ感。

実際に進むかどうかは、まだ色々ハードルがあるのですが、無事進む事になったらご報告します。

 

P.S

提案中も周りをウロウロしていた猫ちゃんは、模型の木の揺れが魅力的に見えるようで・・・模型死守でお願いします。

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

■第3案 計画案

 

計画案2以降は全て2階建案での提案になっています。

111111-1.JPG

北棟と南棟を西側の通路部分でつないで、中庭を囲むような建物配置となっています。

111111-2.JPG

南等は、ガルバリム鋼板でハコのようなイメージです。

(真ん中部分の屋根が高くなっているのは、内部の部屋の用途によるものです。)

111111-3.JPG

エントランスアプローチはこんな感じです。

 

 

・・・少しずつですが、和モダンの旅路は進んでいきます。

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

総檜の通路の先には・・・

111109-1.JPG

山を望む展望台があったのですが、このケンチクの肝は左側の円筒形の空間にありました。

111109-2.JPG

そこは、「風と空の展望所」と命名された空間。

こことは別の地下空間に、冬期に作った自然の氷を貯蔵した「氷室(ひむろ)」という場所があり、そこからの冷気が脚元から上部へ抜けるような空間です。

111109-3.JPG

見上げるとこんな感じです。

木と石のみで創られた空間に、ガラスも嵌められていない上部の開口からは無垢の光が降り注ぎます。

 

静謐という言葉が似合います。

 

とても印象的な空間でした。

 

<オマケ>

111109-4.JPG

六甲という理由からかは不明ですが、6つの展望所には番号が設置してあります。

探せば見つけられると思いますが、どの番号も「流石!」という作りになっていました。

 

それでは。

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

111107-1.JPG 

「六甲枝垂れ」

建築家・三分一博志氏設計の六甲山山頂に位置する展望台です。

6つの場所から見えるさまざまな景色を五感で感じる事ができます。

111107-2.JPG 

中から見た景色は圧巻の一言。

ベースフレームは鋼製でハニカム形状ですが、そのフレーム毎に檜のフレームがランダムに組み合わさって枝垂れの様相をなしています。

檜のフレームが密になったり、間隙が多かったり、時にはポッカリ空いたり・・・その影が幹のような部分に落ちています。

111107-3.JPG 

陰影がとても印象的ですが、このフレームに冬には樹氷が着氷するそうで想像しただけでもとても幻想的です。

 

111107-4.JPG 

幹みたいな部分は内部に空間があり、床・壁・天井総檜の通路によって誘導されます。

 

つづく。 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

気分転換。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

111104.JPG

イケアで購入した、事務所来客用のコーヒーカップです。

(持ち手部分が見えないので、湯呑みみたいに見えてます。)

 

4つで¥699円也。

 

安い!!

 

こういったモノが変わるだけでも良い気分転換です。

 

事務所にお越しになった際は、コーヒータイムを愉しんでください。

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

仕事で訪れた神戸・イケア。

それだけでは勿体ないので、他にも訪れた場所。

カフェ、アンティーク マルカ(kaffe,antik markka)」です。

111102-1.JPG

北欧で買い付けされた雑貨や家具の販売とカフェが併設している素敵なお店です。

111102-2.JPG

こうなると目の保養ですね。

 

折角なので、カフェでコーヒーを・・・とオーダーすると、「カップは好きなモノをお選びください。」と粋な計らい。

111102-3.JPG

という訳で、緑の葉っぱがトレードマークのBersa(ベルサ)のカップをセレクト。

 

コーヒーを淹れていただいている間に、店舗で実際に売っているこのカップの値段を見て「割っちゃあ大変だ。」と肝に命じながら、心地よい空間でのコーヒータイムを愉しみました。

 

それでは。

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

前回のつづきです。

 

さて、店舗でのクライアントの打合せです。

 

まずは、フードコート内で事前打合せです。

前回作成した資料を基に、今回計画のプランニングに於いてはどういった選択肢があるとか、こういった事は出来る・出来ない等をご説明の上、これから展示品を見ながら決めていく項目をお伝えします。

実際にキッチンを決定する上で、どういった決定項目があるかと言いますと・・・

 

まずは、ワークトップ(天板)の決定をします。

材種は、メラミン、無垢材、ステンレス、人工大理石。

その中で、制作可能寸法なども踏まえて決めていきます。

 

次に、キャビネット。

111101-1.JPG

シンク用・コンロ用・収納用等があり、キッチンのフレームになります。

この組み合わせによりキッチンの全体構成が決定するようなものだと思います。

 

次に、面材。

111101-2.JPG

スタッフの方曰く、左から順に安いです。との事。わかり易い。

もうこれは好みの問題で、今回の建物イメージで話し合いながら決めていきます。

扉1枚だけ面材を変える事も可能らしいですが、今回は統一する方向で。

 

次に、取手。

111101-3.JPG

面材のイメージから、自ずと数種類に絞られ、実際に合わせながら決定です。

 

次に、設備機器。

111101-4.JPG

シンク、混合水栓、設備機器、レンジフードの選択になります。

ワークトップをステンレスにした場合は、継ぎ目なしの加工をする為、ここにあるものの選択が必須になりますが、それ以外は混合水栓、設備機器、レンジフード・・・全て支給品でも構わないそうです。

取り敢えず、ここにあるもの中で候補を選択していきます。

 

ひと通り仕様を決定したら、予約してあったプランニングサービスを進めます。

スタッフのアドバイスを受けながら、ああしたいこうしたいを伝えながら見積書を作成する必要な事項を確定していきます。

 

今回は、キッチン裏側も収納を設けたい要望があるものの、イケアの既製品では奥行きが大きすぎるので、扉はイケアで用意して内箱は建築工事(大工さんか家具屋さん)で製作する方向にしました。

 

イケアの店舗が近くにあれば、施工もお願いする事になるかと思いますが、東海地方では出張費もかかってくるので、今回は地元での施工をする方針です。ただ、設備機器の取り付け以外に関しては、監督さんにお願いして私と二人でやってみようか・・・とも企んでおります。

いずれにせよ、見積書を見て総合判断で採用決定した場合の話になりますが・・・。

 

 

それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「小さな平屋」のキッチンは、イケアのキッチンになるかもしれません。

(事の発端は、多分私の「こういうキッチンもありますよ・・・」的な事だと思います。)

ただ、名古屋近郊にはイケアの店舗もなく、実際に導入するにあたり制作限度や計画プランに対する制限や段取について、どのような問題が発生するのかはよく判っていません。

そこで、実際に現地で店舗スタッフと打合せした上で、更に現地でクライアントとの打合せした事を今回と次回に渡ってご紹介したいと思います。

 

まずは、事前に検討する為の情報収集です。

イケアのキッチンの書籍を見ながら、イメージを作り、カタログ等で情報を得たかったのですが・・・総合カタログにはキッチンの具体的な情報は殆ど無し。

仕方なく、ネットでキッチンハンドブックをダウンロードして見てみるも、細かい事はサッパリ判りません。

ただ、判る範囲内で今回の計画にマッチするプランを検討及び疑問点を書きだしていきました。

それがこれです。

111031-2.JPG

どういった事が出来るのか疑問がかなりある状態で現地入りです。

 

実際の展示を見ながら仕様の確認をしつつ、カタログを集めてみると、事前に判らない理由が判明!

111031-1.JPG

カタログ関係がこんなにもある・・・。

 ■IKEA キッチン&設備機器 ハンドブック

 ■IKEAキッチン施工について

 ■FAKTUM/ファクトゥム キッチンシステム

 ■ワークトップ、シンクユニット、キッチン水洗

 ■キッチン収納ソリューション

 ■設備機器/APPLIANCES

 ■キッチン 扉&引き出し全部

細かい冊子を含めると、計7部。

 

これでは、ネットの情報だけでは判るはずもない訳です(苦笑)。

実際に、スタッフの方も「ネットの情報だけでは判らないと思います。」と申しておりました。

(ただ、スタッフの方の対応はとても親切でとても分り易かったです。)

 

現物を見て、スタッフの方に色々聞いて、かなり視界が開けました。

正直な感想は、結構融通が利くなぁという感じです。

「ああしたい。」とか「こうしたい。」旨をスタッフに伝えると、イケアのユニットではありませんが、その部分は現場で対応してもらえれば良いですよ。的な提案してもらえます。

素人の方での対応はなかなか大変な話になりますが、今回のような新築工事では、「その部分」は家具屋さんにお願いすれば良いか・・・という話で解決できたりします。

そんな感じで、状況を把握した段階で、クライアントとの打合せ資料を纏めたのがコレです。

111031-3.JPG

 

111031-4.JPG

手作り感満載な資料ですが、これが揃えば現地での打合せはスムーズに進む筈です。(多分)

 

つづく。 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

先日になりますが、(仮)地盤調査を行いました。

 

なぜ(仮)かと言いますと、今回の計画は既存建物からの建て替えになるからです。

一般的に木造住宅での地盤調査は、計画建物の四隅及び中心の計5ポイントを調査して、その結果を基に地盤の改良等を検討します。

しかし、現状はまだ建物が建っていますので、正式な地盤調査が出来ません。

故に、計画建物の四隅の内、調査可能な1ポイントを調査しました。

111029.JPG

いつも通り「留まれ~。」「ゆっくり入れぇ。」と念じておりました。

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36  
トピック一覧