愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■タグ:建築家の記事一覧■


160311-5.jpg

160311-6.jpg


「コノジノイエ」のオープンハウスをクライアントのご厚意により開催させていただくことになりました。


■ 日付 : 2016年03月19日(土)・20日(日)の2日間

■ 時間 : 10:00~17:00

■ 場所 : 岐阜県瑞穂市

■ 構造 : 木造平屋建 延床面積:139.31㎡(42.14坪)



コの字の建物配置の中に広々としたデッキスペースが各部屋を繋いだゆったりとした平屋の住宅です。

クライアントが車いす常用者のため、廊下も一般的な幅より広く、段差も抑えたバリアフリーである点もご覧いただけます。

また、無垢のフローリング材や中霧島壁等の自然素材を使用し、断熱気密性能も備えた住宅です。


是非、現地にて体験いただければと思います。


詳しくは「オープンハウス情報」をご覧ください。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


スピード感。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

遠くなければ、普段の移動は自転車をよく使います。


自転車で移動していると、車では見つけられないモノに遭遇することも多々。

160301.JPG

栄の交差点にある「ピクシーの足型」

交差点待ちにこれを見ながら、「そういえば、瑞穂でのピクシーの引退試合見に行ったなぁ・・・。」と遠い目をしてみたり。


車のスピードでは気づかない事は、自転車だと見つかったり。


きっと、歩いたら自転車では見つけられない事に気づいたり・・・。


普段は時間に追われてしまう事ばかりですが、ちょっと立ち止まったり、ゆっくりしたり、ボーッとしたり。

そういう事を意識していければと思います。


大切な事を見逃さないようにしないと・・・。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160227.JPG

先日、所属する建築士会名東支部主催の建築家講演会がありました。

お招きした建築家の方は「マウントフジアーキテクト」の原田真宏さんです。

(僕は運営側でしたので、アレコレと動いておりましたが、講演はジックリ聞くことができました。)


原田さんは、歳は僕の少し上の方ですが、普段から紙面でお見かけするスーパーマンのような方で、講演のお話を聞きながら感心(ほぼ驚愕)しきりで、真似しようとも真似できないようなレベルのお話ばかりでした。


こういった講演会でトップランナーのお話を聞くことは、普段の自身の仕事に対する姿勢や考え方を再考する良い機会になります。

翌日の朝は、事務所で一人静かに燃えておりました。(笑)


原田さんありがとうございました。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


homify掲載。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

建築系のサイトの「homify」というサイトで、「和モダンの家」を掲載していただきました。


160222.jpg

ページ中の文章は、ライターさんが書かれているようで、色々勉強になります。(笑)


以前も、「ユキイロノイエ」を掲載いただいた時にも、「文章うまいなぁ・・・」と感心しきりでした。


※当ブログは、引き続き私の拙い文章にお付き合いくださいますようお願いいたします。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


建築士会の食事を兼ねた勉強会で「八勝館」へ行ってきました。


160216-1.JPG

八勝館は八事にある料亭で、そこの「御幸の間」は天皇陛下を迎える為に、堀口捨己が設計した棟です。


160216-2.JPG

座敷に座っていると、ここは本当に名古屋?と思うくらいに庭が広大で素晴らしい。

他のどこを見ても目の保養状態。

160216-3.JPG

維持管理を思うだけでも気が遠くなりそう・・・でも素晴らしいです。


こういった勉強会でもない限り、訪れることのない場所を体験しました。


実際、料亭という所は初めてでして、靴を脱ぐところからアタフタ・・・。 

これも社会勉強かと。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」には、Rが沢山あります。

160213-1.JPG

廊下の角を取ってRに。

これで車いすの通行も楽になります。


160213-2.JPG

パントリーの入り口もR。

扉の色はビビッドカラーになります。


160213-3.JPG

和室の縁甲板部分もR。

天井に照明の明かりがどう映えるかが楽しみです。


160213-4.JPG

ここは尖ってますよ。


色々ありますが、オープンハウスの時に、確認していただければと思います。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160211.JPG

公園とはいうものの、ほぼ山で、突然土を取り始める息子。

本人曰く、こんな赤い土は無い!これなら良い泥だんごが出来る筈!との事。


子供の興味はどこへ向くかは判りません。

ですが、どこへどう伸びるかも判りません。

なるべく色々と経験してくれれば・・・。


因みにその土は、家でほったらかし・・・冷めたのか!?


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」の配筋検査を行いました。

とは言うものの、現場にいるのは私一人。

現場監督さんの立ち会いは構造設計担当を優先していただいた為です。


一部、指摘事項を監督さんに連絡して、翌日に構造担当の配筋検査を実施していただきました。


並行してプレカットの打合せ→修正→チェック・・・という感じで、3月の上棟を迎えます。



160210.JPG

これは、独立した鉄柱の基礎部分です。

岩田の「田」ですね。


それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「細長い家」はこの日の打合せをもって、基本設計から実施設計へ移ります。

順調順調。


打合せの帰り道・・・

160207.JPG

先っぽが無い。


建築の外装仕上げで「ヘッドカット仕上げ」というのがありますが、これもヘッドカット仕上げ。

因みに、細長い家ではヘッドカット仕上げを使用する予定はありません。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160206-1.JPG

子供が大きくなってきましたので、一昨年頃からボチボチと雪山活動を復活しております。


暫くブランクがありましたので、道具一式も押入で眠っておりました。 


ですが、この日の午後一番のリフトを降り、滑り始めの1ターン目で事が起こりました。

160206-2.JPG

「パッカーン。」

こうなると何も出来ない。

リフト1本分を辛い体制で滑るというか、雪面を慣らすというか・・・腿がパンパンです。


残りの時間は、子供が滑るのを凍えながら見るという事態に。


道具も含め色々ありますが、手入れは大事です。


余談ですが、後日約10年ぶりに買ったブーツは軽い!紐が緩まない!凄い!

10年の月日を目の当たりにしました。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ブログでの登場はかなり久しぶりですが、「蒲郡の平屋」はゆっくりですが、実施設計が進んでおります。

(他に、農地転用→建築許可の必要もあるので、ゆっくりなんですが。)


この日は、クライアントが洗面化粧台をサンワカンパニーで見られるということで、私も行ってきました。

とはいうものの、ショールームが布池教会の近くだと思っていたのですが、昨年栄に移転されていたようで、危うく遅刻するところでした。

160203-1.JPG

都会な雰囲気のショールームです。

160203-2.JPG

事前に決めていたので、案外すんなりと決まりましたが、決めてなかったらかなり迷いそうな雰囲気・・・。

そして、やはり金額がお高いものは、やはり良い。

予算攻防戦が始まりそうでコワイ・・・。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


行動パターン。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

160130.JPG

お千代保稲荷に行ってきました。

独立してから来るようになりましたが、一旦来るようになると毎年来ないと何だか落ち着きません。


ただ、何とか1月中に・・・と思いつつ、晦日でもない晦日ちょっと前です。


そんな中、facebookが教えてくれました。

「アナタ、去年も一昨年は同じ日、一昨年は1日前に来てるよ。」

行動パターンが毎年同じようです。


同じ次いでで、串かつもいただくパターンです。


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」の現場です。

160129-1.JPG

「どーん。」と石膏ボードが搬入されました。

この山積みのボードはかなりの重量の筈。

普段、設計でここにピアノを置くので床補強を・・・という検討をしますが、この山積みのボードが置かれている状況から、どこにピアノ置いても大丈夫なんだと思います。(グランドピアノは別ですよ。)


160129-2.JPG

玄関ホールの天井にもボードが貼られ、カタチが目に見えてきました。

図面を描く時にも、難しい納まりだなぁ・・・と思っていたのですが、大工さんが難なく仕上げていました。

感謝です。


160129-3.JPG

アプローチの雰囲気も完成のイメージに近づきつつあります。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160124-1.JPG

子供の作った凧ですが、何十年ぶりに凧揚げをしました。

とても風が強かったので、凧はグイグイ揚がっていきました。

子供の付き合い程度と思っていたのですが、手に風の力が伝わってくる感覚がとても新鮮です。


普段、デジタル的なモノに触れる事が多いですが、それは触れても感触は均質化しています。

手に伝わる感覚も養っておかないと五感が鈍りそう・・・と感じます。


160124-2.JPG

かなり揚がりますよ。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

160121-1.JPG

打合せに向かう道中で発見。

ペットボトルのお茶では「白川茶」が僕の中ではダントツですが、これもなかなか良いです。

160121-2.JPG

そして、次は・・・ってお茶飲んでばかり!という訳ではありません。

こちらは、「コノジノイエ」の扉の色で、お施主さまの奥さまから「この色で。」と見せていただいているのです。

このラベルの中のどれかです。


どれかは秘密です。

完成をお楽しみに。


とりあえず色見本を作成します。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「細長い家」は増築なので、既存建物との位置関係やアプローチの変更の打合せを現場にて行います。

図面でのやりとりも当然必要なのですが、現物があるのでそれを「あぁだ、こうだ。」とやり取りするのが最短です。

お庭にはお施主さまのお父さんの盆栽が沢山。

160119.JPG

詳しいことはサッパリ分かりませんが、色々なカタチが興味を惹きます。


沢山あるので好みを探すのは難しいですが、白い空間に1点だけ佇んでいたら、かなり良さそう・・・。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」の現場です。

160116-1.JPG

遂に!打合せスペースの外壁仕上げが・・・って違います、ポーチ外壁です。

監督さんとの打合せもお施主さまとの打合せも何故かココ。

その外壁が仕上がるだけで、打合せに望む気分も揚がります。(笑)

仕上げはご主人希望の紺色のガルバリウム鋼板です。

左奥の白い外壁が仕上げればコントラストも映えまくりです。


160116-2.JPG

「コノジノイエ」の「コ」に立つの図。


160116-3.JPG

ポーチのサッシ廻りは木枠が・・・。

当初は無かったのですが、現場での心意気で取り付く事に。感謝感謝。


そして、床のフローリング仕上がり状況を・・・

160116-4.JPG

見れません!

フローリングは張りながら、キズが付かないように直ぐ養生をかけますので、なかなか見るタイミングが難しいです。

後々の楽しみにとっておきます。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160115-1.JPG

++++++++・・・


ここに地盤改良の砕石杭が施工されます。

支持地盤も確認でき一安心。


工程は幾度と無くご紹介しておりますので割愛。
(決して手抜きではありません。)


160115-2.JPG

施工完了。


現場は見た目地味に進みますが、この間に施工図チェックやプレカット打合せなど・・・割に神経を擦り減らす事が多いです。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


緑のデザイン。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

160113.JPG

とある申請機関への道中で見つけました。

少々異様ですが、自然に作られた枝のラインに圧倒されます。

若葉が出てきた時や生い茂った時も見てみたい。


・・・ひょっとして意図的に計画されていたら?


建物への緑のデザインかぁ・・・と少しだけ真剣に考える。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ビビる。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

160112.JPG

交差点待ちでボケーッと外を見てたので、かなりビビりました・・・。


柱のラインでちょうどそれっぽく見えたのです。


・・・って、そう見るのは僕だけでしょうか。
(気付かれない方は、単なる謎ブログです。スイマセン。)



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37  
トピック一覧