愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■タグ:家の記事一覧■


101013.JPG

本日、<長期優良住宅>「高蔵寺の家」の引渡しが無事、終了しました。

長かったような・・・短かったような・・・。

今まで現地にて打合せがある度に、私と監督さんでクライアントを見送っていたのですが、今日からは逆に見送られるパターン。

 

「何だか違和感が・・・。」

 

「でも、これが普通か・・・。」

 

なんて、自問自答。

 

はじめのメールを頂いてから、今日までで丁度1年4ヶ月。

どうもありがとうございました。

 

これから新たなカタチでお付き合いが始まる訳で・・・

どうぞよろしくお願いします。

 

 

それでは。

 

 

 

 

秋の実り。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

家に帰ったら食卓にこんな物が。

 

101005.JPG「どんぐり」の盛り合わせ。

息子が公園で拾ってきたそうです。

これも秋の実りのひとつですね。

 

沢山拾ってきたようで、床の所々に転がっています。

夜中に知らずに踏むと痛そうなので、拾っておいてください。

・・・お願いします。

 

それでは。

 

 

101004.JPG

昨日、一昨日の<長期優良住宅>「高蔵寺の家」のオープンハウスは、沢山のご来場をいただきまして、無事終了することができました。

どうもありがとうございました。

本日、役所の完了検査も無事終了です。

あと1週間程度で引渡し、寂しいような嬉しいような・・・。

最後まで気を引き締めて参ります。

 

 

それでは。

 

 

本当に天候が良くなりましたね。

日陰は涼しく、日向は暖かく。

1週間前とは別次元のものとなりました。

ふと、事務所の窓の外へ目をやると・・・

100927.jpg

目が合ってしまいました・・・。

おや、目合ってるかな?気持ちが良過ぎて、焦点が合ってないような。

 

そんな姿を見せ付けられると、こちらの仕事のヤル気がどこかへ行ってしまいそうです。

頼むから、もう少しピンと背筋伸ばして、シャキッとしてね。

 

 

■イベント情報■

さて、とうとう今週末に迫りました。

「高蔵寺の家」のオープンハウスを10月2日・3日に開催します。

オープンハウス情報」をご覧いただき、「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。

<長期優良住宅>仕様の住宅を是非、ご覧ください。

お申し込みをお待ちしております。

 

それでは。

 

 

 

めっきり涼しくなりましたね。

<長期優良住宅>「高蔵寺の家」は先週から約1週間後の現場ですが、「2週間ぶりかな?」と思うくらい激変しています。

100924.jpg

壁クロスやタイルが仕上がり、照明やキッチンの設備機器が取り付き、家としての雰囲気が出てきました。

下のスライドショーをご覧ください。

(解説は写真にマウスのポインタを乗せると見えます。)

 完成近し!

オープンハウスもありますので、下記情報をご覧ください。

 

■イベント情報■

「高蔵寺の家」のオープンハウスを10月2日・3日に開催します。

オープンハウス情報」をご覧いただき、「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。

<長期優良住宅>仕様の住宅を是非、ご覧ください。

お申し込みをお待ちしております。

 

それでは。

 

 

「行って来なさい。」という言葉が聞こえそうですが・・・

 

声を大にして、タイトルを書きましたが、私自身はアートを語るほどのウンチクは持ち合わせおりません。
昔は、「○○展」なるものを観る為に足繁く美術館に行き、作品を観て、解説を読んで、「ふむふむ、そういうモノなんだね。」なんて事をしてました。
でも、私自身にはどこかに限界があったのでしょうか、いつしか「見てるだけ」という状況に陥ることもしばしば。

そんな時に、ある知り合いから「自分自身がどう感じるかで、批評なんか放っとけ。」という言葉を聞き、目から鱗でした。


ブルース・リー的に言えば、「don't think feel(考えるな、感じるんだ!)」です。
あたり前の事のようですが、肩から力が抜けた瞬間でした。


それまでは、「これはこういう理由で凄い。」なんて風に観てたものが、ただ単純に・・・

「コレ、面白い!」

「コレ、楽しい!」

「コレ、凄い!」   でいい訳です。

そんなアートを感じることができるであろう「あいちトリエンナーレ」は楽しみなのであります。

因みに新聞でも目にしました、草間彌生さんのアートですが・・・

100920-1.jpg(あいちトリエンナーレ公式HPより)


 

以前、瀬戸内海の直島にて触れる機会がありまして、そこでは・・・


100920-3.JPG
こんな感じで、自然と対峙していました。

個人的な好みの話ですが、今回の「あいちトリエンナーレ」ではこうやって日常の中にある非日常的なイメージを楽しむことが出来ればと思います。

 

■イベント情報■

「高蔵寺の家」のオープンハウスを10月2日・3日に開催します。

オープンハウス情報」をご覧いただき、「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。

<長期優良住宅>仕様の住宅を是非、ご覧ください。

お申し込みをお待ちしております。

 

それでは。

 

 

 

昨日の事ですが、送ればせながらナゴヤドーム今期初観戦をしてきました。

息子が生まれてからは、なかなか足を運ぶ機会がなかったのですが、気合を入れて行ってきました。

道中はこんな感じで・・・

 

100913-1.JPG

この日の為に買ったドラゴンズチビTシャツ(森野バージョン)を着て、なぜか小指が立ってますが・・・いざ、出陣です。

(ちなみに、Tシャツ購入は完全に嫁の趣味です。)

 

対戦相手はベイスターズなんですが、ドラゴンズは現在首位なので、盛り上がった試合になりました。

とはいうものの、息子は対して興味もなく、途中は当然眠くなるようで・・・

100913-2.JPG

周囲は、応援の音や歓声で結構な音だったんですが、スヤスヤ寝ていました。

 

肝心な試合結果はと言いますと

100913-5.JPG

背番号13:守護神岩瀬登場!

なので、勝ちです。

いやぁ、良かった。

 

ちなみに、昨日は「ドアラデー」だったので、ドラゴンズマスコット「ドアラ」(その世界では結構な有名人(?)です)が主役。

100913-3.JPG

こんな感じでグラウンドを走り回ってました。

写真が小さいので拡大しますと・・・

100913-4.jpg

ママチャリ乗ってる・・・こんなマスコットは多分ドアラだけでしょう。

 

久しぶりの球場でかなりリフレッシュできました。

何とかこのまま優勝に突き進んで欲しいです。

 

それでは。

 

 

 

本日は、久しぶりの雨の一日ですね。

100908.jpg

「高蔵寺の家」の現場も、外は涼しいのですが、中はなかなかに蒸し暑かったです。

でも、内部工事なので天候はお構いなし!現場は粛々と進んで参ります。

下のスライドショーをご覧ください。

(解説は写真にマウスのポインタを乗せると見えます。)

 完成近し!

オープンハウスもありますので、下記情報をご覧ください。

 

■イベント情報■

「高蔵寺の家」のオープンハウスを10月2日・3日に開催します。

オープンハウス情報」をご覧いただき、「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。

<長期優良住宅>仕様の住宅を是非、ご覧ください。

お申し込みをお待ちしております。

 

それでは。

 

 

平凡な日常に、ほんの少し、本当にほんの少しのユーモアを。

100904-1.JPG

これ何だと思いますか?すぐお気づきになる方もみえると思います。

これは、インクジェットプリンタのインクです。(Canon製)

このインクに付いている、オレンジ色のキャップですが、よくよく見ると・・・

100904-2.JPG

微笑んでいる。・・・と思う。いや、そう見える。間違いない。

沢山並べると・・・

100904-3.JPG

机の上が、微笑で溢れました。

 

■イベント情報■

「高蔵寺の家」のオープンハウスを10月2日・3日に開催します。

オープンハウス情報」をご覧いただき、「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。

<長期優良住宅>仕様の住宅を是非、ご覧ください。

お申し込みをお待ちしております。

 

それでは。

 

 

先日、<長期優良住宅>「高蔵寺の家」の打合せを行いました。

100903.JPG

現場にての打合せなので、気の利いたテーブルもなく、プラスターボードを机代わりにして、中腰か立て膝での打合せになってしまいました。(申し訳ないです。)

打合せに関しては、事前にメールした資料や、当日お渡しした資料を基にアレコレと打合せの上、決定していきます。

ひとつの建物が出来上がるまでには、色んな事を決めていかないといけません。

クライアントからの要望があれば、なるべく細かい仕様についても、お互いに協議して決めていきます。

勿論、忙しくてそこまでは・・・という場合もありますので、その場合は責任を持って建築家サイドで決定していきます。

個人的には、前者の方が家づくりにより深く参加していただけるので、良いのではと思っています。

竣工後も、「このドアノブはあの時選んだ物だね。」なんて思っていただいたら、家への愛着が変わってきます。きっと。

 

この打合せの結果もご覧いただける、オープンハウスを10月2日・3日に開催します。

オープンハウス情報」をご覧いただき、「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。

<長期優良住宅>仕様の住宅を是非、ご覧ください。

お申し込みをお待ちしております。

 

それでは。

 

 

 

 

昨日は、午前中に「阿久比の家」の件で半田市に行っていました。

施工を行っている大勝建築も阿久比町にありますので、今回の<長期優良住宅>「高蔵寺の家」定例打合は、大勝建築の事務所にて行いました。

100902.JPG

大勝建築近辺の景色です。里山という雰囲気の景色が広がります。

この景色は貴重な財産ですね。

・・・という訳で、今回は現場写真は無いのか?と思われるかもしれません。

ございますよ~!

打合せが終わった足で、表札の大きさの確認をする為に現場に向かいました。

その際、撮影した写真は下記をご覧ください。

10月2日・3日に開催されるオープンハウスの申し込みも受付中です。

オープンハウス情報」をご覧の上、「お問い合わせフォーム」よりお申し込みください。

 

それでは。 

今までブログでも紹介して参りました、「高蔵寺の家」のオープンハウスの日程が決定しました。

10月2日と10月3日の2日間です。

詳しくは、オープンハウス情報をご覧いただき、お問い合わせフォームの「オープンハウスについてのお問い合わせ」を選択して申し込みください。

 

写真では伝わらない雰囲気を一人でも多くの人に体験していたければと思います。

100819.jpg

 

それでは。

 

 

「高蔵寺の家」現場レポートです。

100826.jpg

大きな工事が終わってますので、細かい作業が続きます。 

 

それでは。

 

 

 

先日の事ですが、「高蔵寺の家」に搬入されるキッチンのメーカーへ行って来ました。

100823-1.jpg

場所は、「トーヨーキッチン スタジオ名古屋」("スタジオ"って、何だか格好良い。)

「高蔵寺の家」のキッチンについては、クライアントご夫婦の思い入れがあり、クライアントとトーヨーキッチンとの打合せで仕様が決定しています。

ゆえに、目的は使用される面材の確認と細かい仕様の確認です。

100823-2.jpg

面材はこのような感じです。表面には実際に凹凸があり、力強い表情になっています。

「ふむふむ、こんな感じですね。キッチンの空間がグッと引き締まりますね。」という感じで確認です。

 

次の細かい仕様確認については、引き出しの中に追加するトレー等のオプションの確認です。

これについては、トーヨーキッチンのカタログは見た目は凄く格好良いのですが、格好良すぎて細かいオプションとか掲載されていないのです。これもブランドイメージの一環かとは思うのですが、何とかして欲しいと思う点です。(トーヨーさん改善の程、お願いします。)

さて、一通り確認も終わったので、せっかくなので担当者の方に最近の動向を聞きながら、プチ勉強会に突入です。

メーカーとしては、常に新しいスタイルを提案し続けなければいけないようで、聞いた話で面白いなと思ったのは「大陸」を意味する"continent"の頭文字を取って、「C-land キッチン」を現在推しているそうです。これはアイランドキッチンよりも奥行きのある大きな(かなり大きい)キッチンを部屋の真ん中に大陸のように配置して、キッチン中心の生活を提案するキッチンだそうです。

新しい・・・でも、大きい。(これが素直な感想でした。)

他には・・・

100823-3.jpg

キッチン背面にガラスモザイクタイルを貼ったモノ(これは格好良い)等、色々勉強をさせていただきました。

<オマケ>

ショールームに入り、まず目に飛び込んでくるのが・・・

100823-4.jpg

大きいデスクライト!本当に大きい。

大き過ぎて、アート感覚です。

 

それでは。

 

 

完成まで2ヶ月を切りました「高蔵寺の家」です。

足場がやっと取れましたので、その一部をご覧いただけます。

100819.jpgこんな感じです。まだ内部造作は続きますので、その一部を下記のスライドショーでご覧ください。 

オープンハウスの日程については、後日公表いたします。

 

それでは。

 

 

 

昨日ですが、新居の計画に伴う都市計画法の申請を提出に新居町まで行ってきました。早い所では既にGW突入しています。そして、天気も行楽日和のような状態。時間に提出が無事終了して、折角なので新居町の名所旧跡巡りをしました。

今回は其の壱。

090501-1.JPG

新居関跡です。どうやら現存する唯一の関所建物なんです。中には当時の様子を再現した状態になっていたり・・・

090501-2.JPG

東海道を経由して江戸へ行き来する人や物を取り締っていた訳です。遠い古を身近に感じることができて、ワクワクしてしまいました。

建物的には、日本建築ならではの軒の深さ、現在よりは高さを押さえた感じがあって1枚目の写真からも判るのですが、プロポーションが良いです。

090501-3.JPG

夏は居心地が良さそうな縁。

090501-4.JPG

軒が深く、室内外のコントラストが効いて庭を愛でてる感じが良い。

さて、次は関所近くの宿場ですが、次回に持ち越しということで。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36
トピック一覧