愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■タグ:家の記事一覧■


名古屋市港区を車で走っていた時に見た、公園の光景がちょっと変。

急遽寄り道をして、写真撮影。

それが、コレです・・・・

110212-1.JPG

広場に大量の"かもめ"が居ます。

海が近いとはいえ、陸に居るのはちょっと変な感じです。

川沿い手摺の上はこんな感じ・・・

110212-2.JPG

モリモリ居ます。

 

カメラのファインダーを覗いて気づいたのですが、かもめはかもめでも、クチバシの色と脚の色がそれぞれ違うのです。

赤から黄色にかけて、皆さん個性があります。

私にとっては「へぇ。」的な発見。

 

ただ、問題はカメラのファインダーを覗いて気づいた事。

自分の目で見て、気づいたり何かを感じたりすることが本当は大事ではないのか?

 

「記録するのではなく、記憶する。」

そうしなきゃ。

 

タイトルは「ファインダーを通して気づくもの。」なんて、ちょっと格好良くしていますが、大反省をしていますというお話でした。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

昨日の「伊左地の家」は木造、「阿久比町の家」は鉄骨造と構造は違いますが、現時点では同じようなタイミングで基礎工事が続いています。

先回の基礎配筋は続いて・・・

110210-1.JPG

地中梁の配筋も終了。露出柱脚との干渉も問題なく収まりました。
(設計図書通りで問題が出ては、それこそ問題ですが、そういう事はありませんよ。)

 

110210-2.JPG

次は、基礎配筋の周りに型枠を建て込みます。

コンクリートのかぶり厚や、コンクリートを打ち込んだ時に膨れを生じないように・・・等、様々な事に気を配りながら作業は進みます。

この型にコンクリートを流し込みカタチを造るので、完成形をイメージしながら型枠を建てるというのは、大変な事だなぁ・・・といつも感心してしまいます。

そして、コンクリート打込みです。

110210-3.JPG

隙間のないようにひたすらコンクリートを流し込みます。

110210-4.JPG

型枠がしっかりしているので、上に人が乗っても大丈夫。

 

そして、暫く養生してから型枠を外します。

110210-6.JPG110210-5.JPG

ご覧の通り、綺麗な基礎が完成です。

上にニョキニョキと出ている鉄筋は、この後スラブ(床盤)配筋をする際の定着です。

 

現在は、鉄骨の建て方に向けて、鉄骨収まりの調整中です。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

先週の「伊左地の家<長期優良住宅>」の様子のご報告です。

 

・・・とは言うものの、見た目は地味です。

覚悟してください。(しかし、何度も言いますが大事な工程です。)

110209-1.JPG

「配筋検査」です。中間検査はまだ先なのですが、瑕疵担保責任に関する基礎配筋の検査です。

検査員の方は、手慣れた感じで検査されて、配筋の定着やかぶり厚の説明をして帰られました。

 

"問題なし"ということです。

 

110209-2.JPG

検査員の方曰く、配筋の並びが整然としている現場はパッと見で大丈夫かそうでないかが判るとのこと。

「今回はそれに当たった。」とは言いませんでしたが、そういう事にしておきます。

 

そして、検査が終わったら待ちわびていたかのように、基礎スラブ(床盤)のコンクリート打ちです。

110209-3.JPG

これで、配筋は隠れてしまい、もう見る事はないですが、事前検査も済んでいますので安心です。

 

この後、写真はありませんが、基礎の立上りのコンクリートを打ちました。

次は土台を伏せたら、建前です。

 

華やかな現場が待ち受けています。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

これは、まさかのタイトルです・・・。

以前、ブログで紹介したこの記事を彷彿とさせますが、その通りの事が起こってしまいました。

 

今回は日曜日に岐阜で開催された、複合施設設計者選定の公開プレゼンテーション・ヒアリング会場です。

この公開プレゼンテーションは、岐阜大学医学部等の跡地を利用した複合施設設計にあたり、建築家の中でも超が付くほどのメジャー級のお三方が一般の方を前に、プレゼンテーションを行うというものです。

三人の建築家とは・・・"伊東豊雄氏" "槇 文彦氏" "藤本壮介氏" の3名です。

どんな方かと、ここに述べるとキリがないので、検索をしていただくとしまして・・・それはそれは素晴らしい建築を創る方々です。

そんなお三方が一同に会する。

しかも、真剣勝負。

普段行く講演会とは訳が違います。

 

真剣勝負の場で、どんな話をするのか、またどんな語り口なのか・・・是非、聞いてみたい。と現地に向かいました。

会場は、定員500名。前回の50名×10倍!

 

・・・しかし、見込みが甘かったです。

現地に到着した時には、既に定員オーバー。

急遽、ホールに入れない人はロビーで中継を聞くという場を作ってはいたようですが、それもオーバー・・・。

何とかならないかと、ウロウロしていたら通路にもスピーカーがあったので、そこでじーっとして聞くことにしました。

 

そういう訳で、今回は音声のみのサテライト。

 

ただ、音声だけでもある程度は雰囲気が伝わり、発せられる言葉を辿り、頭の中でイメージを膨らますという、大変脳のフル回転をしていた為か、3人目のプレゼンの途中で退席。

残念ではありましたが、大変貴重な経験ができて良かったです。

 

ちなみに、結果は"伊東豊雄氏"に決定です。

また岐阜に素晴らしい建物ができるものと思います。今から楽しみです。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

前回のブログにて紹介させていただきました、「吉村順三建築のいま」展の会場である"文化のみち撞木館"のご紹介を。

 

HPによりますと・・・

文化のみち橦木館。
輸出陶磁器商、井元為三郎によって建てられたその館は、都会のけん騒を忘れさせるよう静かに佇み、大正末から連なる記憶を今へ伝えています。
ステンドグラスの色鮮やかな光に満たされた洋館、懐かしい薫りにあふれる和館、四季折々の趣が時を忘れさせる庭園、それら全てが皆様のご来館・ご利用をお待ちしております。

 

とのこと。

その存在自体を知らなかった私にとっては、とても新鮮でしたので写真を紹介します。

110203-1.JPG

外観:大正浪漫の香りがします。

110203-2.JPG

エントランス:雑多に置かれた靴さえも絵になる!?

110203-3.JPG

そして、内部はキッチリと和の空間が広がる。

当時の材料が経年変化により、味わい深いモノになっています。

110203-4.JPG

別館には神戸の異人館のような、当時の西洋文化への憧れがあります。

110203-6.JPG

きっと当時では"超"がつく程の高級品であったと思われる、リアル"GE社"製冷蔵庫。

今はデザインによりあのフォルムが残っていますが、当時は機能によるデザイン。魅力的です。

 

一度、皆さんも訪れてみてはいかがですか。

 

※オマケ

110203-5.JPG

建築家・吉村順三氏による1975-76年のグリーティングカード。

・・・格好良すぎる。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

先日、名古屋市にあります"文化のみ橦木館"にて開催されている「吉村順三建築のいま」の展覧会の記念講演会を聴講してきました。

建築家・吉村順三氏は、大小さまざまな素晴らしい建築を残された、戦後日本の建築文化に大きく影響を与えた方で、その中でも特に住宅設計を志す者にとっては、天上人のような方です。

私が建築の道を歩み始めた頃でも、まだ現役ではあったのですが、あまりに偉大すぎて「歴史上の人物」という感覚です。

その吉村順三氏設計の現存する建物に焦点を当てたのが、今回の展覧会です。

展覧会の趣旨もとても興味深いモノでしたので、展覧会を見るのと併せて講演会も聴講です。

講師は、建築史家であり建築家である藤森照信氏です。

以前にも、講演を聞いたり、実際の建物を見ていたりして、楽しみに行ったのですが・・・

整理券を配布する30分前に到着したのですが、その時点で既に定員オーバー。

かなりショックで、途方に暮れていると、講演会会場の隣接する建物内で中継するとの事で、急遽そちらへの参加をすることになりました。

 

「まさかのサテライト会場」です。

※友人コメントの引用です。

 

講演会場は、橦木館の近隣の"文化のみち百花百草"

110202-1.JPG

表の門構えはこんな感じですが、裏手に回ると・・・

110202-2.JPG

近代的な建物が隣接しており、新旧のコントラストが興味深い。

この建物内部にて講演が行われているのですが、私が聴講したのは隣接している"蔵"内部。

"蔵"といっても、綺麗にリノベーションされており、これもまた興味深い。

そして、実際の様子は・・・

110202-3.JPG

プロジェクターに映像が映し出されるのです。

 

 

・・・しかし、音がよく聞こえない。

 

かなり、集中して聞こう聞こうと頑張ってみたのですが、とうとう断念して途中退出。

非常に悔やまれる結果となってしまいました。

 

ま、切り上げた分、展覧会をじっくり見る事ができたので、良しとします。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

110201.JPG

静岡県浜松市にて、地元の工務店さんに設計協力として参画した「浜松の家」が竣工しました。

実績紹介<長期優良住宅>「浜松の家」をご覧ください。

 

個人的な感覚としては"長期優良住宅"の普及があまり進んでないように思います。(メーカーさんは別ですが・・・)

金利の優遇や助成金等で促進しようとする国の施策もありますが、それは別として、従来の住宅の仕様より良くなっているという点に着目すれば、「お得感。」というよりは「価値がある。」という指標が見えてくると思います。

そして、今回の「浜松の家」や昨年竣工の「高蔵寺の家」も含め、長期優良住宅でどのような住宅が実現可能かという事も、色々な検討を重ねて実現しています。

「長期優良住宅で・・・」と検討されている方は、参考にしていただければと思います。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 


 

とある敷地調査へ。

現地へ向かう前に、役所関係で一通りの調査をして、敷地の条件を確認しました。

 

調査項目としては・・・用途地域やその他規制の有無、道路、インフラ(上下水道)、ハザードマップの状況等です。

他には電気やガスの状況もありますが、それは現地にて。

このような項目と敷地の形状などの条件を整理する事により、敷地内での建築の可能性を探ることができます。

 

いざ、現地へ→道中の景色はこんな感じ・・・

110131-1.JPG

110131-2.JPG

私の生活圏での日常では考えられない景色が広がっています。

眺めるだけで、気分が良くなります。

 

現地の様子はといいますと・・・

110131-3.JPG

まだこれから造成の予定なのですが、平坦な四角い敷地です。

普通と言ってしまえば普通なのですが、どんな敷地でも必ず特性があります。

(もし、特性がなかったら、住宅も完全パッケージ化して売り出されていると思います。)

 

これは敷地の図面を眺めても、決して伝わるものではありません。

現地に立って、注意深く探っていきます。

周囲の状況も把握できるように、宛ても無くブラブラ歩いてみて、いろんな方向から敷地がどんな風に見えるのか・・・。

散歩中のお年寄りの方にこの辺りの事をお聞かせていただいたり・・・。

 

「敷地の声を聞く」なんてのは、ちょっと格好付けすぎですが、そんな感じです。

 

クライアントの声(要望)も、勿論大事な情報ですが、敷地の声も大事なんです。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

110129-1.JPG

友人に教えてもらい、美味しい洋菓子店へ。

岐阜市にある「Plesic(プルシック)」というお店です。

(何だか最近、甘味処ネタが多いようですが・・・気のせいですね。)

何でも、ここのパティシエさんは有名な「パステルなめらかプリン」の生みの親だそうで、「所スイーツ」として有名とのこと。

110129-2.JPG

今は念願の「岐阜の小さなお菓子屋さん」を昨年から始められているそうです。

確かに、お店の佇まいは可愛らしいです。

スイーツの種類はそれほど多くありませんが、それが逆に丹誠込めて作っている感じが伝わってきます。

110129-3.JPG

ロールケーキ以外は、このようにボトリングされているものでした。因みにこれは「ボトルチーズケーキ」

110129-4.JPG

上から、チーズケーキ(濃厚)→シリアル(丁度良いしっとり感)→プリン(なめらか)

 

これは、美味しかった。絶品!

 

それでは。 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

おちょぼさん。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

110127-1.JPG

「おちょぼさん」の通称で親しまれている、千代保稲荷神社へ行ってきました。

目的は、串カツを食べに・・・ではなく、勿論、商売繁盛の祈願です。

昨年は、1月中に来ることが出来なかったら、それで糸が切れてしまったと言いますか(これは単なる言い訳ですね・・・)、来ることが出来なかったのです。

それもあって、今年は「絶対に行く!むしろ、毎年来ないと!」と気合を入れて参拝です。

110127-2.JPG

1月中の休日は結構な込み具合と聞いていたので、平日に行ってきました。

ゆえに、参道はこんな感じでゆったり、まったり。

110127-3.JPG

肝心の商売繁盛祈願に関しては、狐の神様なので「お揚げ+ロウソク」の参拝セットを購入後、お供えさせていただきました。

 

これで、今年も安泰!?

 

お仕事としては、ひとつひとつ丁寧にじっくり取り組んでいければと思います。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

 

110126-1.JPG

阿久比町の家の現場は、現在基礎配筋作業中です。

先週の前半は、雪の為に作業があまり進まなかったので、今週挽回中です。

110126-2.JPG

これは、露出柱脚です。
鉄骨の柱を固定する際の、精度と耐力を確保するものです。

110126-3.JPG

このネジ山が効いてきます。

110126-4.JPG

こちらは地中梁の配筋です。

普段の木造の住宅基礎から考えると、それはそれは太くて重たい鉄筋を使用しています。

コンクリートを流し込んでしまったら、全く見えなくなってしまうのですが、非常に大事な部分です。

 

まだ、作業途中なので検査は改めて行いたいと思います。

 

寒さ真っ盛りの為、現場はとても寒く、鉄筋はキンキンに冷えていて・・・

でも、職人さんはそんな素振りは全く見せず、本当に頭が下がる思いです。

(写真の職人さんは、休憩中にコーラ500mlを飲み干していました・・・コチラはhot coffeeをチビチビと・・・)

 

引き続き、宜しくお願いします。

 

(オマケ)

110126-5.JPG

途中まで解体された、間知石積みの裏面。

図面ではよく描くのですが、実物を見たことが初めてでした。

裏面はこんな感じでギザギザしていて、図面の通りです。

 

それでは。

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

とりあえず、写真を・・・

110122-1.JPG

110122-2.JPG

110122-3.JPG

 

これが、私にとっての「赤い宝石箱やぁ。」です。

以前、勤めていた設計事務所の近くにある「三好雀」という和菓子屋さんのいちご大福。

その名も「ゆめいちご」

まさに夢心地。

普通のいちご大福は"つぶあん"や"こしあん"かと思いますが、ここのは"白あん"。

しかも、あんが薄い。

これが絶妙なバランス!何と言うか、ジューシーなんです。

 

今は以前あった場所から移転して、中京競馬場の近くにありますが、つい食べたくなってしまいます。

私の拙い文章では伝わらないかと思います。

是非、ご賞味あれ。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

「伊左地の家」も「阿久比町の家」に続き、年明けに長期優良住宅の申請も下り、現場が始まりました。

今回の敷地は地山の為、地盤調査を行ったのですが"カッチカチ"です。

故に、特に改良を行わなくても地耐力の確保が出来ていましたので、既存母屋を解体後、そのまま着工となりました。

(何も改良をしないで。というのは初めての事です。)

 

110119-1.JPG

現状は、均しコンクリートを打ち、遣り方、墨出しまで完了。

今週は基礎配筋に掛かる事になりますが、ここから上棟までは見た目は地味に進んでいきます。

見た目は地味ですが、基礎なのでとても大事な工程です。

 

110119-2.JPG

北西からの様子ですが、敷地が北面と西面にあり、しかも双方幅員4m未満の為、どちらもセットバック(道路中心線より2m)しますので、敷地が一回り小さくなった感じになってしまいます。

勿体無いと感じてしまいますが、これも円滑に消防活動を行ったり、救急車がスムーズに進入できるようにしたりと、必要な事なのです。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

冬になり、湿度も低く室内環境は結構カラッカラ。

唇や肌はカッサカサになってしまいます。

自宅では毎年加湿器をフルで稼動していたのですが、スチーム式の沸騰釜のテフロンが剥げてしまい残念な事に。

そこで、今回はタイプの違う"ハイブリッド式"なるものを購入。

 

110118-1.JPG

(これで、水に含まれるカルシウムとの闘いに終止符が打てれば良いのですが・・・。)

この木の枝のような1番上から、結構な勢いで出てきます。

実際に出ている様子は、写真では撮り難い。

そこで・・・

110118-2.JPG

シルエットを撮影。

これなら判るのではないのでしょうか?

 

空気の乾燥は、風邪等にも天敵。

体調管理をキチンとして、この冬も乗り切りたいと思います。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

昨日から降り続いた雪は、何年ぶりだろうという降り方ですね。

かまくらが出来るほどだと思います。

近所の小学校は時間割を変更して、校庭で雪合戦模様。

私が小学生の頃はよくあった光景ですが、最近ではかなり珍しいのでは?

さて、昨日ですが「新居町の家」の1年点検に伺いました。

雪道なので、到着時間が予想できなかった為、あまりに早く着き過ぎてしまい、近所の海まで行ってきました。

110117 潮見坂の海.JPG

誰も居ない海・・・。

そして、風が痛い・・・。

写真を撮る手が・・・。

 

浜名郡新居町は去年の4月に市町村合併の為、湖西市新居町に変更になったそうです。

新居町はそのままなので、「新居町の家」のままです。

 

肝心の1年点検は、内部の木製建具の調整がありましたので、後日対応するという以外は特に問題はなく、無事終了。

やはり、木製建具に関しては住み始めて1年の間には何らかの調整が必要になりますね。

この事は、打合せの段階からご説明させていただいていましたので、「やはりね。」という感じに受け止められていました。

 

あとは、住み心地や1年住んでの感想を聞かせていただきました。

ご家族の皆さんが満足していただき、楽しんでいるご様子を見受けられたのが、何より嬉しいです。

今日1番の収穫です。

また、お邪魔させていただきます。

 

途中で現地でも結構な降雪があり、「こんな日も珍しい。」との事。

名古屋に無事に帰れるのだろうかと心配になりましたが、何とか帰ってくることができました。

(名古屋インターまではスムーズだったのですが、インターを降りたら大渋滞・・・都市部はこういう時に弱いです。)

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

寒風と自転車。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

giant 自転車

かなりのご無沙汰で自転車に乗りました。

行き先は、友人の事務所。今年からこの場所に引越したそうです。

自宅からは比較的近所であり、駐車場がまだ無いとの事で、自転車にて向かいました。

 

久しぶりの自転車は乗っているだけで楽しい。

ただ、自宅の周りは坂だらけ。それもかなりの急な坂。

もう漕ぎ始めてすぐに、腿がパンパン・・・。

そして、電動自転車のご婦人に漕ぎ負ける、完敗!

 

オマケに寒風目の当たり。

寒風+自転車=鼻からツーッ です。

 

それでは。

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

名古屋港 シートレインランド

写真は「名古屋港 シートレインランド」です。

ここは我が家の歴史の中では非常に重要な場所なので、息子も引き連れ家族で訪れました。

ただ、年末で本来は人が沢山居ても良いのですが、正直ほとんど居ません。

多分、人で溢れかえっているのは、花火が上がる時かと。

私自身もこれまでは、近隣の大きな所へ目が向きがちです。(ナガシマとか、富士急とか・・・)

 

でも、息子の目から見るとそうではないようでした。

見た途端、目がキラキラと・・・輝くんですね、ホントに。

息子が嬉しい時は、親も嬉しい。

自分勝手ですが、そう思って見ると、シートレインランドも我が家にとってすごく良い場所に。

80年代のアメリカ映画の移動遊園地はこんな感じかな?

映画を観てた時は、すごく楽しそうな場所に感じたものです。

 

また、来よう。

 

因みに、息子はまだ乗れない乗り物ばかりですので、観覧車程度はOKかと乗せたら、高いので固まってました。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

「阿久比町の家」は、年内の申請通過後に工事調整を行い、本格的な始動は年明けからです。

そして、昨日の現場は・・・

110112-1.JPG

柱状改良機登場(←正式名称は違うと思います)

ボーリング調査では、敷地の表層地盤は期待する耐力は出ませんでした。

その為、支持層まで届くように土とセメントを混ぜて、コンクリートのような柱を建物下に造る「柱状改良」を行います。

現場には、写真の柱状改良機とショベルカーとセメントを混ぜる小型プラントを搬入して作業開始です。

110112-2.JPG

掘っている間は、見ている方も若干ですがお暇なご様子。

その掘削機の先端はと言いますと・・・

110112-3.JPG

それはそれは硬そうなツメが付いた刃で掘り進んでいきます。

掘りながら、プラントで練ったセメントをチューブで注入して、土と混ぜながら柱を造ります。

柱状改良は木造住宅でもよく採用しており、柱の直径は60㎝程度が多いのですが、今回の建物は少々規模が大きいので、柱の直径は1mもあります。

重機の迫力はなかなかのものです。

工事作業日程は2日間の予定でしたが、思いの外表層地盤が柔らかかったのか、ドンドン掘削が進んでしまい1日ですべて完了してしまいました。

「掘れてまうやろー」は気になりますが、改良も無事済み、これで一安心です。

110112-4.JPG

左手前のクレーターみたいなのが改良後の様子です。

やがて、隠れてしまい決して見ることはないと思いますが、見えない所が大事です。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

年末年始の我が家のあれこれを少しご紹介します。
(どうしても、コドモ絡みになってしまいますが・・・)

■年末のイベントは→大掃除!ではなく、倉田工務店餅つきです。

「新居町の家」お世話になり、現在も公私に渡り深いお付き合いをさせていただいています倉田工務店にて毎年恒例の餅つきへ一昨年に引き続き、昨年もご招待いただきましたので、嬉々としてお邪魔しました。

一昨年は、掴まり歩きだった息子も今回は飛んだり跳ねたりとめざましい成長を遂げてくれてので、倉田君に手助けしてもらい(手助けというか、ただくっついてるだけですけど・・・)餅つきに挑戦!

110111-1.jpg

「ペッ・・・」 

110111-2.jpg

「タンッ!」

終了~。

これでも、本人はついたつもりで、終わってから身振り手振りで「ボク、つきました。」と説明してくれます。

こういう仕草に、親は心が緩みきってしまいます。

倉田工務店の皆様、どうもありがとうございました。

 

■そして、年は明け・・・

実家で過ごした、年末年始。

昨年ほどではありませんが、少しの積雪が年末年始の雰囲気を演出してくれています。

そして・・・ 

110108-1.jpg

「真清田神社」にて初詣。

息子のお宮参りにも来ており、我が家では恒例の場所です。 

110108-2.JPG

ただ、人の多さにウンザリのご様子で、餅つきのテンションとは真逆でした。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

CM情報。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

110107-1.jpg

この写真は年末に行われた、とある集まりの様子。
(写真はピンボケですが、こういう写真はこれ位が丁度いい。)

とある集まりとは・・・高校の同窓会。
卒業をしてからは、かれこれ十数年、あと数年経てば20年になります。
久しぶりの面々は大変立派になった人達ばかりですが、会って話せば「久しぶり、全然変わらんね。」なんて盛り上がります。
でも、まぁ傍から見れば、それなりにオッサンになっちゃっています・・・当然です、自然の流れには逆らえません。

私は昨年の後半から、mixiやらFacebookを始めた関係で、直接会ってはいないけどネット上でのつながりができた人達がいたので、その再会も楽しみにしていました。

そのひとりであるWさんは、mixiの日記で深い深い家族への愛や仕事仲間への愛をいつも語っていました。
そのWさんが、「こんど、ウチの子がCMに出るんよ。」との事。

そして、そのCMというのが小田和正の胸がキュンキュンするような曲と共に感動的な写真が映し出される「明治安田生命」との事。

スゴイ有名なCMではありませんか!?

年末年始にかけて放映されているそうなんですが、なかなかタイミングが合わなくて視聴出来なかったので、痺れを切らしてWebで視聴。

そして、Wさんと息子さんが映っているのがこの写真。

110107-2.jpg

この写真でアノ曲は・・・泣ける。

Wさんのmixi日記での家族愛の深さが文章以上に伝わってきます。
 

実際にTVで視聴してみたい。

 

それでは 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36  
トピック一覧