愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■タグ:一級建築士の記事一覧■



新事務所にて初めて迎える冬。

やはりRC造(鉄筋コンクリート造)で断熱材なしは、深々と冷えます。


暖房器具は何にしようかとアレコレ考えていたら、先日12月上旬の雪で冷えきりました。(笑)

候補としては、火が見えるモノ・・・となると、薪ストーブ、ペレットストーブ、石油ストーブ、石油ファンヒーター・・・

設備的な面から薪ストーブは却下。

ペレットストーブも石油ファンヒーターも風を吹き出すので今回は却下。

という事で、石油ストーブの中から候補を絞り込むことに・・・


これがなかなかに無い。

格好が良いとか可愛らしいモノというのは、なかなかに見当たらない。


数日ネットで検索していて、候補を以下の4つに絞り込みました。


■ アラジン ブルーフレーム

■ トヨトミ レインボーストーブのランタンタイプ

■ アルパカ ストーブ

■ フジカ ハイペット


アラジン・ブルーフレームは、オシャレストーブの筆頭製品。

イギリスのストーブでかれこれ80年余変わらないデザインで非常に惹かれます。

ただ、値段が・・・しかもこの時期には品切れが殆どで入手困難です。

寒さに耐えられないし、もう少し違うのも・・・という事で却下です。


トヨトミ・レインボーストーブのランタンタイプは、デザインも普通のストーブと比べても「おやっ?」という感じがして、国産の中でもまぁまぁの値段なので・・・と、最終候補になりながらも、台座のデザインがどうにも気に入らずで却下です。


アルパカ・ストーブは、検索すると値段もお手頃でカワイイし・・・と非常に悩みましたが、色々調べると元々は次に記述するフジカ・ハイペットの模倣品で、多分メーカーからクレームが入ってデザインを度々変更して今のデザインに落ち着いたらしい・・・。

あと、灯油の匂いが気になるとか・・・値段には惹かれますが、思想的に却下。


という訳で、今回購入したものは「フジカ ハイペット」に決定です。


121226-1.JPG

箱はこんな感じ。


121226-2.JPG 

今回の件で初めて知ったストーブだったのですが、アラジンほどではないですが長い歴史があるようで、海外での人気もあるとの事。

という事で、蓋上面には幾つかの言語が・・・まったく読めません。(笑)


121226-3.JPG 

いざ開梱。

こんな感じで、とても可愛らしい。

可愛らしいのは容姿だけでなく、大きさもです。

何と、高さは実寸で43センチ程度で、パッと見で非常に小さく感じます。

下のタンク部分の小さく、満タンで4L程度しか入らないので給油の頻度多めは覚悟の上です。


なぜにコンパクトかと言いますと、このストーブはアウトドア・屋外で使用する事ができる。

むしろアウトドア好きの方達の間では有名なモノらしいです。

転倒しても灯油が溢れることのない構造で、クルマに乗せても安心らしいです。

メーカーのカタログには高度3,000mでも燃焼確認済みとの事です。

・・・まぁ、ウチのストーブには訪れることが無い状況ですが。


121226-4.JPG 

こんな感じで、アウトドアで煮炊きができるように蓋の中心が外れて、鍋が置けるようにもなっています。


そんな感じで、事務所で使用するには必要でない機能も満載ですが、このデザインだった為に事務所に来ることになりました。


121226-5.jpg 

火が灯るとこんな感じで、火が見えるだけでも暖かい気分になります。


で、肝心の能力ですが、普段は大丈夫ですが雪が降るような寒さの時は、あとひとつ補助暖房が必要かも・・・という感じです。

でも、近くに置いておくとホカホカとしてとても心地よいです。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


先日の「鈴木大拙館」と「金沢海みらい図書館」を日帰りバスツアーで探訪した際に、少しだけ時間があったので見れたケンチクをご紹介します。


121225-1.JPG

「金沢21世紀美術館」

この日は、作品の燻蒸中の為閉館期間中でしたので、中はお預け。

かなり有名なケンチクなので、この日初めての来訪でした。

「来春には来よう。」と、さもなくばケンチク的に21世紀が訪れていない・・・。


121225-2.JPG

「しいのき迎賓館」

石川県の旧県庁をリニューアルした施設です。

121225-3.JPG

樹齢が300年のしいの木が2本。

とんでもなく立派で見入ってしまいました。


121225-4.JPG

建物の裏に周ると、ガラスのとても現代的なファサードが増築されています。

裏と表の顔が対比的になっており、これはこれで興味深いです。

中の写真はありませんが、中では古い部分と新しい部分が混在されたような空間が非日常的な感じの印象を与えてくれます。


古いケンチクを残すという試みでは、これはアリだと思います。



それでは。



 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

とあるセミナー。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

121221-1.JPG 

先日、とあるキッチンメーカーさんのショールームにてセミナーがありましたので、そのついでにショールームの見学をして参りました。


流石ショールーム!という感じの物がズラリと揃っていました。

実生活の中で・・・と想像すると、デザインか?機能か?と悩む事も考えられますが、その判断をする場所としては、とても有効だと思います。


121221-2.JPG 

こういった面材も、実物が見れるのはならでは。

カラフルなモノは見ているだけでも元気になれるので、良いです。


121221-3.JPG 

これは、最近発売したキッチンで、コンセプトモデル的な感じがします。


121221-4.JPG 

収まりもそれなりに攻撃的です。


肝心のセミナーは、インテリアや家具の国際見本市のレポートで、これからのトレンド等を勉強。

昨今は「ミラノ・サローネ」が雑誌等を賑わしていましたが、最新は「メゾン・エ・オブジェ&サローネ・デル・モービレ」というパリで開催されているものが勢いを増しているそうです。


まぁ、自身のデザインとしては普遍的なモノを・・・と考えている所もあり、その年の流行的な消費するデザインは参考程度、と考えています。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「和モダンの家」は、そろそろ仕上がりが見え始めてきました。

121219-1.JPG 

こちらは、ダイニングの床材。

今回も"無垢塗装"仕様のモノを採用しています。樹種はホワイトオークのOPC(一枚物)です。

この床材の下には床暖房パネルが隠れております。

121219-2.JPG 

コチラはリビングの天井の杉板。

普段はこの後塗装をするのですが、今回はこのままでいこうかと検討中です。

121219-3.JPG 

コチラは個室の天井。

竿縁に着色を施すので、もう少し印象は変わってくる予定。

121219-4.JPG 

コチラは光庭。

中庭と呼ぶほどのスペースを取っていないので光庭ですが、視線の抜けがあり空間的な広がりを与える重要な空間です。

121219-5.JPG 

・・・これは、臨時の玄関扉。

ホンモノは比にならない位、良い物になる・・・・予定。



それでは。




 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


前回の鈴木大拙館に続き、向かった先は・・・

121217-1.JPG

この写真が、このケンチクのコンセプトだと思います。


121217-2.JPG

「金沢海みらい図書館」です。

この写真の芝生が緑だったら・・・空が青かったら・・・植栽の緑が映えていたら・・・

ですが、当日は「ザ・日本海」的な天候で、地吹雪のように雪が降っていました・・・。


ケンチクに関しては、外壁が鉄骨フレームに水玉模様の穴が空いた鉄板をサンドイッチしたもので4周構成されています。

見た目が非常にキャッチーで可愛らしく、街の中でもアイコン的なケンチクであると思います。


121217-3.JPG

1階部分は、児童図書コーナーや交流ホールがあるのですが、鉄骨の大梁を中心とした格子状の天井がとても良い印象です。


121217-4.JPG

そして、2階と一部3階は一般図書コーナーや学習コーナーがあります。

外壁のパネルが4周囲まれているのですが・・・

この日が曇っていたというのもあるかもしれませんが、薄暗い感じです。

確かに図書館という施設は、直射日光を燦々と採り入れる所では無い所だとは思いますが、書棚の上の大きな空間が暗い吹き溜まりみたいな印象を受けました。

121217-5.JPG

また、雲の切れ間から時折日が差し込む時は、このように部分的にかなり眩しい・・・。

この水玉模様も視界に入ると、本を読んだり勉強をするにも落ち着かないような・・・。


と、感じました。

ただ、これは僕個人の意見。

まだまだ自分が勉強不足で、ケンチクの本当の意味を汲み取れていないだけかもしれません、勉強勉強。


121217-6.JPG

これは、イマドキといえばイマドキですが、携帯電話用のスペースです。


121217-7.JPG

1階の児童図書コーナーの照明器具がシームレスラインランプで制作されていたのですが、花が咲いたようでカワイイ。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

久しぶりの「ケンチク探訪」になります。


金沢への日帰りツアーを行い、その内の今回は「鈴木大拙館」です。

場所は、21世紀美術館のすぐそばです。

121214-1.JPG

見るからにシャープと言いますか、緊張感が漂います。

設計は、愛知県であれば豊田市美術館設計の谷口吉生氏。

直線を綺麗にまとめるという印象があり、僕はとても好きな建築家です。


因みに、感銘にもなっている鈴木大拙氏は、金沢が生んだ世界的な仏教哲学者の足跡を展示する施設です。

(詳しくは→施設HPをごらんください。)


121214-2.JPG

このような内部回廊と展示空間を抜けると・・・


121214-3.JPG

メインとなる"思索空間"がそびえ立つ水盤(水鏡の庭)にでます。


121214-4.JPG

外部回廊を通って、思索空間へ入っていくのですが、動線計画がドラマチックで良かったです。


121214-5.JPG

施設規模はそれ程大きい訳ではありませんが、どこを撮っても絵になる空間が目白押しという印象。


121214-6.JPG

ついついこういったディテールに目がいってしまいます・・・

121214-7.JPG

なんと!石に建具のレール溝が・・・高そう。


121214-8.JPG

こういったさりげなく見えるようにしているのは参考になるかも・・・。

他にも、石やタイルなどの材料の割付がとてもクレバーな感じで収まっています。


何処を見ても、ディテールが考え尽くされていて、そのひとつひとつの積み重ねが、そこに居る人を濃密な空間で包み込むようなとても素晴らしいケンチクでした。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

121212-1.JPG 

前回の「F-FURNITURE」さんのショールームで色々勉強させていただきました。

121212-2.JPG

この吊り棚の面材が凄くいい雰囲気です。

材料はリノリウム。普通は床材とかで使用している材料です。

海外製で船で渡ってくる分、お高いようですが・・・。


121212-3.JPG

そして、コンロもハイブリッドの時代です。

海外製ですが、左は2口のIH、右側は1口のガスコンロ。

これは今までありそうで無かった・・・。


121212-4.JPG

ステンレスの加工もオーダーではなかなか見ることが無かったのですが、こういった洗剤やスポンジ置き場があると見た目も良いですし、非常に便利です。


121212-5.JPG

これは、引出しの前板の加工。

こうする事によって、前面の見た目はスッキリします。


勉強になります。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「和モダンの家」の造作家具を作っていただく家具屋さんへ打合せへ行って来ました。

121210-1.JPG

F-FURNITURE】さんです。

元々、面識は無かったのですが、HPとかで知っていて「お願いしたいけど、価格的に無理かなぁ・・・」と思ってました。

今回の「和モダンの家」ではこちらから、F-FURNITUREさんを指名してお願いしていた訳ではありませんでした。

しかし、建設会社から上がってきた家具の施工図に「F-FURNITURE」さんの名前が。


という訳で、普段なら現場での打合せですが、こちらからお願いして家具屋さんでの打合せです。

こちらの思いがあって、今回の図面を書いてはいますが、家具屋さんとしての思いも汲みれたようなカタチとなる予定です。

これは楽しみ。


打合せの後は・・・

121210-2.JPG

ご褒美タイム。

これは目の保養です。(笑)


121210-3.JPG

工房も見学させていただいちゃいました。

凄く綺麗に使われていてビックリしました。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

121208-1.JPG 

こちらは「和モダンの家」の階段吹抜け部です。

右手が1・2階通しての光庭になっています。

この部分に関しては、外部に面した木製建具を使用しています。

そして、ガラスは真空ガラスを使用です。

ガラス面をよくよ~く見ると・・・

121208-2.JPG

よくよ~く見てください。

黒いツブツブがあります。これが真空ガラスの証拠みたいなものです。

普通は空気が入っているのがペアガラス、そして、真空ガラスは空気が入っていません。

ただ、内部を真空にするとガラスとガラスがくっついてしまうので、そのスペーサーとして黒いツブツブが入っています。

黒いツブツブの正体は知りません・・・。


121208-3.JPG

ガラスの右上には、真空状態を維持する為に密封する蓋みたいな物がついています。

見た目は少し気になりますが、それより断熱の効果に期待します。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「和モダンの家」は来年2月の完成へ向け、粛々と進んで参ります。


今回は、仕上げをするための下準備的な事をご紹介します。

121207-1.JPG 

これは、玄関の土間の下地です。

「なぜ、中に土が?」と思われるかもしれませんが、一度基礎を作った後に、玄関土間をその上に打つ場合、ある程度までは土で埋め戻すので、土が入っています。見た目は確かに変な景色ですが・・・。

この上に、断熱材を敷き詰めてから土間コンクリートを打ちます。


121207-2.JPG

こちらは、外壁のモルタル下地のラスです。

モルタルの付着やクラック(ヒビ)入りの防止の為に、張っています。

茶色い紙は、アスファルトが付着した防水紙です。アスファルトと言いますと、普通は道路をイメージしますが、屋根の防水下地やこの壁下地のように、防水性に優れた材料なので、建築にも結構使用されています。

このラス下地に、モルタルを何度か塗り分けながら仕上げの厚さまで塗り、仕上げの塗材を塗ります。


121207-3.JPG

こちらは、軒先の換気口です。

先ほどの壁下地の更に下には通気層があり、この軒先の換気口からも空気が入り、屋根の棟から排気されていきます。

昨今は当たり前になりましたが、外壁や屋根に通気を取ることにより、温熱環境の改善、そして、躯体内の湿気の排出も行い、建物が健全化され建物寿命も延びています。


121207-4.JPG

こちらは、下地というか一部仕上がっています。

天井の一部がこのように、葦(よし)が貼られています。

仕上げが始まると、一気に現場が進んだように感じます。


121207-5.JPG

これは、大工道具。

いつも思いますが、神々しく感じます。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


121203.jpg

これは実績紹介の「ユキイロノイエ」にも掲載されている写真です。

外壁に設置したポストの部屋内側です。

郵便物や新聞が、玄関内の下駄箱のカウンターに乗っかります。


ちょっとした事ですが、こういう積み重ねで家が出来ていきます。


ちょっとずつ、ちょっとずつ・・・。


それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

素敵な家型。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

121201-1.JPG 

ある方から、こんな素敵なモノをいただきました。

コンクリート製の家型。

こればボク的には、とても好きなプロポーションです。

そして、ホンモノのコンクリートなので、結構重量があります。


そして、背後から伸びるコード・・・

121201-2.JPG

光ります。

一種の照明器具ですが、とても暖かい気持ちになれるようなアカリです。


121201-3.JPG

コンクリートの素材感もハンパなくて、これまたボク好み。


どうもありがとうございました。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


顔合わせや打合せの場所についてご質問をいただくケースがありますので、「よくある質問」に掲載しました。



それでは。



 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

※先日、「ユキイロノイエ」へ改名したのですが、ブログカテゴリは「中川の家」のままです。


無事竣工を迎えた「ユキイロノイエ」ですが、ここからは後日談的に少し紹介が続きます。


さて、竣工間際に比較的静かな現場で監督さんが、何やら睨めっこ。

121130-1.JPG

「住宅用火災報知器」です。

新築住宅においては、平成18年より設置義務化されたので、もう一般的にはなりました。


住宅火災による犠牲者の内、発見の遅れによる逃げ遅れのケースが増加していたという事もあり、火災発生を知らせる為の設置義務化です。

特に就寝時の場合が危ないので、設置場所は一般的には寝室として利用する部屋と階段の上がった所です。

(市町村の規定により、台所に設置する必要もあります。)


写真の報知器は、リチウム電池式です。

有線のタイプもありますが、設置場所を最後に検討できる件や、停電時にも作動できるという点より電池式を採用することが多いです。

因みに、電池寿命は約10年で、電池が切れる頃に音が鳴ってアピールしてくれるそうですが、設置義務化して10年経っていないので、その場に遭遇した人から話を聞くことがまだありません。(笑)

 

121130-2.JPG

今回のケースでは、全部で6個設置していますが、上の写真では左上に仲間はずれ的にポツンとあります。

今回採用している警報機は連動式で、左上のが親機です。

右下の5個のどれかが鳴った場合、親機が連動して鳴ります。

その設定で、監督さんが睨めっこをしていたという訳です。


親機の設置場所は主寝室です。

玄関から避難経路が長いという点と、もし何かあった時に、お父さんが全員に呼びかけできるように・・・と想定して設置場所を決めました。


そんな事があってほしくは無いというのは当然なんですが、そういう事も想定して考えなくてはいけないのです。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


121128-3.jpg 

実績紹介に「ユキイロノイエ」を追加しました。


今までブログでは「中川の家」として紹介してきましたが、この度、「ユキイロノイエ」に改名しました。

"ユキイロ"色のガルバリウム鋼板に包まれた建物という事もありますが、内部空間においてもやさしい雰囲気の空間が広がっており、"ユキイロ"とイメージがシンクロしているという理由からです。


ぜひ、ご覧ください。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


東京みやげ。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日の3連休の前半を利用して、妻と息子は東京へ。

(僕は仕事の為にお留守番でありました。)


そして、帰ってきた3歳の息子が「父さん、お土産。」と見せてくれたのがこの写真。

121128-1.JPG

「・・・・。」

これは新幹線MAXとMAXの連結部分。

MAXは新幹線で唯一の2階建て車両で、息子の大好物であるのは間違いないのですが・・・。

これも父を想っていの行動かと、ありがたく頂戴しました。(笑)

 

121128-2.JPG

これは4車両が全て違う。

1枚の写真にこれだけ収まるのも珍しい。これは見てみたい。


あと、もう一つのお土産は、「東京ばな奈」でも「ひよこ」でもなく、「赤福」。

名古屋駅で買ってきてくれました。


僕の事をよく判っていらっしゃる・・・。


因みに、赤福のヘラが一時、樹脂製だったのが木製に変わってました。

やはり樹脂は不評だったかなぁ?



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

121126.JPG 

たすき掛けの筋交いが、まるでディフェンダーのよう。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「中川の家」の竣工がありましたので、「和モダンの家」の更新は滞っておりました。

しかし、現場は粛々と進んでおります。

121123-1.JPG

2階の断熱材も充填されています。

 

121123-2.JPG

待ちに待った鉄骨階段が設置されました。

段板は、フローリングと同材であるホワイトオークを取り付けますが、とりあえずはこの状態でも上下の行き来はできますので、上下移動が劇的に楽になりました。


121123-3.JPG

これは・・・分電盤の来る場所で、配線が集中しています。

こうなると、もう何が何やら・・・。


121123-4.JPG

外回りは、軒の杉板が張りあがりました。

軒先を薄く見せる為に、垂木を途中で切り欠いているので、軒の板も途中で縁切れします。

でも、写真を見ると判るように、縁が切れても板目は続いています。

大工さんの気遣いに感謝です。


121123-5.JPG

2階バルコニの軒の収まりです。

綺麗に仕上がっています。


まだまだですが、着実に進んでいます。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


現場道中記。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

121121.JPG 

神社の鎮守の森が紅葉を迎えていました。

稲刈りの前だったら、もっと素敵な景色にみえたかも・・・

そして、何より空が広い。


土地にとっての利便性もとっても大事ですが、景色は財産だとつくづく感じます。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


121119.JPG 

「中川の家」のオープンハウスは、昨日、一昨日と無事終えることができました。

家づくりに興味をお持ちの方、OBの方、ご近所の方々等々、多くの方にご来場いただき色々お話することができました。


色々な方からの反応をいただくというのは、この家づくりに関わらせていただいた私へのご褒美みたいなモノでもあります。

良し悪しどんな事でも、生の声を聞くというのは、普段内に篭りがちになりそうなこの仕事では、大変貴重なモノです。


ご来場いただき、誠にありがとうございました。

ご興味をいただけましたら、是非お気軽にご相談ください。


そして、オープンハウス開催に快諾いただきました、クライアントご家族の皆様、本当にありがとうございました。


ほぼ工事は終えていますので、あと少しで完成になります。

毎度の事ですが、少々寂しい気もしますが、晴れ晴れしく完成を迎えたいと思います。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
トピック一覧