愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■タグ:ハウスメーカーの記事一覧■


120531.JPG

とあるプレゼンテーション用の模型写真です。


こうやって人を配置するだけで、模型のスケール感マシマシになります。

やはり人間をスケールベースにして色々比較すると判り易いと思います。

これはこれでヒューマンスケール。


因みに、僕はいつぞやのラーメン屋さんで「野菜マシマシ」にして撃沈しました・・・。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「小さな平屋」の和室は床レベルが40センチ上がっています。

その上がった部分を床下収納として利用します。


そして現在・・・

120530.JPG

職人さんの道具置き場としての役割を果たしています。


あるべき姿がそこにはありました。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

せかーいに ひーとーつだーけの・・・

120528.JPG

「看板」


現在、「小さな平屋」の現場に掲げています。


見つけられた方、そこが「小さな平屋」の現場です。



それでは。



 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

BIG3。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

とある用事で出かけた名古屋駅の近くで、ふと上を見上げると・・・

120526.JPG

巨大な犬が。


動物関係の専門学校か何かだとは思いますが、急に目に入ると結構ビックリしますよ。



それでは。




 

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「小さな平屋」は6月末の竣工を目指し現場はどんどん進みます。


120525-1.JPG

コチラは建具の枠と言いますか、戸当りの部分です。

建具の小口に窪みを作り、この戸当りと噛み合うようなカタチになります。


120525-2.JPG

これは建具の吊り金物です。

扉が壁の中の引き込みになっている為に先行して取り付けています。

最近、吊金物もスムーズに閉まるタイプが出ましたので今回採用しています。


120525-3.JPG

これはいつぞやの外部階段手摺の支持金物。

周囲にコーキングを打つ為にマスキングテープにて養生中。


120525-4.JPG

今回の巾木はアルミアングルを採用。

写真は仮止めの状態ですが、出隅部もピシッと納まっています。


120525-5.JPG

設計段階では、皿ビスにて固定する予定だったのですが、監督さんの火が付いて。

「ビス無しで固定します!」と両面テープと接着剤併用しながら、シナ合板の治具で固定している状態です。

こういう心意気は有難いの一言です。


・・・果たしてうまくいくのでしょうか?



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

牧歌の里。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日ですが、「牧歌の里」へ行って来ました。

ひるがのSAからスマートICを初利用!便利すぎます・・・。


先週末の段階では、芝桜とチューリップの共演が見ごろ。

120524-1.JPG

圧巻です。

チューリップは色毎にキチッと植え分けられていましたが、芝桜は微妙な色違いのモノがランダムに植えられ何とも言えない綺麗なグラデーションが出来ていました。


牧歌の里と言いますと、動物達との触れ合いもアリ。

120524-2.JPG

息子に実際に触ってもらい、「思ったよりフワフワしてないね。」と素直な感想を聞き。


120524-3.JPG

ニンジンを食べた後のご満悦の表情にご満悦し。


120524-4.JPG

よく見るホルスタインとは違うジャージー牛の可愛さに魅了され。


120524-5.JPG

寄り添い合うウサギにノックアウトされ。


・・・と、我が家は「花より動物」な1日でした。

何せどの動物も瞳が優しい!見ているだけで"ほっこり"です。



■オマケ

120524-6.JPG

息子の背は伸びてはいるのですが、この場合は中段から覗いたほうがいいんじゃないの?



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

120522-1.JPG

これ、イケアの照明器具です。


「小さな平屋」の照明計画にて、当初LEDの間接照明が入る部分に代替案として採用するモノです。

本来は、ワードロープ用に販売されているものですが、価格面と器具自体のコンパクトさで採用する方向に・・・

120522-2.JPG

規格で長さが3種類用意されているので、組み合わせでなるべく隙間がないように配置します。


とりあえず、以前試しに購入したモノの実寸を測りながら間接照明スペースにおさまるか否かを検討します。

120522-3.JPG

本体はコンパクトでも、アダプター部が曲者でして・・・しかも、現行品はちょっとカタチが変わったらしい。


他の照明計画でも、クライアントのこだわりで多種多様な照明器具が採用されていますので、引き続きそちらも検討、検討。


「小さな平屋」ですが、クライアントのご厚意によりオープンハウスを行います。

予定は6月下旬です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。


また、予定が決まり次第ブログやHPにて告知は行います。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

見えました。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

今日は朝からテレビもお祭り騒ぎの「金環日食」デーです。

名古屋では932年ぶりなので、前回は何と平安時代・・・感覚としてはよく判らないのですが、とにかくスゴイ事には間違いないです。


ただ、不安だったのは天候。

こればっかりは、どうしようもなく数日前から天気予報を見ながら「晴れろぉ~晴れろぉ~。」と念じ続けていました。


部分日食が始まった6時台は、太陽に雲がかかったり晴れ間が見えたりとイマイチ不安定でしたが・・・

金環食の8時25分頃からは晴れました!


120521-1.JPG

日食グラス越しにデジカメで撮影してもよく判り感動的!


しかし、事前に用意した日食グラスは1個のみ。

曇ったり雨だったら、家族の人数分揃えるのは勿体ないなぁ・・・という気持ちでしたので。


家族で順番こしながら見るために、誰かが見ている間は・・・

120521-2.JPG

こうやって、木陰を見ながら「何か変。」と息子と話し。

120521-3.JPG

日食グラスを持つ陰も、輪郭がボヤッとしてこれまた変。


周りを見渡しても、晴れてるけど明るさが普段と違い、ちょっと暗い何とも不思議な景色。


日食グラスなしで太陽を見ると、眩しすぎて金環だろうが部分日食だろうが判りません。

事前情報がある現代の私達にとってはワクワク感満載で楽しめたのですが、平安時代の人たちはさぞ「何事ぞ!?」と不安で堪らなかったのでは無いのだろうか?とそんな事を思いながら世紀の天体ショーを楽しむ事ができました。


それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「くるみ」と言っても、ミスチルの歌ではありません。


「小さな平屋」の床材の話です。

120510-1.JPG

国産のくるみの無垢材です。

なかなかに珍しいモノだと思います。

一枚毎に色々な表情があり、好みは分かれるかもしれませんが、個人的にこうした均一感がないのは好きです。

いい感じじゃありません?


今回のフローリング材は、OPC(ワンピース)材です。

一般的なモノはUNI(ユニ)材が多く、定尺(1820mm)を作る為に幾つかのピースを継ぎ合わせています。

それに対し、OPC材は一枚の板のみで作られています。故に、定尺(1820mm)を確保しようと思うと、かなり贅沢に板材を使用し、コストもアップアップです。

そこで、今回はOPC材ですが乱尺のモノを使用しています。

定尺(1820mm)で揃えるのではなく、長さが色々なものを使用しています。

120510-2.JPG

こんな感じで10種類程度。


偏って、長いものばかりや短いものばかり集中して貼ると仕上がりが変になってしまうので、こうやって事前に並べてセンスよく貼ってもらいます。

大工さん、お手数をお掛けしますがお願いします。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

120507.JPG

先日、「中川の家」の工事契約が交わされました。

工事契約に関しては、クライアントさんと工事施工者さんとの契約なので、私は立ち会いです。

(とは言うものの、監理者として署名・捺印をしています。)


全体工程の中で、この打合わせは一番気が緩んでしまいます。

契約を交わす様を見ながら、「やっとここまで来た・・・。」とどうしてもしみじみします。


来週からは既存家屋解体して地盤調査の上、地盤改良の検討をします。


また気を引き締めてまいります。


それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

犬島 第3弾です。


120427-1.JPG

近代化産業遺産である銅精錬所の遺構を建築家・三分一博志氏が美術館として改修した場所です。

以前の建築探訪での「六甲枝垂れ」を手がけられた建築家の別ケンチクであります。


120427-2.JPG

1900年初頭に、倉敷から採掘される銅鉱石を船で運び犬島で精錬していたそうです。

煙害や音の問題で、陸地から離れた島で行なっていたのですが、世界的な不況により銅の価格が大暴落した為に、実質10年程度の稼働で精錬所としての役割は終わりを迎えています。


120427-3.JPG

精錬所内には、合計6本の煙突が立ち当時の製造スケールの大きさが感じられます。


120427-4.JPG

煙突のカタチも旧式の六角形と新型の円形の2種類があり、風の影響を受けやすい六角形の方が崩れているモノが多かったです。

これらの煙突は特に補強をすることものなく当時のままだそうで、いまにも朽ち果ててしまいそうな様に妙なリアル感が感じられます。


120427-5.JPG

こちらは港の役割を果たしていた所です。

銅を含んだ鉱石から銅を抽出した後の物を固めたカラミ煉瓦を積み上げて作られています。


120427-6.JPG

カラミ煉瓦の成分は、ガラスと鉄。

ガラスが含まれているので、様々な色に光り与えた感じが何とも言えない雰囲気を醸し出しています。


展示室としては、暗い坑道のようなところに空の光を鏡の反射に幾重にも重ねて取り込む空間がなんとも言えない不思議な体感ができ、素晴らしかったです。

撮影は出来ず、つたない文章では伝わらず・・・是非、実際に足を運んで体感してもらいたい!そういう空間です。


展示室全体としては、六甲枝垂れと同じように、夏は冷えた地熱、冬は太陽光の熱を建物全体に循環させるようにし、自然エネルギーを利用しています。


また、カラミ煉瓦を利用した素材感が押し寄せるような空間に圧倒されます。


120427-7.JPG

何せ、このカラミ煉瓦の素材感は凄い。正直、打ちのめされるくらいです。

これ自体がアート。


・・・どこかで売ってないかなぁ、欲しいなぁ。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「小さな平屋」の現場は着々と・・・

120418-1.JPG

"通気くん"ヨシ。

これで、屋根断熱での通気を確保します。

熱気は屋根の棟の換気材経由で排出されます。

120418-2.JPG

断熱材フィルムヨシ。

室内からの湿気を防ぐ事により、壁内での結露はありません。

結露がなければ、断熱材のカビナシ!

120418-3.JPG

板金納まりヨシ。

玄関のスリット窓は、そこだけ"ポコッ"と出た感じになるように打合せしてきました。

ヨシヨシ。

120418-4.JPG

板金角納まりヨシ。

写真では判らないですが、この角を境にタテ張りとヨコ張りに分けています。

見切り材を入れないようにして、仕上がりもシャープです。

120418-5.JPG

手摺下地取付ヨシ。

手摺もスチールで、現場にて溶接します。

現場溶接は・・・という声もありますが、ここは構造体ではないのでヨシです。


ヨシヨシ。


それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

  1 2
トピック一覧