愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■タグ:展示場の記事一覧■


昨日の続きです。


120724-1.jpg

このように箱をつなげて、天板(ステンレス)を置いたら、ほぼキッチンです。

イケアの担当者から、アルミ製の取付金物があると現場がスムーズと言われて購入していたのですが、監督さんが「無い方がうまくいく。」という事で、木で骨組みを組んでいます。さすがプロです。

今回は、アイランドタイプとして裏面側に家具屋さんで作った箱を並べます。

扉や面材はイケアから購入できますので、奥行きや幅は自由に設定できて、納まりも違和感なくできます。

 

120724-2.jpg 

こちらは、キッチン背面側の収納家具。

これもイケアで購入したものです。

ユニットとしては、キッチンの吊り戸棚に使用するものを使用しています。


120724-3.jpg 

クライアントお母さんの「高い所の収納はもう使わない。」の一言で、今回は腰下の収納のみです。

全て引き出し仕様にしているので、収納量は沢山あります。

因みに、写真のような仕事では建具屋さんの本領発揮です。


120724-4.JPG

手掛の金物や設備機器を取付して完成です。


120724-5.JPG

裏面の収納も違和感なし。


実際は、単に組み立てるとは言うものの、様々な調整が必要なので、素人の方がされるのはなかなかに大変です。

イケアのキッチンにご興味のある方は、遠慮なくご相談やご質問ください。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「小さな平屋」現場後日談になりますが、イケアキッチンの組立の様子のご紹介です。


手伝う気満々だったのですが、それも叶わずで、監督さんからの写真による報告です。


120723-1.jpg

フラットパックの箱が沢山ありますが、全部開梱すると大変なので、ユニット毎に開梱して箱を組み立ていきます。

 

120723-2.jpg 

写真に写っている方は建具屋さんです。

何と、監督さんの他に建具屋さんにも駆りだされていたご様子、ありがとうございます。

因みに、この建具屋さんは凄腕です。なので余計に申し訳ないです。


120723-3.jpg 

ユニット完成。

システムキッチンは、基本的にこういった箱の集合体です。


120723-4.jpg 

ご覧のとおり、横に並べるだけでそれらしく・・・


続きは明日。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

120720.JPG 

先日、「和モダンの家」の地鎮祭を行いました。


幾度と無く、プランニングと検討を重ねてきましたので、喜びも一入です。

しかし、ここで気を緩めることなく、緊張の面持ちでスタートです。


完成予定は2013年2月です。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

先日、紹介しました「中川の家」の砕石パイルですが、私が監理として訪れたのは施工2日間の内の1日目でした。


すると、後日談で監督さんから「大変でしたよ~。」と下記の写真が送られてきました。

120719-1.jpg

120719-2.jpg 

120719-3.jpg 

初日は何事もなくスムーズに事が進んだのですが、2日目からオーガーが入らない事態に・・・。

何事か?と、周囲を掘って確認したところ、既存の建物の地盤改良跡と判明。


要するにコンクリートの塊がゴロゴロと・・・


当初のヒアリングで、建設年代から考慮しても地盤改良は無いものと思われていたのですが、度重なる増築の際に何処かの増築部は改良があったようです。


対処が大変だったと思いますが、無事に終えることができたようです。

関わってくださった方、どうもありがとうございました。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

事務所移転に伴い、しばらくブログ更新をほったらかしにしてしまいました・・・

その間でも、現場は進んでいましたので時間を遡りながらの紹介になります。


「中川の家」では、地盤改良工事が行われました。

今回は事務所では初採用となる"砕石パイル(杭)"です。


120717-1.JPG

従来、木造住宅での地盤改良としては、表層改良と柱状改良の二者択一が殆どでした。

(支持層が深い場合や地盤の状況により杭という選択肢もあります。)

そんな中、近年めざましい勢いで増えてきているのが、この"砕石パイル"という工法です。

(近年めざましい勢いで増えてきている理由につきましては後述します。)


考え方としては、従来の柱状改良と同じですが、従来の柱状改良が土とセメントを混ぜながらコンクリートの杭を地盤の中に作るという工程に対し、杭状に孔を掘り、その部分に採石(砂利)を締め固めながら砕石の杭を作るという点が大きく違います。


120717-2.JPG 

こんな感じのオーガー(ドリル)で、ゴリゴリと掘削していきます。


120717-3.JPG 

掘削しながら、この機器でトルク等を計測しながら、支持層の地耐力や深さを確認していきます。

(因みに、今回採用した砕石パイルは「HySPEED(ハイスピード)工法」ですが、メーカーの方が「ハイスピードですが、工事の進み具合はゆっくりなので、ハイスピードではありません。」という話をされていました。)


120717-4.JPG 

孔が規定深度まで達したら、砕石を流し込みます。


120717-5.JPG 

砕石を流し込みながら、オーガーを反回転しつつ打設しつつ・・・砕石をギュウギュウ締め固めていきます。


120717-6.JPG 

終わるとこんな感じで、ここに杭があるとは誰も思わないような雰囲気になっています。


この砕石パイル、数年前に初めて営業の方の話を聞いた時は、セメントと土が反応する時に発生するかもしれない「六価クロム」に対する心配が皆無である点が、土地の資産価値を守る!的な話がメインで、オマケ的に地盤の液状化が起こった際に、砕石状の杭が水の逃げ道になるので、液状化にも効果が期待できます。という話でした。

ところが、昨年の3月11日の地震により、関東においては液状化に対する効果がかなりあったようで、それからは「六価クロム」の話は殆ど聞くことはなく(勿論、効果はあるのですが)、関東を含め全国で増えているようです。


地盤というのは、建物が完成した時は全く目に見えないのですがとても大事。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

120714.jpg

この度、事務所を引っ越ししました。

(通常業務をこなしながら、自前で工事という無理をしていたら、2週間の予定が2ヶ月経ってしまいました・・・。

過程をまとめたら、ブログでまた報告したいと思います。)


■新事務所■

 〒464-0844

 愛知県名古屋市千種区日進通1-17-7 → アクセスマップ

 TEL・FAX:052.763.1183


まだ、引越しできていない荷物もありますが、ネットさえ繋がれば何とかなっています。


近くにお越しの際は、是非お寄りください。お待ちしております。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

120626.JPG

先週末開催されました「小さな平屋」のオープンハウスは無事終えることができました。

ご協力いただきましたお施主さまに、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうざいました。


当日、ご来場いただいたお客さまの他に、現在進行中のお施主さまや、過去のお施主さまにもお越しいただき、色々なお話をさせていただきました。

お施主さまにも好評をいただいたFRPグレーチングによる中間的な空間は、他の方にも好評で、設計者として意図したものがこうして体験していただけるのは嬉しい限りでした。


2日間は長いようで、あっという間に終わりましたが、身体はドッと疲れ、昨日は束の間を休息をいただきました。


あとは、引渡しが待ち受けています。

この大縁談も大団円を迎えようとしています。


・・・何だか寂しい限りです。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「絶対雨。」という天気予報がものの見事にハズレ、快晴だった今日1日。

120622-1.JPG

現場もようやくそれっぽくなってきました。

120622-2.JPG

それっぽい写真も撮れるようになってきました。


そして、最後に残る大物。

今回の計画の肝になる、FRPグレーチングの吊戸を取り付ける為に駆けつけた同士達!

120622-3.JPG

もう戦隊モノでも撮るのですか?って感じの絵面です。

かなりの人数で取り掛かったのですが、だいたいのカタチが固まるまでかなりの時間を要しました。

120622-4.JPG

最終調整を残す段階の頃には、もう真っ暗です。

でも明日のオープンハウスには間に合いそうでホッとしています。


それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスを開かせて頂きます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

現場へ行くと・・・

120621-1.JPG

イケアのキッチンできてました・・・。


個人的な興味もあり、監督さんが設置されてる際に手伝う気満々だったのですが、監督さんの気遣いによりコッソリ設置されていました。


かなりショック・・・。

(まぁ、私が手伝った所で邪魔でしかなかったとは思いますが・・・。)


120621-2.JPG

ただ、裏面はご覧の通り未完成。

ここにはイケアのキッチンとは別に、寸法合わせした家具が配置される予定なので、現在はこんな感じです。

この写真の上を見ると判るのですが、ようやく照明器具が点灯されました。

間はわからないのですが、夕刻から夜にかけては空間がパッとします。

(検討したイケアの照明器具も予定通りに間接照明としてやんわりと灯しています。)


今週末のオープンハウスに向けて追い込みになるはずの今週ですが、雨が降り続き思うように進んでいない・・・焦るなぁ。



それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスを開かせて頂きます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

収納の内部仕上げなどは、合板使用しますがこの合板は・・・


120620.JPG

かなり「ワイルドだろぉ?」って位に杢目がバッチリ。



それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスを開かせて頂きます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「小さな平屋」の外観は東西に関しては、隣家が近接しているのであまり見えませんが、北側と南側が共に道路に接しているので見えてきます。


120619-1.JPG

こちらは北面外観になります。

シンボルツリーを植える予定ですが、季節の関係で竣工後にゆっくり考えていくことになりそうです。


120619-3.JPG

アプローチは北側からゆったりとした階段でアプローチします。


120619-2.JPG

南側は比較的通りの多い道なので、視線を遮るような板塀を設けます。

現在はその下地だけが建っている状態です。


完成は着々と近づきつつあります。



それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスを開かせて頂きます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

120618-1.JPG

「どーん!」とイケアのキッチンが現場に搬入されました。

神戸イケアでの発注で遠方の為に、組立・設置は監督さんと私で行う予定。

(早く東海地方にもできて欲しいです・・・)


120618-2.JPG

各ユニットはイケアの基本、フラットパックでの梱包なので、ひらすらこんな箱が積まれています。


120618-3.JPG

さて、仕上げ工事が始まりクロス屋さんがデリケートに貼っています。

横から光を当て、チョットの凹凸も許すまじという姿勢に頭が下がります。


120618-4.JPG

先日までとは景色がガラッと変わりました。

ただ、この部屋はまだ仕上がっていません。

ドイツ漆喰の下地クロスが張り上がった状態。


120618-5.JPG

少し見づらいですが、壁に家型の窪み(ニッチ)を設けており、そこに"荒神さま"に鎮座していただく予定です。



それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスを開かせて頂きます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「小さな平屋」では既存樹木として柚子の木を唯一残しています。

先日までは、その木にビッシリとアゲハチョウの幼虫が蠢いていました。


そうです、あの義眼がついたあの幼虫・・・正直苦手です。


そして、先日現場の外壁(ガルバリウム鋼板)を見ていたら・・・


120616.JPG

サナギ付いてる。


そっとしておきましたので、綺麗なアゲハチョウが出てきてくれればと思います。



それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスを開かせて頂きます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「小さな平屋」ではLDKの内部空間とデッキの外部空間との間に、中間的な空間を設けます。

その仕切りとなるのが、FRP製グレーチングの可動扉。


この計画の中では肝となる事は間違いないです。それほど大事。


120615.JPG

扉の鍵や金物の納まり試作です。

もう少し詰めて、完成に近づけます。



それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスを開かせて頂きます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


120613-1.JPG

「小さな平屋」の現場仕上げ工事直前の為、つかの間の静寂が訪れています。

普段の様相とあまりに違い異様な感じもしますが、落ち着いて現場を見ることが出来ます。


上の写真の手前をクローズアップすると・・・

120613-3.JPG

鉄のフラットバーで制作した鴨居の吊り束もスッキリ納まっています。


120613-2.JPG

コチラは寝室の机廻りの造作。

レッドオークの接ぎ板で天板や棚板が構成されています。


120613-5.JPG

コチラは出番待ちのドイツ漆喰下地用の和紙クロス等


120613-4.JPG

現場が静かだと、こんな景色は何か沁み入る感じがします。



それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスを開かせて頂きます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

120611-1.JPG

「小さな平屋」は足場が取れ、全容が明らかになってきました。

今までは足場がかかり、よく判らなかったのですが、見えてくると通行人の方もシゲシゲ見られていました。


建物内部は仕上げ工事前なのでドタバタしており、写真も撮れず・・・。


ふと、足元を見ると。

120611-2.JPG

大工さんのノミ一式。


何だか神々しく感じます。



それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスを開かせて頂きます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「小さな平屋」が6月末に完成します。

クライアントのご厚意で、オープンハウスを開かせて頂きます。

小さな平屋 北面.jpg

小さな平屋 LDK.jpg


ゆったりとした空間が広がっている「小さな平屋」です。

インテリア・照明・家具等クライアントさまのこだわりが凝縮され、キッチンはイケアのアイランドタイプです。

床材は国産くるみ材の自然塗装仕上げ、壁はドイツ漆喰塗り・・・

また、省エネ等級4も取得した省エネ住宅となっています。

都合の良い方はぜひお越しください。



■日時:06月23日(土)  10:00~17:00

    06月24日(日)  10:00~17:00

■場所:愛知県知多郡

■構造:木造平屋建て

 

完成見学を希望の方は、お問い合わせ・メール(office@iwata-aa.com)・電話にて申し込みをお願いいたします。

場所等の案内をお送りさせていただきます。

※上記以外の日に見学ご希望の方も、メール・電話等でご連絡ください。可能な限り対応いたします。

 

これまでの工程は→コチラをご覧ください。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

最近、自転車に乗る機会が増えています。


自転車って、原則車道、歩道は例外なんですが・・・

120609.JPG

コレはどう見ても原則歩道のような・・・。


交通量の多い車道を自転車で走る勇気は持ち合わせていないし・・・。


自転車ってどっちつかずな感じです。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

120608.JPG

先日、「中川の家」の地鎮祭を行いました。


「小さな平屋」と同じく、岡崎の龍城神社の神主さんです。

神主さんの素晴らしい声の張りに、泣いてはいませんが小さなお子さん達の動きも止まります。


とりあえずは砕石パイルによる地盤補強からスタートです。


それでは。


■お知らせ■

6月23・24日に「小さな平屋」のオープンハウスが開催します。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

見られました。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

清須の事務所近くには、キリンビールの工場があり、清洲城があり、そして東海道新幹線が走っています。


Facebookで高校の同級生のコメントにより、レア新幹線の時刻表やら運行状況が判り・・・


120602.JPG 

見られました!!

ドクターイエロー!!!


息子の絵本やDVDで散々見ましたが、やはり本物はド迫力!!!!



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

2  
トピック一覧