愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■カテゴリ:新居の家の記事一覧■


昨日から降り続いた雪は、何年ぶりだろうという降り方ですね。

かまくらが出来るほどだと思います。

近所の小学校は時間割を変更して、校庭で雪合戦模様。

私が小学生の頃はよくあった光景ですが、最近ではかなり珍しいのでは?

さて、昨日ですが「新居町の家」の1年点検に伺いました。

雪道なので、到着時間が予想できなかった為、あまりに早く着き過ぎてしまい、近所の海まで行ってきました。

110117 潮見坂の海.JPG

誰も居ない海・・・。

そして、風が痛い・・・。

写真を撮る手が・・・。

 

浜名郡新居町は去年の4月に市町村合併の為、湖西市新居町に変更になったそうです。

新居町はそのままなので、「新居町の家」のままです。

 

肝心の1年点検は、内部の木製建具の調整がありましたので、後日対応するという以外は特に問題はなく、無事終了。

やはり、木製建具に関しては住み始めて1年の間には何らかの調整が必要になりますね。

この事は、打合せの段階からご説明させていただいていましたので、「やはりね。」という感じに受け止められていました。

 

あとは、住み心地や1年住んでの感想を聞かせていただきました。

ご家族の皆さんが満足していただき、楽しんでいるご様子を見受けられたのが、何より嬉しいです。

今日1番の収穫です。

また、お邪魔させていただきます。

 

途中で現地でも結構な降雪があり、「こんな日も珍しい。」との事。

名古屋に無事に帰れるのだろうかと心配になりましたが、何とか帰ってくることができました。

(名古屋インターまではスムーズだったのですが、インターを降りたら大渋滞・・・都市部はこういう時に弱いです。)

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

昨日は、大切な友人であるK君の結婚式に出席する為、浜松まで行ってきました。

100510-1.jpg

K君とは「新居の家」の施工を手掛けてくれた倉田工務店のK君(ネタバレですね・・・)です。

K君とは以前同じ設計事務所で同じ鍋のパスタを食べ、共に日々精進したK君。

知り合って6年経つのですが、仕事上の先輩後輩の関係以上に友人として仲良くしているK君のこのような喜ばしい場面に立ち会えて感無量でした。

さて、式が終わってからの事ですが、久しぶりに「新居の家」に伺いました。

竣工後にどのように生活されているか等をお聞きしたいという思いもあってのことです。

100510-2.jpg

(家具や植物等、色々な物があって初めて生活があり、本当の家の姿がありますね。)

設計の段階では、クライアントのご家族からヒアリングをしてライフスタイルを想定して計画をしたのですが、実際に生活するとどうなるかは、やはり気になります。

気に入っていただいた点については、素直に嬉しく聞かせていただき、大きな問題ではないのですが、気になる点については反省をし、自身の経験として次の機会にも活かしていかなければいけません。

総合的な評価については、クライアントのご家族の笑顔が物語っていました。

この笑顔は設計者としては、かけがえのない財産であり、喜びです。

朝から夜遅くまで、少々ハードな1日でしたが、清清しい気持ちの1日を送ることができました。

これまでの様々な出会いの中で、このように実を結ぶ事が出来たことに感謝し、これからの出会いも楽しみでなりません。

 

それでは。

 

 

年末の話です。

(先日の宣言通り、時間軸を遡っております。)

「新居の家」でお世話になった倉田工務店にて、年末の恒例行事である「餅つき」にお邪魔しました。

小さな頃に、父の実家で親戚が集まって餅つきをしたことは、薄っすら記憶に留めている程度で、間近で見る・体験できる餅つきにワクワクして現地入りです。

倉田君は小さな頃から、ほぼ強制的に手伝いをしていたそうで、手馴れた感アリアリ。

100204-1.jpg

コネコネ・・・蒸したもち米の美味しそうな香りがたまりません。

そして、お母さんとの息のあった掛け合い!

100204-2.jpg

ヨォッ!

100204-3.jpg

ペッタン

 

実際には、ペッタンなんて可愛いモノではありません。

ドッッスン・・・ドッッスン・・・と力強い感じです。

その迫力に圧倒されていたら、僕にも出番が・・・

・・・チョロイもんです。

 

・・・ウソです。

かなりしんどいです。しかも、嫁さんとのタッグなので、阿吽の呼吸なんて大嘘でチグハグで余計に辛い。

コレを倉田君は毎年年末に10臼近くこなすそうで、参りました。

出来上がったお餅は、市販のモノとは何だかのびが違います。まさにモッチモチ。

いやぁ、美味しかった。

 

え、写真は?って。食べるのに夢中で・・・

 

それでは。

 

 

100105.jpg

こんにちは。

昨日は、「新居の家」の引渡しでした。

去年の12月7日から始まりましたので、ほぼ1年を経てこの日を迎えました。

091205-1.jpg

浜名湖SAでの景色です。快晴!

通い慣れた景色も何だか、違った気分で見てしまいます。

無事に引渡しも終える事ができ、このプロジェクトに関わって下さった全ての方々に感謝します。

どうもありがとうございます。

引渡しを終え、天気も良いので夜景の写真撮影に挑戦しました。

091205-2.jpg

何とも言えない空の色です。ただ、この空の色が持続するのはわずか数分なので、このチャンスを逃すと勿体ないということで、三脚を持って建物の周りをグルグルと走り回っていました。

他の写真等は、まとまったら紹介します。

その後は、工務店の監督で、僕の同士でもある倉田君とお疲れ会です。

酒のツマミは(といっても、僕は飲めないので酒ではないのですが・・・)、今回のプロジェクトネタです。僕自身の苦労も、倉田君の苦労もあったのですが、最後は楽しい話に花が咲く・・・というような感じでした。

今日からは、違うプロジェクトに頭を切り替える事になりますが、またいつか今回のチームで取り組む機会に恵まれれば・・・良いなぁ。(浜松方面も遠くは無いですし。)

 

それでは。

 

 

「新居の家」も、いよいよ大詰め。

昨日は、完了検査を受けました・・・というものの、検査はものの10分程度。

一通りの確認をして終了。

「ホッ。」とは思うものの、「もう少ししっかり見てくれても・・・」なんて思います。

その後は、クライアント検査。

それが終わって、夜間の照明チェックをしながら内部の撮影をパチリ・・・

091202.jpg

3本ある柱を側面から撮るから、1本に見えてます。

やはり「餅は餅屋。」写真は難しい。けれど、何とか自前で表現したいという思いもあり、あと数回は撮影すると思います。

明後日はとうとう引渡し、ここまで来ると約1年の時間を振り返ると少々淋しくもあります。

でも、楽しみにしてくださっているクライアントを思うと、それはそれで嬉しい・・・何だか複雑な思いです。

 

それでは。

 

 

11月28・29日のオープンハウスは無事終えることができました。

091130-1.jpg

わざわざ遠方からお越しいただいた方もお見えになって、嬉しい限りです。

本当にありがとうございました。

28日の夜は、キャンドルクリエイターの加藤進太郎さんによる演出もあり、いままで見ていた建物の雰囲気とは違う一面がとても幻想的でした。

091130-2.jpg

建物周りに並べれたキャンドルは総重量800㎏!?  ・・・凄かったです。

他の写真はといいますと・・・

091130-3.jpg

ダイニング・キッチン

091130-4.jpg

玄関ホール引渡しまではあと少し。

気を引き締めていきます!

 

どうも有難うございました。

 

それでは。

 

 

こんにちは。

昨日は、何だかドタバタした1日でした。

朝は、浜松にて「新居の家」の完了検査申請を提出。

その後、「新居の家」の工務店の物件を見学させてもらい・・・

 091125-1.jpg

雰囲気の良い建物で、勉強になりました。

次は、「新居の家」の現場。

現場はまさに戦場。

オープンハウスを目前に、様々な職種の職人さんが出入りされていました。

そん中、邪魔にならないように確認をしつつ、写真を撮りつつ・・・

 091125-2.jpg

パシャ1:リビングのタイルが張り上がりました。

 091125-3.jpg

パシャ2:玄関ホールの手摺と照明

 091125-4.jpg

パシャ3:ホールの階段の納まり。珪藻土の模様が良い雰囲気です。

 091125-5.jpg

パシャ4:階段ホール手摺。綺麗に仕上げていただいた大工さんに感謝。

 

パシャ5:トイレのタイル。便座に座るとこんな感じに見えます。清潔感があってGoodです。

夕方、現場を後にして犬山市まで直行です。

ホームページの製作に関しての打合せと下準備として向こうの事務所にて作業。

・・・そんな感じで、帰ったら日付が変わっていました。

今日は何だかだるいです。

■今度の週末に控えていますオープンハウスについては、コチラをご覧下さい。

 

それでは。

 

 

打合せ。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

昨日は、「新居の家」の外構についてクライアントとの打合せ。

(他事もしてるのですが・・・最近の話題はコレばかりです)

早い段階で、懸案事項の打合せは終わり、あとは現場を一緒に見ながら進捗状況を確認。

土地柄のせいか、打合せ時に近所の親戚の方と同席になることが多々あり、今日も二方みえてました。

その方に、、「ここまでくるのに、時間かかったねぇ・・・」と言われてしまいました。これは恐縮です。

しかし、「良い感じになったねぇ。」と労っていただきました。

さて、現場の方は・・・

091116-1.JPG

先日、確認した手摺が取り付きました。

前のブログで紹介していた写真とは逆の方向ですが、コチラが本当に付く位置です。

091116-2.JPG

091116-3.JPG

この2枚は、個室のアクセントクロスの張りあがりの様子です。

写真だとそれ程違いが判らないですが、近くで見ると違います。

パースやスケッチでイメージは伝えていたのですが、実物を見ていただいた時の反応が当然ですが、一番大きいです。

今月末のオープンハウスに向けて、あと少し!

オープンハウスの詳細は→コチラをご覧下さい。

 

それでは。

 

 

「新居の家」の現場報告です。

先回、ご案内しましたオープンハウスも参加受付中です。

詳細はコチラをご覧下さい。

さて、現場は完成に向けて残る検討事項の確認をし、施工状況をチェックしていきます。

091114-1.JPG

階段の手摺の高さについての確認。

昇降し易い高さを確認します。

091114-2.JPG

リビング・ダイニング・ホールは珪藻土塗りですが、他はクロスを使用しています。

なので、クロスの張り確認です。

091114-3.JPG

2階の個室で1部屋北向きの部屋があるので、そこにはトップライトを付けました。

光と影が良い具合になっています。

091114-4.JPG

コレは水道メーターボックスです。

自治体によって色々あるものですが、新居町の場合はこのような感じで地上にポコッと突出するタイプだそうです。上部の箱にメーターに納まるのですが、凍結しないように発泡スチロールにて保温してありました。

 

ひと通り済んで、帰りに緑区にある知り合いの事務所へ所用で向かいました。

なので、いつもと違うルートで伊勢湾岸道を通ることにしたのですが、3車線なんです。

走行するのは・・・左車線ではないし、右車線でもないし、という訳で真ん中を走行。

慣れないせいか、右も左も気を配りながら高速を走行するのは、何とも落ち着かないもので、疲れてしまいました。

 

さて、明日も「新居の家」の現場にてクライアントと外構の打合せです。

気をつけて行って来ます。

 

それでは。

 

 

これまで、ブログにて紹介して参りました「新居の家」が静岡県浜松市近郊に今月末に完成します。

今回はクライアントのご厚意により、オープンハウスを開催させていただくことになりました。

091112.jpg

(完成予想図)

海を望む、周囲が開けた土地に建つ住宅です。

幾重にも重なる壁でファサードを構成しており、その空間を利用してアプローチに雰囲気を持たせています。

また、内部に関しては構造の梁を表わしながらもモダンな感じに仕上がっています。

ひとつひとつを、クライアント、施工者と建築家で造り上げた空間を堪能できると思います。

■日時:11月28日(土)  10:00~20:00

     11月29日(日)  10:00~17:00

■場所:静岡県浜名郡新居町

■構造:木造2階建て

 

●今回は、土曜日の夜も開催をします。

 普段のオープンハウスでは見られない、照明の点灯した状態も見ていただければと思います。

●遠方になる方もみえると思いますが、景色を見がてらお越しいただければと思います。

 (このブログでも度々紹介していますが、道中の景色が良い所です。)

 

※見学ご希望の方は、下記連絡先まで電話またはメールにてお問い合わせ下さい。

 ご参加頂ける方には、場所の案内をお知らせ致します。

TEL :052-409-5858

MAIL:office@iwata-aa.com

 

それでは。

 

 

新居の家も大詰めに入りまして、現場に行かずとも現場とのやりとり等で何だかドタバタしております。

そんな中、届きました!

「・・・何が?」って。

コレです。

091106.jpg

船舶用ランプ(名称:NEWデッキライトシルバー)

以前から、よく使用していたのですが本物の船舶用のランプなので、普通の電気工事の方では取り扱いがなく、コチラで手配して支給品というカタチを採っています。

使用目的は、外部デッキの照明です。

船舶用なので、台風や雨、霰、何でも来いです。

(でも、来て欲しくは無いです。)

 

いつも思う事なんですが、純粋に機能を追及したカタチなんですけど、格好が良いなぁ・・・とお気に入りの1つです。

 

それでは。

 

 

こんにちは。

昨日は、新居の家の定例会議でした。

前回のブログで書いたとおり、しばらく放置しておりましたので、もうすっかり足場も外れ、完成に向かいつつあります。

091030-1.JPG

すっかりこの通り。

・・・更新してなくて、スイマセン。

この住宅は、敷地周りが開けているのでどこからも見えるのですが、この写真のアングルである北東面がファサード(住宅の顔)となるようにデザインされています。

091030-2.JPG

アプローチはこんな感じで、玄関扉が木製建具なので取り付くのはまだ先です。

先日の台風は、コンパネを張って凌ぐことができました。

あとは、この開口の右半分に黒い格子が入ります。楽しみです。

091030-3.JPG

玄関に入ると階段が出迎えてくれますが、踊り場から上部はこのように段板が浮いているような納まりです。

このような階段をストリップ階段と言います。

左側の壁は珪藻土が塗られます。

091030-4.JPG

和室の造作はもう少しです。

091030-5.JPG

リビングの一部にある書斎スペースはこんな感じです。

上部にエアコンが納まります。

 

11月中にはほぼ完成します。

そこで、オープンハウスを11月29日に行う予定です。

細かい予定が決まり次第、正式に案内します。

 

それでは。

 

 

先日の「新居の家」、現場の様子です。

090914-1.JPG

エントランスの廻りも雰囲気が出てきました。

090914-2.JPG

これは、2階個室のトップライトの様子。

神々しい雰囲気の写真になっていますが、実際は柔らかな光が注いでいます。

090914-3.JPG

これは、ふと目に留まったんですが、大工さんの道具(ノミ一式)です。

090914-4.JPG

使い込まれた感が、熟練度を表しているようです。

いつも、現場軒先には砥石が置いてあり、刃先を研いでみえます。

大工さんの道具は職人の魂みたいなイメージがあって、拝見するだけで触るのはNGです。

さて、タイトルの「新居の新居」は「あらいのしんきょ」と読んでください。

いつも紹介していたのですが、新居(あらい)町の家なので「新居の家」ですが、知らずに読むと「しんきょのいえ」と読めるかな?と最近気づきました。

 

実際、建築中の家は新居(しんきょ)ですが、「新居の家」は「あらいのいえ」です。

以後、お見知りおきを。

 

それでは。

 

 

090904-1.JPG

向こうに何があるのか?

現場に行く途中にこんな光景が。気になってついつい車を停めて見てみると・・・

090904-2.JPG

これは、期待していいですね。

090904-3.JPG

海。

しかも青空。

風がとても気持ち良いです。

 

ワクワクが期待通りになって嬉しい。

現場の話はまた後日。

 

それでは。

 

 

新居0819

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

こんにちは。

昨日の高校野球・中京大中京の優勝!良かったですね。

最後の最後にどうなるのやら?というハラハラドキドキの展開でしたが、最後のライナーを三塁手がキャッチした瞬間は、「!?・・・・ふぅっ・・・。」という感じでした。

夜にTVで今大会のダイジェストを観ながら、真剣勝負が故に球児達が流す涙にウルウルしてしまいました。・・・・最近、涙もろいなぁ。

さて、先週の話になりますが、「新居の家」の現場です。

090819-1.JPG

足場は架かったままですが、外壁も一部張り上がり段々とイメージが実像となってきました。

090819-2.JPG

今回の建物は、軒を深めに取っています。

日本の住宅は「夏を旨とすべし。」というコトバもある位で、これから先の事も考えると日差しのコントロールはかなり重要事項かと思います。

090819-3.JPG

こちらは、とある部屋の天井です。登り天井のピーク部で緩やかなカーブを描いています。

手前に見える梁に付く照明器具で天井を照らすと、柔らかな表情を出します。

(ちょっとした事ですが、大工さんには手間をお願いしてます。有難うございます!)

こんな感じで現場を見て、その後細かい納まりの打ち合わせをし、現場を離れました。

・・・そして、

090819-4.JPG

海!現場の目と鼻の先にありますので、立ち寄って暫くボーッとしてました。

暑さもだいぶ和らいできましたので、涼しくて気持ち良かったです。

その後は、事務所に戻るには時間が勿体無く、帰るにはまだ早い時間だったので、どうしたものかと思案しながら車を走らせていたら、ちょうど良い所を見つけました。

・・・そこは、

090819-5.JPG

図書館!「はまゆう図書館」という所です。

自習室で学生に混じりながら、他で計画中のプランニングを閉館まで黙々としながら、帰途に着きました。

久しぶりの図書館でしたが、周りの状況がとても静かでスゴク集中できて良かったです。

 

・・・また利用しようかな。

 

それでは。

 

 

何だか手抜きなタイトルですいません。

およそ1週間ぶりの更新です。

 

やっとのことで梅雨明けし、突然の夏モードで体がだるいのですが、体調管理には気をつけております。

さて、月曜日は・・・午前は中濃建築事務所へ確認の訂正へ向かい、その足で午後は新居の家の定例及びクライアントとの打合せです。

道中、浜名湖近辺でいつも気になる景色に立ち寄りました。それは・・・

090808-1.JPG

吊橋。現在は隣に新しい橋が架かっているので、この橋がメインではないようですが、この佇まい・・・魅力的です。

ふと、反対を振り返ると・・・!? 

090808-2.JPG

なんと吊材の端部が民家の敷地に突き刺さっている・・・なんてダイナミック。

 

さて、現場の方もキチンと監理してます・・・が、

090808-3.JPG

足場がかかっているので、今までの写真と大差ないですね。今度は中の写真もupしときます。

さて、火曜日は増築の相談を受けたのですが、今までで一番敷地条件が厳しい・・・。

良い方向へ答えが出るように、暫くは頭の中はグルグルすることになると思います。

 

さて、水曜日はすまいる愛知住宅賞の公開審査を見て参りました。応募はしていないのですが、他の方の物件や、審査員の方の意見には「なるほど。」と思うことが多々ありました。

参考にするという訳ではないのですが、こういう場はモチベーションが上がります。

 

さて、木曜日と金曜日は新居の家の詳細図をひらすら作成。

現場は滞りなく進みますので、それに併せるようにコチラも作成。

・・・金曜の夜にはフラフラでした。

もう少しでお盆なので、もうふと踏ん張りです。

(もう、お盆の所もありますね。)

 

それでは。

 

 

当たり!

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

・・・当たりました!

 

toto BIG ではなく、ロト6 でもありません。

新居の家で、しずおか優良木材の家総合支援制度に当選しました!

(自分がではなく、クライアントです)

この支援制度は、静岡県内で新築住宅の構造材に県産材を使用した場合、助成金が頂けるというありがたい制度です。今回は、「天竜系」の杉材を使用しているので対象となってます。

しかし、全員という訳ではなく月毎に当選者数が決まっているので、抽選になってしまうのです。

それが当たりました!

自分が当たった訳ではないのですが、嬉しい。

当選の暁には、助成金も頂けるのですがその証拠として・・・

090728-1.JPG

090728-2.JPG

現場に幟(ノボリ)が立ちます。

090728-3.JPG

構造材には、県産材の証拠であるシールが貼ってあります。

最近、当選とか当たり等には縁が無かったので妙に嬉しい。

 

それでは。

 

 

先日、新居の家の中間検査を受けました。

今年の10月以降竣工の建物が対象となる、瑕疵担保履行法の初めての物件でしたので、その検査を受けることになりました。

・・・という訳で、

1.監理者である自分の検査

2.従来の確認申請絡みの検査

090724-1.JPG

3.瑕疵担保保険絡みの検査

090724-2.JPG

の計3回でトリプルチェックとなる訳です。

事前にコチラでチェックしているので、何の問題も無しです。

現場の進捗状況としては、屋根瓦も葺き上がりました。

090724-3.JPG

今回は瓦なんですけど、なるべくスッキリしたいという事で平板瓦を採用。

しかも、極力フラットにしたいという事で探した一品です。

写真をみると、まるで敷き瓦みたいな表情をしています。

「よしよし。」と感心してしまいました。

 

それでは。

 

 

 

前回のつづきです。

棟札が取り付けられ、クライアント親子が建物の竣工を祈願します。

090708-1.JPG

そして・・・盛大な餅まきが始まるのですが、事前に撮っておいた蒔かれる品々はといいますと、

090708-2.JPG

餅!

090708-3.JPG

菓子!

(駄菓子屋が出来るくらいはありました。)

と、こんな感じです。

さてさて、事始めとして角餅を四隅に投げたら「よーい、ドン。」です。

090708-4.JPG

空を舞う・・・

090708-5.JPG

上空から舞い降りる・・・

 

下には、50人以上が来て頂いていたようでしたが、各々がたっぷり拾えるくらいボリュームのある餅まきでした。

その後も、親戚一同の食事に同席させていただいて、とても楽しい思いをさせていただきました。

090708-6.JPG

どうも、ありがとうございます。

皆様の膨らむ期待に沿えるよう、完成に向けて邁進します。

 

それでは。

 

 

090706-1.JPG

昨日は、新居の家の上棟式がありました。

天候はイマイチだったんですが、着々と進行して参ります。

最近は殆ど無かったんですが、この日の上棟式では「餅まき」が行われ、朝から何だかお祭り気分です。

クライアントの親族の方々も集合して、準備やらで慌しくもありました。

そんな中、建前は着々・・・

090706-2.JPG

ここは玄関とアプローチ

090706-3.JPG

ここはリビング。真ん中の三本の列柱は化粧材です。

この建物では、静岡県の県産材を使用していまして、抽選に当たればなんですが静岡県より助成金をいただけるという話になっています・・・当たればなんですが。

090706-4.JPG

工務店の監督さんです。監督さんと言えども、何でもこなしています。

ボクには無理ですね・・・(高い、高い、足がすくむ)

090706-5.JPG

2階のバルコニーです。遠くに海が見えます。

090706-6.JPG

小屋組みも出来上がりました。

090706-7.JPG

そして、棟札が着けられた頃、下には来たるべき「餅まき」に備えた方々が続々と集合していたんです。

 

(つづく)

 

 

ちょっと久しぶりの更新です。

新居の現場は着々と進んでまいります。

090703-1.JPG

基礎打ちは無事終了し・・・

090703-2.JPG

土台も配置され・・・

今度の日曜には上棟が行われる予定です。

天候は心配ですが、予報では晴天は難しそうですが何とか持ちこたえてくれそうです。

ここの所、バタバタしてしまいまして、感覚としては「時間が足りない。」です。

やりたい事。(これは色々ありすぎて・・・)

やらなければいけない事。(やりたい事もココに含まれているのは、とても有難いです)

睡眠も大事。(やはり、体が資本)

家族とのコミュニケーションも大事。(息子に「アンタ誰?」と言われてはマズイ)

もう少し、時間を上手く使えるようにならなければ・・・

よし!気合注入!

 

それでは。

 

 

色決め。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日、新居の家の色決めについて打合せを行いました。

090627-1.JPG

毎度の事ですが、車窓の風景を・・・水と緑に心和む。

さて、本題についてですが・・・

090627-2.jpg

今回は、色決めという事でモデリングを行い、それに色付けを行います。

カタチや空間把握については、模型やスケッチが大前提で今回も作ってはいるのですが、色という事になると、模型にその都度色を塗っていては到底間に合わないのでPCが活躍です。

思えば、学生時代に3Dモデリングが流行り出しまして、結構色々触っていました。

その頃は、とりあえずCGというだけで「おおーっ。」という感じでした。しかし、数年もすればCGだらけで「もうお腹一杯。」という感じになってしまってました。

それから僕のブームは、師の教えもあり「手で考える」という事で、とにかくスケッチ!とにかく模型!という時期を過ごしてきたせいか、今回のモデリングには以前とは違う感覚があります。

「CGで魅せる」というよりは、飽くまで確認用として利用という感じです。

やはり、根本は手で考えた末に導き出されたものを確認用に作成するというひとつの工程に過ぎないという事です。

ま、視覚的には非常に伝わり易いというのも事実なので、重宝しています。

090627-3.jpg

この東面の3枚壁の色の組み合わせが肝です。

・・・とはいうものの、今回の画像は色無しなのでどうなったかは、追々のお楽しみです。

090627-4.jpg

玄関アプローチの色も重要。

画像解像度の関係で線が飛んでしまい、何の絵かよく判りませんがこれも追々のお楽しみ。

 

それでは。

 

 

先週の活動報告

先週は比較的、事務所に篭って図面を描いたり、プレゼンの資料作成に追われていました。

そんな中・・・

6月17日。

新居の家の配筋検査。

規則正しく配列された鉄筋を凝視して、確認をします。

一応、メジャーも当ててはみますが・・・問題は無し。

一部、開口補強について指示をして無事終了。

 

6月18日。

大変お世話になっている方の赤ちゃんが誕生。

自分にとっても最近の出来事なので、何だか自分のことのように嬉しい。

おめでとうございます!(これから大変ですが・・・)

 

この日から、体調があまりよろしくありませんでした。

特に「風邪」等の具体的な病気ではないですが、何だか自分の体が自分の体ではないみたい。

事務所を始めてから、こんなに体調が悪いのは初めてで、今は何とか持ち直しましたが、とにかく体が資本なので体調管理をキチンとしようと肝に銘じました。

 

6月20日。

リフォームの打合せ。打合せまでに時間があったので、近くの川辺を散歩。

090623-3.jpg

五条川です。道沿いに水辺に降りれる親水エリアがあって、しばらく涼んでいました。

春にサクラが咲く様子を思うと、何だか楽しい。

 

そんな1週間。

皆さんも体をお大事に。

 

 

6月11日

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

昨日は、1日缶詰で図面を作成していたので、一昨日のことになってしましますが、活動記録です。

当日は、新居の家の地鎮祭でした。

大事な行事ですので、遅刻は勿論NGですよ。という訳で・・・

090613-1.JPG

早く着き過ぎまして、途中で寄り道をしながら写真をパチリ。

今は、田植えの季節なので、田んぼに水が張ってあり目も心も潤います。

肝心の地鎮祭は、前日までの予報で雨だったのですが、何とか雨も上がり神事は滞りなく済みました。

090613-2.JPG

その後は、祈祷していただいたブツは敷地の片隅に追いやられていました。

090613-3.JPG

申し訳ありませんが、工事が無事に終わるまで、そちらで見護っていてください。

地鎮祭が終わると、そのまま遣り方へ突入。

090613-4.JPG

工務店の社長と息子さんの親子でレベルを厳密に出していきます。

090613-5.JPG

これも、無事終了。前日までの感じが一転して、建物のボリュームも始めてわかるようになってきました。

 

その後は、工務店の事務所へ移動して、打合せへ突入・・・その前に・・・

090613-6.JPG

移動中にパチリ。

浜名湖と夕日。やはり水がある景色というのは良い。(重ね重ねですが)

 

工務店の倉庫では、殆ど刻みを終えた木材が、建前を待っていました。

090613-7.JPG

建前の予定は7月始めです。

まだ、配筋、型枠、コンクリート打設等・・・色々ありますが。

着々と現場は進んでまいります。

 

そんな、6月11日。

 

 

新居の家は進行中。

現場は着々と、そして粛々と進んで参ります。

今週は、現場では解体が終わり、土を動かし、地盤の本調査を行いました。

調査結果も出ましたので、来週には地盤改良が進むと思います。

 

さて、所変わりましてコチラは工務店の作業場。

090605-1.jpg

構造材の搬入も終わって、大工さんが刻みを進めています。

「刻み」です。

そうなんです。

今回は、機械が行うプレカットではなく、大工さんの手で「手刻み」が行われています。

今では珍しく、貴重な感じなので、「手刻みなんですね、良いですね。」なんて話をしても、工務店のスタンスが「手刻み」なので、「何が珍しい?」なんて反応。

こんな反応も良い。

大工さんが一つ一つの木の癖や特徴を見ながら、丁寧に扱われています。

090605-2.jpg

鉋(カンナ)を手で掛けるなんてのは久しぶり見ました。

090605-3.jpg

こんな道具の並びにも、職人としての粋を感じてしまいます。

完成の楽しみが増えました。

 

090601.JPG

新居町の現場にて、先日から既存建物の解体が始まりました。

これまで打合せを重ねたリビングから人気が消え、着々と取り壊されていく様子み見ると、何とも寂しいような心苦しいような感じで胸が苦しくなります。

勿論、これから出来上がる建物がクライアントに満足していただけるよう打合せを重ねてきたので、前向きな行為ではあるのですが、クライアントのご家族の思い出や記憶が詰まっている建物が無くなってしまうのは何とも・・・。

ただ今回は、クライアントからの提案でもあったのですが、何点か思い入れのあるモノを取っておいたので、新しく生まれ変わる建物にこれまでの記憶を残す予定です。

どんなカタチになるかは、これから考えていこうかと思います。

これから出来上がる建物に対する責任感で身が引き締まる思いがします。

 

本日の活動記録。

都市計画法上の申請が下りたということなので、新居町役場へ受け取りに向かう。

その足で、浜松市街にある静岡県建築住宅まちづくりセンターへ建築確認申請を提出。

結構な心積もりをして提出したのですが、大した事もなく一発OK!

滞在時間は1時間少々だったですが、審査時間は正味30分程度・・・

一時期に比べると早くなったものだと、感心して安心。

その後は一度、名古屋へ戻り、その足で中濃建築事務所へ工作物の申請が下りたという事で受け取りに行く。

その後はリノベーションの現場が竣工間際という事で、夜間の照明チェックをしながら竣工写真を自前で撮影。

写真の出来は如何に?

その内、公開します。

最近は浜松への往復はあったので運転は慣れていましたが、更に違う場所へというのは無かったので運転疲れしてしまいました。

 

そんな5月26日。

 

 

今日の一枚です。

090519.JPG

こんな風に写真だけ載せると何だか、既にネタ切れみたいな感じになってしまいますね・・・

この写真は昨日の浜松での打合せに向かう道中の風景です。

こういった風景が各所で見られるのですが、良い景色というのは意図的には造ることができない貴重な財産なんだとつくづく感じます。

肝心の打合せでは、工事契約にまで辿り着くことができ、また一山越え。

これからまだまだ幾つもの山を越えて行くことにはなるとは思いますが、一つ一つ真摯に取り組んでいこうかと思います。

打合せの後に、夕食をご馳走になったのですが食卓に並んだ一品に鯖がありました。

どうやら、自分で釣り上げたらしいのですが船上で直ぐに「鯖折り」したそうです。

・・・ん?「サバ折り」?

中学・高校でふざけて「サバ折り」してましたよ。

語源はこれか!?

聞けば当たり前のようですが、これまであまり深く考えることも無かったですね。

あ、鯖の味ですか?

言うまでも無いですね、絶品ですよ。

今日の一枚は、ホントは鯖の写真だったんですが、食べるのに夢中で撮り忘れです。

お粗末。

 

 

小休止。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

ふぅ・・・

090509.JPG

ここ何日かかけて見積調整を行ってきたんですが、何とかメドが付いたので・・・

Have a break!

(あとは、変更や減額について納得していただけるかどうかです・・・)

 

と、休憩にブログを更新していて、これが休憩になるのかどうか。

 

 

先日の「新居町巡り」の第2弾です。

 

090508-1.JPG

こちらは、新居の関所近くにある当時最も栄えた宿場の「旅籠紀伊国屋」です。

間口に対して奥行きがかなりあって、ウナギの寝床みたいな建物なんですが、脇には庭が効果的に配置してあり、どこに居ても居心地が良さそうでした。(快晴のお陰もありますが・・・)

下は、他の写真です。

090508-2.JPG

裏の入り口はこんな感じで、ランダムに屋根が見えてゆったりとした建物配置。

その空きスペースに庭石や植栽があまり意図的ではなく配置されて、更に好印象。

090508-3.JPG

ここでもやはり軒が深い。奥行きがあり、陰影のメリハリが効いています。

090508-4.JPG

2階の客室。天井の低さたるや!小柄な僕が巨人になったような感覚になります。

この天井の低さが、外から見た建物の印象を低めにして格好がよく見えます。

 

<オマケ>

090508-5.JPG

風呂場も見学可能なんですが、よく見ると・・・・

090508-6.JPG

おおっ、あなたは由美かおる!

鉄板ネタが待ち受けてました。(笑)

 

昨日ですが、新居の計画に伴う都市計画法の申請を提出に新居町まで行ってきました。早い所では既にGW突入しています。そして、天気も行楽日和のような状態。時間に提出が無事終了して、折角なので新居町の名所旧跡巡りをしました。

今回は其の壱。

090501-1.JPG

新居関跡です。どうやら現存する唯一の関所建物なんです。中には当時の様子を再現した状態になっていたり・・・

090501-2.JPG

東海道を経由して江戸へ行き来する人や物を取り締っていた訳です。遠い古を身近に感じることができて、ワクワクしてしまいました。

建物的には、日本建築ならではの軒の深さ、現在よりは高さを押さえた感じがあって1枚目の写真からも判るのですが、プロポーションが良いです。

090501-3.JPG

夏は居心地が良さそうな縁。

090501-4.JPG

軒が深く、室内外のコントラストが効いて庭を愛でてる感じが良い。

さて、次は関所近くの宿場ですが、次回に持ち越しということで。

先日の事ですが、新居町(浜松市近郊です)の仮地盤調査の立会いをしました。

「仮」と言っている訳は、本来は計画建物の四隅及び中心の計5ポイントの計測になるのですが、まだ建替え前の建物があるので、本来の計測ポイントの近くを計測する為です。

その結果を基に地盤の検討を行うことになります。

固い地盤であれば、計測機器の重りがゆっくり下りていくので、心の中で「留まれ~。」と念を送っていました。

ただ、結構なペースで下りていってしまいました。

でも、大丈夫です。これも想定内。
今回の検査は、元々の地盤が盛り土と思われていましたので、その確認に近い意味合い。

この検査結果を基に、地盤の補強計画を行います。
見えない部分になりますが、地盤がしっかりしないことには始まりません。

 

 

こんにちは。

土曜日は、打合せで浜松方面へ。

進行中の計画も、いよいよ佳境に入り。密な内容で打合せも進みます。
話に力が入り過ぎ、夕方近くから始まった打合せも終わる頃には、すっかり夜も更け、日も変わり・・・

遅くまでスイマセンでした。

そんな訳で、帰路に就いて家に着く頃には丑三つ時です。

そこで一枚・・・

090420.JPG

写真では伝わりにくいですが、普段通りがある所が静まり返っているのは不思議な感覚。
でも、その雰囲気は何だか嬉しいような。
(打合せがスムーズに進んだせいかもしれませんが。)

ただ、よくよく思い返せば撮影場所は、家の近くの平和公園。
墓・墓・墓。

何か写ってなければ良いですが。

その後は、夜に高速を走ってきたからか、神経が高ぶってなかなか眠れずで、CSで放映していた、新幹線が出来る過程を明け方までボーッと観ていました。(なかなかマニアックな内容で面白かった。)

 

 

今日は、調べ物があったので浜松の法務局まで行って来ました。

天気も良好。ETC平日割有。・・・是、気分も良好。

途中のサービスエリアからの景色は、山全体で春を表現しているようで、心がフワフワした気持ちになってしまう。

この桜が終わると新緑の季節。新緑の若葉でモコモコした状態を、日本では古くから「山が笑う」と表現するそうです。なるほど、言い得て妙。この季節も待ち遠しいです。

さてさて、浜松の法務局ですが、出かける前に「浜松 法務局」で検索して出てきた結果を適当に選択したら、駅前ビルのアクトシティにあるとの事でした。という訳で、アクトシティへ出向いたのですがありませんでした。

インフォメーションのお姉さんに聞いたら、2年位前に移転したとの事です。

・・・随分前の情報を元に来てしまったなぁ。

結局は、近くだったのでそう問題にはならなかったのですが、インターネットは便利ですが使い手が気をつけないと色々問題が起きそうなので、気を付けたいと思います。

トピック一覧