愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

イワタケンチクブログ

建築家の仕事からプライベートまで、徒然なるままに綴っています。ゆる~く、お付き合いください。


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  | All pages

170908-1.jpg

急な告知となりますが・・・

このたび、クライアントのご厚意により「細長い家」オープンハウスを開催いたします。


■ 日付 : 2017年09月17日(日)・18日(月・祝)の2日間

■ 時間 : 10:00~17:00

■ 場所 : 愛知県一宮市

■ 構造 : 木造2階建て


170908-2.JPG


母屋に寄り添うように計画された住宅です。

建てられる条件が限られた中で、出来る限り距離感を検討しております。


スキップフロアによりできる空間を最大限活かしつつ、クライアントのこだわりが詰まった空間を体験ください。


■予約制とさせていただきますので、電話(052-763-1183)か「お問い合わせ」から「オープンハウスについてのお問合せ」を選択してお申込みください。

 こちらから詳細なご案内(地図等)をお送りさせていただきます。


■お願い

 見学いただく住宅は、引渡し前のクライアントの大切なお住まいです。

 建物内で走ったり、汚されたりないよう、ご配慮いただきたくますようお願いします。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

170912-1.JPG

実績紹介」にて「外廊下のある家」を公開いたしました。


是非、ご覧いただければと思います。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


今回の仕入れ。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日、イケアに行ってきました。

我が家が行くのは神戸のイケアです。

行ったからと言って、大して大きな買い物をする訳では無いのですが、アレコレと見て回るという感じですね。


そんな中、今回の仕入れ(情報)は・・・。

170522-1.JPG

LED電球(調光可)

それぞれ同じ金額で899円(イケアファミリーの場合)。これはなかなかに安いです。

しかも見た目がかなり電球に近づきました。(エジソンランプっぽくもあります。)


170522-2.JPG

事務所の器具に取り付けてみたの図。

手前2つが今回のモノで、奥の1つが今まで付けていた同じくイケアの調光可能なLED電球。

見た目の違いも大きいですが、電球の根本の辺りが以前のモノは熱くなっていたのですが、今回のは熱くなりません。

色々と進化しております。


ただ、奥のは白熱球で60Wの明るさがありますが、手前2つは60Wに満たない・・・。

惜しい!非常に惜しい!

でも、その内また新しくなった時にはきっと・・・。


名古屋(長久手市)にも、この秋イケアができますので、色々と便利になりますが、暫くは寄り付けないほど混むのかと。


以前、イケアのキッチンを取り付けた「小さな平屋」の時はクライアントと神戸に行ったりしましたが、秋以降はイケアの店舗手配で設置も出来るようですので、東海地方でも設置しやすくなると思います。

ただ、設置するまでの状況(建築的な部分や、設備的な部分など)は、ある程度準備する必要はあるかと思うので、完全に個人でDIY!という部分では難しいところも出てくると思います。


今回のイケアに行った際も、キッチン関係の資料はくまなくいただいてきましたので、何かしらアドバイスはできるかもしれません。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

今年も風物詩がやってまいりました。

170520.JPG

スプリングキャンプ-春のテント祭り-


・・・ではなくて、運動会です。

最近は春の運動会が多いようです。

10月の秋の運動会も残暑が厳しいですが、5月末はどうしてか毎年暑い!


という訳で、皆さんこのように万全な体制で迎えております。

ただ、年々規模が大きくなっているようにも感じます。


我が家は小さなサンシェードしかありませんので、隅の方でコッソリとベースキャンプを張りました。


それにしても暑かった。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「細長い家」では、断熱工事が終わりましたので、中間検査の第2回目を実施しました。

初めての中間検査の第2回目でしたが、何も指摘無く無事終了です。

現場は・・・

170515-1.JPG

断熱材が隙間なく埋め尽くされております。

170515-2.JPG

予備室もご覧の通り。

170515-3.JPG

断熱工事を終えると、空間の音の響きが違うように感じで、何というか静寂がそこにあるような・・・。

そんなイメージの1枚です。


因みに、ブログタイトルについては、検査員の方がこの断熱の事を「かまくら」と表現されていた為で、何かの一大事があった訳では決してありません。


それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

GW明け。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

170509.JPG

GWが明け、事務所に着くと鉢植えのねむの木(エバーフレッシュ)から、新しい芽がニョキニョキと出てきてました。

もうかなり伸び放題。

鉢の中も多分根っこがぎゅうぎゅう詰めです。


植え替えをしないければ・・・。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

GW。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

170508.JPG

GWは、大阪に行ってきました。


・・・とうのは嘘です。

実はココはレゴランド。


色々な建物や景色が再現されているのですが、再現率が凄い!

絶対建築好きの人が作っています、きっと。


ネットでは色々噂が立っているレゴランドですが、子供は楽しそうに過ごしていました。

(ただ、ご飯はお財布に厳しいです・・・。)


それでは。



 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


国が違えば・・・規格が違う!

170421.JPG

「細長い家」では、「外廊下のある家」と同じく、外付けの電動ブラインドが付きます。

このブラインドはオスモ&ヴァレーマ社のドイツ製でございます。


ですので、部材の色決めにあたっては、ドイツ規格の塗装色を選ばなければいけません。

それがこの写真という訳です。


日本の場合は、多くが「日塗工」と呼ばれる日本塗料工業会による規格番号を伝えれば、殆ど大丈夫ですが、このドイツの規格は、「RAL」と呼ばれる標準色票となります。


カラーチャートの見た目は双方似ているのですが、並び順とかが微妙に違い、選ぶ前に違和感があって、なかなか苦戦しました。


部材色の方はクライアントとの打合せで、無事決まりましたので、この番号を基にドイツで製作され船でドンブラコとやってくる予定です。


それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ブログのタイトルだけで息切れがしそうな感じです。

170420.JPG

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」に関して、「省エネ等住宅」を新築した場合に、贈与税の非課税となる限度額の上限が上がるという制度です。


その申請を初めて行いました。

今回は「省エネ等住宅」の認定を受けるにあたり、断熱等性能等級の等級4を取得することにしましたので、

最近の申請での外皮計算の経験を活かしております。

(因みに外皮計算は、大雑把な説明ですが、床・壁・天井(屋根)がどのような性能の断熱材で覆われていて、その断熱材にどのような性能の穴(窓)がどれだけ開いているかを計算して、建物全体の断熱性能を計算したものです。)


ただ、これまでと決定的に違うのは、中間検査と完了検査がある点です。

従来の中間検査と受けるタイミングが違う新たな中間検査・・・。(完了検査は同じタイミングです。)

未知なる世界です。

主に断熱材のチェックだとは思いますが、何をどのようにチェックされるのか?

ちょっとドキドキします・・・。


因みに写真が済証の写真では無く申請書となっておりますが、完了検査を受けて初めて発行されるそうです。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


先日、無事上棟を終えた「細長い家」ですが、今日は構造担当にも立ち会ってもらい金物検査を実施しました。

特に問題なく終了です。


現場の様子は・・・

170419-1.JPG

力強いアピールが外壁面にビッシリ。

これは、構造の耐力壁の面材であるダイライトという材料についているマークです。

至る所に付いていて、「地震に耐えまっせ。」という心強い感じもします。

耐力壁の面材としては、他に構造用合板を使用することもありますが、壁の断熱材が万が一結露した場合に、ダイライトは湿気を通す材料という理由で採用しております。

断熱材の部屋側に「蒲郡の平屋」のようにフィルムを施工すれば、必要ありません。今回は断熱材の種類が違うので、このような対応になります。

答えはひとつではなく、状況によってケースバイケースですね。

 

さて、他の状況は・・・

170419-2.JPG

奥の予備室のみ、火打梁が見えてくるので鋼製のモノを採用。

軒の高さが低めなので、この火打梁は頑張れば届くので、ちょっとした物を掛けたり、懸垂も、ぶら下がり健康器としても・・・アリかもです。


170419-3.JPG

トップライトが現場に搬入されたようで、天気の良い内に穴あけして設置をしてもらいます。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


4月とは思えない程の暖かさ(暑さ)の中、「細長い家」の上棟を終えました。

170414-1.JPG 

細長いが印象的に表されております。

実際は、ある程度の空間で仕切られますので、このような景色が見えるのは今だけ。

骨組みだけの状態は、色々と考えが表されている点があって好きです。


170414-2.JPG

今回は増築工事で、母屋側からの景色はこのような感じになります。

同一敷地内なので、どのように陰が落ちるのか、視線の交錯が無いように、と色々な検討を経てこのようなカタチになりました。


クライアントのご家族の皆さま、おめでとうございます。

現場関係者の皆さま、これから暑くなりますが、現場はご安全にお願いいたします。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「細長い家」の浴室はユニットバスです。

そのサンプル帳を借りにリクシルのショールームに行ってきました。

170411.JPG

広い!綺麗!

リクシルなので、INAXでトステムでサンウェーブで新日軽でTOEXで・・・

今や総合建材メーカーとしては超巨大です。

パナソニックと並んで、このショールームに行けば、だいたい揃っているので見れてしまう。


・・・ですが、普段は1箇所で済むような設計はしていませんので、今回はユニットバスのみです。


因みに、リーマンショック以前は、サンプル帳は請求すれば送られてきて、そのままいただけました。

しかし、リーマンショック以降は、2週間のレンタルですので、借りに来ている訳です。

サンプルをそのまま捨てられることを考えれば、かなり省エネにはなっているとは思います。

少々面倒くさいですが・・・。(因みにショールーム定休日に返却に行って、出直しをしました・・・。)


尚、カタログの色と実物の色は似ているのようで全然違いますので、このサンプル帳のお陰で現場での取り決めもスムーズに終えることができました。


それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

170323-1.JPG

「細長い家」の配筋検査を行いました。

構造の担当からも、水糸を張って入念のチェックが入ります。


基礎自体はそれほど複雑な形状をしている訳でもなく、特に問題はありませんでした。


170323-2.JPG

地鎮祭の際に、神主さんよりいただきました「鎮物」のお札の確認も完了です。


凄く窮屈そうで申し訳ない限りですが、どうかよろしくお願いいたします。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


随分久しぶりの登場になりますが、「外廊下のある家」では春も近づきましたので、お庭の工事が始まりました。

この写真は、まずは土作りからとの事で、何種類かの土を撹拌している所です。

とは言っても、小型のショベルカーでかなり大胆に進んでいきます。


その日の休憩でクライアントのご家族にコーヒーをいただいていた時に、居間にあるオーバーホールを終えたピアノの前に、造園家の金子さんがふと着席。

170322-2.JPG

ゆったりとした曲調で、それはそれは優雅なひとときが流れております。


お茶も嗜み、ピアノも弾ける。

いやぁ、引き出しが多いです。


・・・春ですので、何か始めようかな。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


常々、違いのわかる男。になりたいと思っております。

違いがわからないと、何が良くて、何が悪いか、という点が自身の中で確立できないですし。


でも、正直違いがわからない事が多く、不惑の年を過ぎても迷い続ける日々。

日々是精進。


しかし、これはわかる!

170321.JPG

「!?」

息子のこのスイングは違う。

じっくり矯正していきます。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


170311-1.JPG

「細長い家」の地鎮祭が執り行われました。

(写真は非常に分かりづらいですが、地鎮祭の時に作られていた小さな砂山です。)


本来であれば昨年の10月に現場がスタートする予定でしたが、漸くスタートです。

インターバルがあって、急に動き出した為か、少々現場がもたついておりますが、直に平常運転になると思います。


170311-2.jpg

事務所としては、初ですがスキップフロアを採用しております。


気を引き締めて参ります。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


170225-1.JPG 

「蒲郡の平屋」のお引き渡しを終えました。

・・・とは言うものの、「外廊下のある家」と同じく、外構工事等が残っておりますので、これまたひと区切りという感じになります。


ただ、クライアントご家族の生活は今日からスタートとなります。

ひと区切りですが、おめでとうございます+ありがとうございます+お待たせしました。

一言では表現は難しく、色々な思いがありますね。


さて、引渡しの際に・・・

170225-2.JPG

建設会社さんの方で用意されたものは、何とテープカット。

これは初めてな経験。


自分はテープカットするような事があるのだろうか?

ふと考えてしまいました。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「蒲郡の平屋」です。

それは、竣工も近づいてきたある日の事です。

170223-1.JPG

・・・やられました。

モルタルがそろそろ乾く頃に横断されたご様子です。

ちょっとだけ遠回りしてくれれば良かったのですが、猫様わ真っ直ぐ進むことをご英断されました。


こんな置き土産はイヤだ。


170223-2.JPG

カワイイと言えば、カワイイのですが。


職人さんには申し訳ないのですが、補修をかけるようお願いしました。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


170215.JPG

「蒲郡の平屋」は引き渡しまであと少しとなりました。

「外廊下のある家」と同じように、引き渡し後に外構工事がありますので、ひと区切りな感じにはなりますが。


工事の終盤は、決定事項・指示事項等もなく、監理者としては出来上がっていく様子をチェックする事が殆ど。

そして、職人さんが誰も入らない日もあったりして、今日はその日。


静かな現場で監督さんと色々確認・調整をします。

あと少しです。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「蒲郡の平屋」にはヘビが居ます。



・・・というのは冗談です。

でも、ヘビのようなモノは居ます。

それは・・・

170209-1.JPG

銀色のヘビが床下にニョロニョロと・・・。

170209-2.JPG

ウネウネと・・・。


実は、これは床下に這う換気用のダクト。

建築では、蛇腹なんて呼ばれるので、ヘビという訳です。


「蒲郡の平屋」は、シックハウス対策の換気を機械での給気と排気にて行っています。

(よくあるのは、自然給気と機械排気というのが多いです。)


一度、外からの吸った空気を基礎断熱をして外というよりは屋内である床下を循環させて、ある程度室内との温度差を小さくします。

その後、屋内に吹き出し口から出てきます。

更にその後は、各室に設けられている下の写真のような吸気口から吸い込み、床下でまとめて排気します。 

170209-3.JPG

「吸ってます。排気ではありませんよ。」



それでは。




 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


厄落とし。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

170203.JPG

今年、本厄です。


自身の地元では年中行事的に色々あるところではありませんので、近くで豆まきをさせていただき、厄落としをしてまいりました。


贅沢は言いませんので、平凡で平和に過ごせますように。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ローアングル。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

170201.JPG

建築士会の学生コンペの打合せでセントレアへ。

ですが、手前の常滑のイオンで時間調整中。


流石常滑。

とてつもなく大きい招き猫。


かなりのローアングルから攻めてみました。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


勢揃い。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

170129.JPG

建築士会の名古屋北支部で主催されいてる、建築コンクールのシンポジウム/公開審査を聞きに、金山まで行ってきました。

ここでミソなのは、「金山で。」という事です。

例年は東京で開催されているのが、今年からは名古屋なんです。

審査員の方は・・・

【建築家】中村好文・栗生明・古谷誠章・伊礼智

【構造家】江尻憲泰

この面々が一堂に会する事は、名古屋ではほぼ無いと思います。それほどの豪華メンバー。


いやぁ、凄く聴き応えがありました!


・・・と言いたいところですが、開始時間を勘違いして、まさかの遅刻です。

後半だけですが、それだけでも聴き応え十分です。

(初めから聴きたかったです・・・。)


来年も楽しみです。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「蒲郡の平屋」の現場は、先回は芸術が爆発しておりましたが、それがどうなったかと言いますと・・・

170126-1.JPG

壁が綺麗に仕上がりました。

あの斑模様は何処へやら。

細長い換気用のスリット窓の向こうに隣地の柑橘類(何かは不明)が良いアクセントとなっております。

 

170126-2.JPG

食堂から台所の方の見え方もスッキリしました。

(ようやくキッチンの設置も完了し、監督さんもニンマリです。)


170126-3.JPG

こちらは小屋裏収納でして、建物全体の空気が流動するように、隙間が空いております。

小屋裏とは言うものの、普通の階段で昇り降り出来るようにしておりますので、何だか不思議な空間です。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


170117-1.JPG

やっとの事で「多治見市モザイクタイルミュージアム」へ行ってきました。

オープンはしたものの、近いのでいつでも行ける。と思ってズルズルと今日に至っておりました。


写真からも溢れ出る「藤森ワールド」全開です。

170117-2.JPG

エントランスの扉。

見た目に反して自動ドア。古くて新しいです。

アプローチの亀甲型の敷石。

庇の銅板葺き。

色々な要素が丁寧に積み重ねられる事によって、雰囲気・世界観は構成されていくのですね。


170117-3.JPG

勿論、展示のモザイクタイルも好物なので、見どころは満載です。

170117-4.JPG

これは、過去のモザイクタイルの展示。

昭和な世界ですが、今リバイバルされていて、これも古くて新しい。

170117-5.JPG

今現在のモザイクタイルも展示されています。

「あー、こういうのもモザイクタイルかぁ。」と新しい考え方も吸収。

170117-6.JPG

「カワイイな。」アクセントで何処かで使おうかなぁ。


なんて、色々考えながら帰路につきました。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


年明け初めの「蒲郡の平屋」へ。


170112-1.JPG

「!?」

現場に派手なペイントが・・・。


これは、クロスを貼る前の下地調整の為にパテ剤が塗られた様子です。

ボードの継ぎ目や、ボードを固定した際のビス穴等。

クロスの貼り上がりの為に、繊細な作業がされています。


ですが、その様子は芸術が爆発したかのよう。

 

170112-2.JPG

知らない方がコレだけ見たら、ビックリするでしょうね。


170112-3.JPG

この寝室がどのように仕上がるのでしょうか。


仕上がりを期待します。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


161218-1.JPG

友人宅でのクリスマスパーティー。

流行りに乗った「パリピ」というヤツ・・・ではないなぁ。


クリスマスパーティといえば・・・


161218-2.JPG

「たこパ」でしょ。


美味しゅうございました。



それでは。 


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


本日の「蒲郡の平屋」の現場です。


下地のボードも張り終わり、段々と空間がハッキリしてきました。


161222-1.JPG

これは、シューズクロークの棚受の金物。

何だかとても痛そうに見えます・・・。 

161222-2.JPG

こちらは、取り付けられるのを待つキッチン。

どうやら現場監督さんが発注のタイミングを間違えたようで、まだしばらくココに鎮座する予定です。


161222-3.JPG

これは、ユニットバスの洗い場。


・・・ですが、どうもドラゴンズファンとしては反応せざるを得ないです。

いやぁ、あの頃が懐かしい。苦笑



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


nicoe.

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

161215-1.JPG

nicoe(ニコエ)に行ってまいりました。

とは言うものの、用事の次いででしたでの到着時は、既に日が傾いておりました。

ですが、夜景の雰囲気が良かったのでパチリ。


ここは、うなぎパイで有名な春華堂の 提案型スイーツ・コミュニティとの事。


その施設内に目的地もあっての訪問でした。

それは・・・

161215-2.JPG

この遊具。

あえて言えばジャングルジムとでもいう感じでしょうか。

とは言っても、普通のモノとは違います。

設計は谷尻誠氏との事です。


実際は入れる部分は少なく、フレームの間にネットが張ってあってトランポリンみたいでもあります。

最初はデザイン優先でオブジェみたいなモノと思っていたのですが、案外楽しかったです。


161215-3.JPG

そして、イルミネーションの季節でもあり、中庭のイルミネーションは規模はそれほど大きくはありませんが、かなり綺麗。

僕好みです。(どうも青色LEDのイルミネーションは苦手で・・・)


161215-4.JPG

この子は、トイレ入口辺りの床にプロジェクターで映し出されたキャラクター。

色々な動きがあって、カワイイ感じです。

こういった遊び心は大事です。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


何事も筋を通すのは大事です。

こんな感じで・・・

161208-1.JPG

「蒲郡の平屋」の廊下のように。

廊下とはありますが、仕切られている訳では無いので一体的な空間です。

この廊下のような空間から右に左に個別の空間がくっついています。


あと、外壁も・・・ 

161208-2.JPG

筋が通りまくってます。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


地区防災会議。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

161120.JPG

地区防災会議に出席してまいりました。


従来の防災マップは、国(国土交通省)が主導で作成されいていたのですが、近い将来に自治体主導が作成することになるそうです。

その前段階として、名古屋市ではモデル地区を2地区選定して、地区防災会議を開催して地元の声を集めて作成をする事になったそうです。

その2地区の内の1つとして、現在の居住地が選定されたのです。

「どうしてここが?」という疑問があったのですが、区役所の職員さんと名大の先生の話によると、この地区は山と谷が複雑に絡み合っているので、斜面が結構あったり、雨水の流れがあるからだそうです。

(余談としては、縄文時代から人が住んでいた痕跡があるという話は非常に興味深かったです。)

因みに、もう1地区は津波の心配から港区のどこかだそうで、極端な2地区が選定されているようです。


会議に出席し、近くて遠いご近所さんと話し合いをして地図を作成するというのは、非常に大事なコミュニケーションという感じがします。


また、普段は広報とかで素通りしてしまいそうな情報も、こういった会議に出ることで「そうなんだ・・・。」という情報も多いです。


因みに、この会議に出席して知って良かった情報(僕が知らなかっただけという話もありますが。)としては・・・


名古屋市としては、地震等の緊急時には、体育館等の避難所で過ごす事もありますが、住民全員を受け入れられる程のキャパシティは無いそうで、基本的には自宅にて待機をして欲しいという考えだそうです。

自宅待機の場合に、最寄りの避難所に自宅待機をしている事と、その人数を伝えておくと、食料等の物資は確保しておいてくれるそうです。


もし、ご存知でない方がみえた場合は、お見知りおきください。


また、来年にも地区防災会議がありますので、出席する予定です。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


今まで何度か「アレがない。」というブログを書きました。

そして、今回の「蒲郡の平屋」での「アレがない。」は・・・

161117-1.JPG

お風呂(ユニットバス)!・・・はあります。

アレというのは、その天井です!


これも建設会社の仕様になりますが、機械給気・機械排気を行う高気密・高断熱の住宅では、湿度が低くなりがちなので、お風呂の蒸気(湿気)を建物全体に行き渡らせます。

なので、この建物は建具は少なめで、ランマのような箇所が多々有り、空間はほぼ一体化しております。


とは言うものの、このような試みは初めて。

若干ドキドキしております。

(あと、エコキュート本体を建物内に設置します。それも初めてで、ドキドキだらけ。)


この光景はなかなか見られない・・・

161117-2.JPG

天井が無いので、お風呂を見下ろすこどができます。


他では、床貼り工事が進行中ですが・・・

161117-3.JPG

フローリングの下にもフィルムがあります。

これは気密確保の為ですが、これも初めて。

初めてづくしでございます。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「蒲郡の平屋」では、断熱工事が進行中です。

その断熱材が・・・

161110-1.JPG

「ももいろ」の空間を演出しております。

今回の断熱材の種類は、高性能グラスウールを使用しております。

グラウウールは、一時カビの問題やチクチクするだとか、ネガティブな情報が多かったのですが、価格に対しての断熱性能が高く、施工をキチンと行えば、良い断熱材だと思います。(現在はチクチクするような感じもなく、フワフワするという感じです。)


その施工も、キチンと行うと・・・

161110-2.JPG

ミッチリ充填をして、上からフィルムでキッチリ塞ぎます。

これで大丈夫です。

161110-3.JPG

因みに、この写真はスイッチボックスが入る場所です。

ここもキッチリ。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「蒲郡の平屋」の中間検査が・・・ありません。


そう、ここは愛知県。

愛知県の場合、住宅で平屋では中間検査はありません。

(2階以上で床面積が50平方メートルを超える場合は、中間検査があります。)


因みに、近隣県で岐阜県の場合は、2階建ての場合でも中間検査はありません。(他にも色々条件はありますが。)

そして、静岡県の場合は、平屋でも中間検査があります。


足並みは驚くほどバラバラです。


161031-1.JPG

今回は中間検査はありませんが、これは飽くまで手続き上の話だけで、設計者としてキッチリ検査をしております。


161031-2.JPG

現場では、電気の打合せを着々と進めます。

骨組みの状態で、配線を進めないとキレイに収まりません。


161031-3.JPG

そして、今回の建設会社さんの仕様は高気密・高断熱。

その高気密がこの写真からも伺えます。


気密ヨシ。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


快晴の中、「蒲郡の平屋」の建前が行われました。

161018-0.JPG


161018-1.JPG

当日は、抜けるような青空で、秋なのにまだまだ暑い日でした。

しかし、職人さんのテキパキした動きで、スムーズに進んでいきます。

161018-2.JPG

恒例の「いの一番」柱。

プランによっては、この柱が無いときもありますが、今回はあります。

ただ、以前のようにとりあえずこの柱を一番に建てるわけでは無いようです・・・。

そして、夕方が近づくと、周りが少々慌ただしくなってきました。

161018-3.JPG

餅まきの準備が進んでおります。

自身としては2回目の経験です。昔はよくあったようですが、最近は珍しく貴重な体験です。


そして、その時がきました!

ですが、写真なし。


もうそれどころでは無いです。(笑)


161018-4.JPG

終わった頃には、こんな景色でして、一日やりきった感があります。

(私は作業してないですけど。)


クライアントのご家族の皆さま、おめでとうございます。

現場の方々、これからも安全第一でお願いいたします。


自身は気を引き締めて参ります。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


とある相談で大垣まで。

「そう言えば近いな。」と寄ってみたら・・・

161010.JPG

閉鎖されていました。(しかも少し廃墟っぽい・・・)

元々の管理している施設も閉鎖されているようでしたので、どのような経過でこうなったのかは不明です。


この建物は、SANAAが手がけた「マルチメディア工房」という建物で、建築学会賞を受賞したり、その事で色々物議を醸し出したり・・・と話題の建物でした。


当時、学生だった自分も建築雑誌で見た時は、かなり衝撃を受けたものです。

衝撃を受けただけあって、記憶は鮮やかなままでしたので、このような状況を目の当たりして、時の流れをしみじみ。


歳取ったなぁと。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「蒲郡の平屋」は、少し高めです。


値段が!?・・・ではありません。


160917.JPG

基礎の立上りがです。


床下に換気システムの機械が据え付けられ、メンテナンススペースも必要な為です。

よって、立上りの型枠もいつもより少し仰々しいです。

あと、これも工務店仕様になりますが、基礎配筋にD16といつもより径の太いものが使用されています。

かなりガッチリした感じがします。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「外廊下のある家」の引渡しが完了しました。

160830.JPG

外廊下の雰囲気がわかり易い写真です。

ここまで、長い時間をかけてクライアントのご家族には随分お待たせしてしまいました・・・

と言う所ですが、実際はまだお庭の計画やら、既存の家屋の解体やらとまだ続きます。


なので、これはひと区切り。


お住まいは、とりあえずお引き渡しできて、ホッとしておりますが、引き続きよろしくお願いします。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160810-1.JPG

「外廊下のある家」も養生が取れて、完成の状態が見えてきました。

右手前は巨匠のオマージュでござます。

160810-2.JPG

ちょっとした畳スペースも良い雰囲気になりました。

160810-3.JPG

外廊下とのつながりも。

160810-4.JPG

外廊下は様々な空間を経て、アイストップのタイルにたどり着きます。

160810-5.JPG

ガレージから見た外に緑が映えております。

良い景色。


もうすぐ竣工を迎えます。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 



「外廊下のある家」の本日の現場です。

160723-1.JPG

ようやくですが、「外廊下」が何となく見えてきました。

ここにデッキが張られ、外側にブラインドがかかれば完成の雰囲気はきっとヨシ。


160723-2.JPG

吹き抜けからの見下ろしもこんな感じに・・・。

外廊下が内と外を緩やかに繋いでくれます。


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160712-1.JPG

「外廊下のある家」の塗り壁が仕上がりました。

先回の真っ白な下地とは違い、少しだけブラウンです。

この「少しだけ」に辿り着くまでは、色々な試行錯誤がありますので、自身もクライアントも結果を目の前にしてニンマリです。


160712-2.JPG

左奥がちょっとした畳スペースで、床レベルが上がっています。

こういうスペースは色々と重宝されます。


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」の現場では、塗り壁材となる下地が貼られております。

160707-1.JPG

材料としては、和紙のような材料です。

これがあるので、上塗材が割れるのを極力防いでくれます。

下地とはいうものの当然キレイに貼りますので、まるで仕上がったかのようです。


160707-2.JPG

「コレもあり?」かと思ってしまいますが、クライアントご家族と「あーでもない、こーでもない。」と決めた塗材が、この後に塗られますので、楽しみです。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160627-1.JPG

タイル。

「外廊下のある家」のアクセントとなる壁のタイルが張り上がりました。

以前、ブログにも書かせていただきましたが、職人さんによる1枚1枚手張りなのです。

が、目地はキレイに揃っております。流石です。


160627-2.JPG

このタイルの壁は、玄関を出たらアイストップになるような配置となっています。

そして、外廊下の行き止まりともなっています。

僕個人としては、壁を拠り所とするところがあり、結構壁好きだったりします。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160624-1.JPG

「蒲郡の平屋」の地鎮祭が執り行われました。


納得のいくまでプランを詰めておりましたので、いつもゆっくりなペースで設計を進める方なのですが、今回は更にゆっくり。

しかし、この時間が大事です。

そして、現場が始まりますのでこれからです。

気を引き締めてまいります。


160624-2.JPG

景色の良いこの場所で、機械の給排気を行う「超」が付くほどの気密住宅が出来上がります・・・その筈です。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」の現場です。

160622-1.JPG

足場が倒れないように支える監督さん。

・・・では無いですが、高さのある足場がリビングに組んである様子が判るかと思います。

今回のリビングは、吹抜があります。

普段の設計では、吹抜を採用するにあたって、やはり夏の暑さ・冬の寒さ等をどう対策するか?が問題になったりしますので、夏の熱気が抜けるように窓の配置を検討したり、冬は暖の取り方を検討したり・・・という必要があります。


160622-2.JPG

そして、壁の仕上げを前に、枠とか巾木とかの塗装が先行して行われました。

ここまで濃い色の枠を採用したのは、初めてなので仕上がりが楽しみです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


岩村城跡。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

梅雨の只中、岐阜県恵那市にあります「岩村城跡」へ行ってきました。

天空の城と呼ばれる「竹田城」の方が有名ですが、ここもマチュピチュのようだと言われる程のところです。


特にコメントは書かず、写真を・・・

160621-1.JPG

160621-2.JPG

160621-3.JPG

160621-4.JPG

160621-5.JPG

160621-6.JPG


日本一標高が高い場所に構えた岩村城との事で、城跡だけではありますがかなり山奥にあり、以前はここに城がそびえ立って居たのかと思うと、感動します。


160623.JPG

色んな景色がラピュタのような世界です。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160618-1.JPG

先日、建築士会による企画の「庭園見学会」に参加してきました。

池下駅近くにある「古川美術館」の分館である、「為三郎記念館」が見学先です。

講師は、為三郎記念館のお庭の手入れ・デザインを引き継いでみえます、野村勘治先生直々に案内していただくという、何とも贅沢な企画でした。

160618-2.JPG

「ここが池下なの?」という景色が目の前に広がります。

(ふと見上げると、数年前に完成したタワーマンションがそびえ立っているのが見えるので、「確かに池下。」という事が判ります。)


160618-3.JPG

池下はその昔は、名古屋の東端に位置したそうで、ここは言わば別荘地との事です。

なんとも優雅な話であると同時に、現在との状況の違いに驚きます。

160618-4.JPG

160618-5.JPG

160618-6.JPG

どこもかしこも目の保養。

贅沢な時間を過ごさせていただきました。


それでは。 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「蒲郡の平屋」は長期優良住宅の認定を受けております。


長期優良住宅の扱いは少々久し振りとなります。

そもそも普段の住宅も長期優良住宅基準はクリアしているのですが、書類を提出して認定を受けるのは久し振りです。

(蒲郡の平屋に関しては、超が付くほどの高気密で断熱材もミッチリなので、余裕がかなりあります。)

以前のように助成金を潤沢に受けられるという状況では無くなりつつありますが、竣工後の税制の優遇等をクライアントが検討されて要望される場合は、当然ですが対応いたします。


因みに、長期優良住宅の最終の書類審査は行政が行う訳ですが、蒲郡に関しては提出先が県となります。

行政サービスは一律ではありますが、やはり市より県のほうが厳しいイメージが・・・。


少々緊張して提出です。

160617.JPG

目の前に立ちはだかる壁が・・・


なんて事は無く、通常通りに審査は通りました。


ただ、色々と手続きは面倒段取りが多いような気がします。



それでは。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」の現場は、本日も粛々と進みます。


160616-1.JPG

外壁の一面にタイルを採用しており、外観の重要なアクセントとなっております。

ただ・・・選択したタイルが一枚づつ貼っていく種類です。

左官屋さん、面倒をお掛けしておりますが、よろしくお願いします!


160616-2.JPG

内部は下地のボードが貼られ、部屋らしいスペースが確認できます。

窓からは新緑が眩しいです。


160616-3.JPG

そして、これは嬉しい階段の設置です。

これで上下階への行き来がラクラク。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


BIG。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

現場がある場所について、少しその近辺について調べたり詳しくなったり・・・という事があります。

今回の現場は蒲郡市。

その辺りを調べている内にたどり着いた先は・・・

「あいちこどもの国」(場所は西尾市ですが・・・)

160615-1.JPG

その広さにビックリ。

とにかく広い。HPにも「広大な児童総合遊園施設」と謳っている事に偽りなし!

各エリアの移動に汽車のカタチのバスに乗り移動しないと、とても辿り着けない位に広いです。

そして、その先々のエリアも広い。


更に遊具は・・・

160615-2.JPG

規格外に大きい。

160615-3.JPG

大きい。

160615-4.JPG

大きい。


これでは、こどもの国というより、小人の国のようです。


小さなお子さんがみえるご家族の皆さま、オススメですよ。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160614.JPG

「細長い家」の見積用図面が(ようやく)完成です。

上の図面リストの中で「★」が付いている図面があります。

実は、昨年末より我が事務所では、BIM化を進めてまいりました。 

BIMとは、「Building Information Modeling」の略称で、PC上で作成した3次元の建物のデジタルモデルに、様々な情報を与えて図面化できるもの。」です。

BIMソフトを導入すると、どのようなメリットがあるかと言いますと、一つのモデルを基に図面を作成するので、そのモデルさえ作れば他の図面は自動で作成できる!という夢のようなソフトなのです。

・・・その筈です。

現状はかなり険しい道程を経て、ようやく「★」だけ図面化です。

時間の短縮はまだまだで、従来のほうが早かったです・・・。


しかし、先もみえているような気がしますので、根気よく成果が出るのを待ちます。


それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


あじさいの里。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

160612-1.JPG

蒲郡・形原温泉の「あじさい祭り」に行ってきました。

どこもかしこもあじさいだらけ。

その数に驚きますが、それよりも種類の豊富さにビックリ。


こんなにあじさいって種類があるんですね。


160612-2.JPG

個人的には、華やかな感じよりも、やさしい・可愛らしいのにどうしても目がいってしまう・・・。


なぜだろう?



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


春はお祭りの季節です。

という訳で、近くの建中寺のお祭りに山車が出るというので行ってきました。

160604.JPG

ビルを背景に山車がある。


小さい頃から山車と言えば、犬山祭で育ってきましたので、近代的な背景に既視感が無い。

すごく違和感があります。


都会の祭りって感じですね。


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」の地鎮祭の際にお祓いしていただいた棟札を小屋裏に取付ました。

160531-3.JPG

・・・。


最近の設計では、あまり小屋裏空間を設けておりません。

なので、どうしても少々狭苦しい所に、神様に居ていただく事になってしまいます。

申し訳ないのですが、最近の住宅事情とご理解いただければ・・・。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160531-1.JPG

「外廊下のある家」の現場は粛々と進みます。

大工さん絶賛活躍中です。


監督さんと事前に打合せをしてはいるものの、やはり現場レベルでは細かい所で課題が出てきますので、現場打合せで解消していくという感じになります。


現在は、建具の枠も取り付いて、少しは部屋の雰囲気を感じることができます。

160531-2.JPG

このように枠が図面通りに出来ているのを確認する訳ですが、僕は図面を書いているだけで、現場でその通りに出来ているを見て、「大工さんは凄いなぁ。」と感心しております。

(後で「大工さん凄いっすね。」とはお伝えしております。)


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

職業病!?

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |


イケアにて、ふと目に入ったモノを見て・・・


「イケアにもリクシルの製品があるんだ!?」と思ったのがコレ・・・





160526.JPG

「・・・・。」


これはもう、職業病みたいなモノです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


情報収集。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

神戸へ来ると、ほぼ間違いなく訪れる場所・・・イケア。

今回もとりあえず的に・・・。


色々宛てもなくブラブラして、気になるものを見たりします。

そして・・・

160523-1.JPG

キッチン関連のパンフもいただきます。

小さな平屋」にはイケアのキッチンを導入しているのですが、当時はネットの情報だけで何とかんるかと思ったものの、ネット上の情報はどうも少ない・・・。

という事で、イケアの店舗まで来ると、このカタログがあって詳しいことが色々書いてあるのです。

導入の際は必須のブツです。


160523-2.JPG

こういった物も、現在計画中の何処かで使えるか?どうか?等々考えながらグルグル。


それにしても店舗が広いのでの、1周回る頃にはヘトヘトです。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


神戸再び。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

160522.JPG

春の陽気に誘われて・・・有馬温泉からの「六甲枝垂れ」


何年か前に来たときは、子どもはまだ小さかった、と成長を感じながら、今回はここまでしか辿り着けておりません。

また次の機会に伺いたいと思います。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160521.JPG

春キャンプに来ています。・・・・嘘です。


実は、フェスに参加してます。・・・嘘です。


本当は、子どもの運動会です。


!?


場所取り少し遅れましたら、こんな感じです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


不意を突く。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

事務所の観葉植物の植木鉢の下から何やら・・・

160518.JPG

かなりビックリしました。

何か妙な虫かと・・・


春ですね。

植物の生命力にもビックリしました。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160512.JPG

今日は名駅にてBIMソフトであるArchiCADの講習です。

ソフトの扱いに行き詰まってる感満載なので、少しでも解決のキッカケでも掴めれば・・・という感じです。


たまにこういう所にいると、「ビジネスマンみたいだ・・・。」と現状とは程遠いことを思ってみたりします。


人いっぱい。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」は床貼り工事が進行中。


・・・その前に。

160511-1.JPG

コレを仕込みます。

床暖房です、今回はフィルムタイプの電気式であります。

温水タイプほど高温にはならないのですが、じんわりくる感じが良いかと。


その後に・・・

160511-2.JPG

フローリングを施工します。

今回は、オーク(ナラ)材に少し色を乗せております。

これだけ見えてもいい感じ。

仕上がりが楽しみです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160502.jpg

実績紹介に 「コノジノイエ」を公開しました。


是非、ご覧ください。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


GW前半は・・・

160430-1.JPG

昨年に引き続き「海辺百貨店」を満喫。

そして、そのまま宮崎海岸の砂浜でゴロゴロ・・・の後に、


164030-2.JPG

「山」(横着して、レジャーシートに寝転がりながらの撮影です。)


蒲郡の「五井山」の登山(緩い感じなので、トレッキングですかね。)です。

久しぶりでしたので、緩い感じでと思っていたのですが、結構急な斜面が立ち憚り、二日後の現在は身体がとても痛い!


身体の事も改善が必要のようです。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


今シーズンのドラゴンズは、ちょっと違います!

高橋(周)、堂上(直)の台頭。これに尽きます。嬉しい。

あ、勿論ビシエドも。


という訳で、今シーズンは・・・

160423.JPG

ここから。ドラゴンズ外野応援席。

今シーズンは、どんな終え方をするのでしょうか。


因みに、この試合負けました・・・。

久しく勝ち試合を見に行った記憶が・・・。


ひょっとして・・・。


いやいや、変な考えはしないで、何試合かは現地応援しようかな。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


本日の一言。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

打合せを終え、ふと壁を見るとこんな一言が・・・。

160420.JPG

「腹八分目」


当然の如く、始めは「腹目分八」?と読んでおります。


何気ない当たり前な言葉ですが、色々な意味があって深いです。

以前は、心にも留める事も無かったのに、歳を重ねるとミョーに心に沁みる言葉はあります。


最近では「元気があれば何でもできる。」に衝撃を受けました。

この言葉は深いです。


元気が無いと何もできないです。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」では、断熱工事が完了しました。

今回の断熱材も、先回に引き続き「現場発泡ウレタン」です。

160416-1.JPG

ミッチリ詰まっています。

施工状況は良好です。


壁下地を組みますので、電気の配線工事はこれからとなります。


【オマケ】

160416-2.JPG

断熱工事の職人さんの脚立もモコモコしています。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」では、板金工事が始まりました。

160413-1.JPG

最近の板金工事も、電動工具の出番が増えているようです。


160413-2.JPG

今回の屋根は「タテハゼ葺き」で、板金と板金とのつなぎ目の部分は、こうやって人力で「キュッキュッ。」と締めていきます。

全部で何メーター?と考えかけて、結構ありそうなので止めました。

職人さん、お願いします!


160413-3.JPG

まだ、完成状態ではないですが、先端はシャープになっております。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

ながら見。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

今年の桜は、全部「ながら見。」になってしまいました。


160406-1.JPG

通勤途中の脇道に入り、山崎川。

160406-2.JPG

コチラも通勤途中で、事務所近くの公園。

160406-3.JPG

コチラは現場へ行く途中の川沿い。

160406-4.JPG

コチラも現場途中の国府宮さくら祭り。


流石に全部「ながら見。」となってしまうと、花を楽しむ余裕が心に無いのか・・・と呆然。

こういった点は改善しないと・・・。


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


年度が明け、新しい年度!

・・・とは言いつつも、事務所で一人でコツコツ仕事をしていると、何もあんまり変わらない。

事務所の外の景色は、何だかフレッシュな感じがしますので、何だか自分だけが時の流れが止まったよう・・・


そうだ気分を変えよう。

160401.JPG

・・・と「fika」のタルトで気分転換。


最近は、平日でも開店時間前から並ばないと、お目当てのタルトは買えなくなってきました。

並ぶのは極力避けているのですが、fikaのタルトの為なら致し方なしです。


さぁ、新年度です。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


こちらは「外廊下のある家」の現場です。

160328-1.JPG

最近は「コノジノイエ」のブログが多かったのですが、コチラも現場は粛々と進みます。

(他のプロジェクトも並行して粛々と進んでおりますよ。)

この日は、構造の検査です。

構造の面材が張られると、間仕切りの雰囲気も少しは判るようになり、骨組みの時とは違い景色が見えてきます。

より完成の雰囲気が判るようになり、良い景色が広がりそうな予感。


160328-2.JPG

こちらは、床のように見える所は足場でして、実は吹抜けです。

吹抜け上部壁を、補足的に合成梁の変更した部分です。

組み方も綺麗で問題無しです。


以降は、屋根葺き工事や断熱工事が控えております。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


とても天気の良い日に「コノジノイエ」のお引渡しをしました。


随分と長い期間かかりましたが、根気よく待っていただいたクライアントご家族に感謝です。

引き渡しの説明中(監督さん曰く「終わりの会」)、ふと中庭デッキを見ると・・・

160326.JPG

ハルくんとトーマスが遊ぶ姿が・・・。

この光景をイメージして設計をしてましたので、不意に目の当たりにしてしまい涙腺が危なかったです。 

これから家族の皆さんで、色々な思い出を描いていただければ嬉しいです。


無事お引き渡し完了です。


めでたしめでたし。

(そして、寂しい。)


クライアントのご家族さま、これからもよろしくお願いいたします。


それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


オープンハウスも終え、引き渡しまであと僅かとなった「コノジノイエ」の現場にて、気密測定を実施いたしました。

160324-1.JPG

まずは、こんな感じで換気フードを外から目張りします。(ご安全に。)


160324-2.JPG

こんな感じになります。

(基準により、換気フードは塞いでも良いという条件との事で、このように塞ぎます。)


160324-3.JPG

その後、上記のような機械で空気を排出していきます。

そうすることにより、建物内部を負圧にして建物に隙間がある場合は、そこから空気が「スースー」入ってきます。

それを数値化して測定してくれるのが、写真下部にある測定機です。


数値としては「C値」を測定しますが、この数値は建物の1平方メートルあたりに何平方センチメートルの隙間があるかという事を示します。(今回の地域では、基準値は5となります。)


測定値としては、基準値から考えても良い結果が出たとは思いますが、より良い結果が出るように改良していきたいと思います。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160322.JPG

「コノジノイエ」のオープンハウスは、土曜・日曜と無事に終えることができました。

ご来場いただき、誠にありがとうございました。


心配していた天気も、両日とも爽やかに晴れ、中庭のデッキの心地良さを体験していただけた事が何よりでした。


オープンハウス開催に快諾いただきました、クライアントご家族の皆さま、本当にありがとうございました。


今週は、手直し工事・気密測定・写真撮影・・・もう少しヤマがあります。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160318-2.JPG

明日・明後日とオープンハウス開催の「コノジノイエ」の現場は、今日で何とかカタチに・・・。

オープンハウス後の1週間で、ちょっとした手直しや気密測定、あと自前竣工写真撮影・・・そしてお引き渡し。

という色々と忙しいそうです。

この写真からも垣間見えますが、中庭デッキを経由してどこへでも行くことができるプランです。


ですが、明日は予報では雨。少々残念ですが、雨のコノジノイエも楽しんでもらえればと思っております。

そして明後日は予報では晴れ。


160318-1.JPG

では、旧穂積町でお待ちしております。

お気をつけてお越しください。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 





「コノジノイエ」の現場は、やはりバタバタが始まりました。

なので、お昼休みの時間帯にお邪魔して現場確認をしてきました。

160316-1.JPG

家具もクロスも。

160316-2.JPG

建具も塗り壁(中霧島壁)も。

160316-3.JPG

奥に見えるクロスは、奥さまがナイスセレクト。

160316-4.JPG

外構の土間コンクリートは打ちたて、プールのようです・・・。

160316-5.JPG

ここも入るべからず。という感じにテープがあるのですが、ゴールテープのようでウズウズします。


いよいよ週末はオープンハウスです。

ここまで長かったですが、先を思うと少し寂しい。

そんな時期になってきました。



それでは。



■3月19日(土)・20日(日)はオープンハウスです。

 ↓

お申し込みはコチラから。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 




160315-1.JPG

快晴の中「外廊下のある家」の上棟が行われました。

当初予定から、とある事情で日程変更をしたら快晴。

(因みに当初予定の日は、結構な雨でした・・・)


基本計画から月日も大分経ちましたので、こうやってカタチとなって目の前に立ち上がると、なかなか感慨深いものがあります。


160315-2.JPG

この軒下が外廊下となります。


着々と工事が進めば、じきに構造金物の検査となります。



それでは。



■3月19日(土)・20日(日)は「コノジノイエ」オープンハウスです。

 ↓

お申し込みはコチラから。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 



160311-1.JPG

「コノジノイエ」の中庭のデッキは過去最大(当社比)。

これだけになると、なかなかに壮観です。


その下を覗いてみると・・・

160311-2.JPG

かなり魅力的な空間が広がっておりました。


閉じてしまうのが惜しい。



■3月19日(土)・20日(日)はオープンハウスです。

 ↓

お申し込みはコチラから。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 



160309-1.JPG

「コノジノイエ」の足場が取れました!

けど、車が居ない事はないので、写真はこんな感じが続くと思います。


160309-2.JPG

内部は、中霧島壁を塗る壁以外のクロス貼りが始まりました。

このクロス工事が開けると、現場に色んな職人さんが入り乱れのドタバタが始まります。

このドタバタする前のちょっとした静けさが、「いよいよ来るな」感があって妙に緊張します。


尚、この写真で雰囲気がわかりますが、どの部屋からもデッキの中庭が感じられるようになっております。


160309-3.JPG

ここは塗り壁なので、少しヒッソリ。


160309-4.JPG

奥のクロスを貼り終えた部屋は明るい!

壁と天井が白くなると本当に雰囲気が一転します。


3月19日(土)・20日(日)はオープンハウスです。

お申し込みはコチラから。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160305.JPG

とある現場の光景。


仕方のないことですが、竣工時にはこの土筆は無くなります。

小さな事ですが、建築するということは多かれ少なかれこういう事になってしまいます。


せめてもの償いとして、できるだけ良い建築を作らないと・・・。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160311-5.jpg

160311-6.jpg


「コノジノイエ」のオープンハウスをクライアントのご厚意により開催させていただくことになりました。


■ 日付 : 2016年03月19日(土)・20日(日)の2日間

■ 時間 : 10:00~17:00

■ 場所 : 岐阜県瑞穂市

■ 構造 : 木造平屋建 延床面積:139.31㎡(42.14坪)



コの字の建物配置の中に広々としたデッキスペースが各部屋を繋いだゆったりとした平屋の住宅です。

クライアントが車いす常用者のため、廊下も一般的な幅より広く、段差も抑えたバリアフリーである点もご覧いただけます。

また、無垢のフローリング材や中霧島壁等の自然素材を使用し、断熱気密性能も備えた住宅です。


是非、現地にて体験いただければと思います。


詳しくは「オープンハウス情報」をご覧ください。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


スピード感。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

遠くなければ、普段の移動は自転車をよく使います。


自転車で移動していると、車では見つけられないモノに遭遇することも多々。

160301.JPG

栄の交差点にある「ピクシーの足型」

交差点待ちにこれを見ながら、「そういえば、瑞穂でのピクシーの引退試合見に行ったなぁ・・・。」と遠い目をしてみたり。


車のスピードでは気づかない事は、自転車だと見つかったり。


きっと、歩いたら自転車では見つけられない事に気づいたり・・・。


普段は時間に追われてしまう事ばかりですが、ちょっと立ち止まったり、ゆっくりしたり、ボーッとしたり。

そういう事を意識していければと思います。


大切な事を見逃さないようにしないと・・・。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160227.JPG

先日、所属する建築士会名東支部主催の建築家講演会がありました。

お招きした建築家の方は「マウントフジアーキテクト」の原田真宏さんです。

(僕は運営側でしたので、アレコレと動いておりましたが、講演はジックリ聞くことができました。)


原田さんは、歳は僕の少し上の方ですが、普段から紙面でお見かけするスーパーマンのような方で、講演のお話を聞きながら感心(ほぼ驚愕)しきりで、真似しようとも真似できないようなレベルのお話ばかりでした。


こういった講演会でトップランナーのお話を聞くことは、普段の自身の仕事に対する姿勢や考え方を再考する良い機会になります。

翌日の朝は、事務所で一人静かに燃えておりました。(笑)


原田さんありがとうございました。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


homify掲載。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

建築系のサイトの「homify」というサイトで、「和モダンの家」を掲載していただきました。


160222.jpg

ページ中の文章は、ライターさんが書かれているようで、色々勉強になります。(笑)


以前も、「ユキイロノイエ」を掲載いただいた時にも、「文章うまいなぁ・・・」と感心しきりでした。


※当ブログは、引き続き私の拙い文章にお付き合いくださいますようお願いいたします。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


建築士会の食事を兼ねた勉強会で「八勝館」へ行ってきました。


160216-1.JPG

八勝館は八事にある料亭で、そこの「御幸の間」は天皇陛下を迎える為に、堀口捨己が設計した棟です。


160216-2.JPG

座敷に座っていると、ここは本当に名古屋?と思うくらいに庭が広大で素晴らしい。

他のどこを見ても目の保養状態。

160216-3.JPG

維持管理を思うだけでも気が遠くなりそう・・・でも素晴らしいです。


こういった勉強会でもない限り、訪れることのない場所を体験しました。


実際、料亭という所は初めてでして、靴を脱ぐところからアタフタ・・・。 

これも社会勉強かと。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」には、Rが沢山あります。

160213-1.JPG

廊下の角を取ってRに。

これで車いすの通行も楽になります。


160213-2.JPG

パントリーの入り口もR。

扉の色はビビッドカラーになります。


160213-3.JPG

和室の縁甲板部分もR。

天井に照明の明かりがどう映えるかが楽しみです。


160213-4.JPG

ここは尖ってますよ。


色々ありますが、オープンハウスの時に、確認していただければと思います。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160211.JPG

公園とはいうものの、ほぼ山で、突然土を取り始める息子。

本人曰く、こんな赤い土は無い!これなら良い泥だんごが出来る筈!との事。


子供の興味はどこへ向くかは判りません。

ですが、どこへどう伸びるかも判りません。

なるべく色々と経験してくれれば・・・。


因みにその土は、家でほったらかし・・・冷めたのか!?


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」の配筋検査を行いました。

とは言うものの、現場にいるのは私一人。

現場監督さんの立ち会いは構造設計担当を優先していただいた為です。


一部、指摘事項を監督さんに連絡して、翌日に構造担当の配筋検査を実施していただきました。


並行してプレカットの打合せ→修正→チェック・・・という感じで、3月の上棟を迎えます。



160210.JPG

これは、独立した鉄柱の基礎部分です。

岩田の「田」ですね。


それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「細長い家」はこの日の打合せをもって、基本設計から実施設計へ移ります。

順調順調。


打合せの帰り道・・・

160207.JPG

先っぽが無い。


建築の外装仕上げで「ヘッドカット仕上げ」というのがありますが、これもヘッドカット仕上げ。

因みに、細長い家ではヘッドカット仕上げを使用する予定はありません。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160206-1.JPG

子供が大きくなってきましたので、一昨年頃からボチボチと雪山活動を復活しております。


暫くブランクがありましたので、道具一式も押入で眠っておりました。 


ですが、この日の午後一番のリフトを降り、滑り始めの1ターン目で事が起こりました。

160206-2.JPG

「パッカーン。」

こうなると何も出来ない。

リフト1本分を辛い体制で滑るというか、雪面を慣らすというか・・・腿がパンパンです。


残りの時間は、子供が滑るのを凍えながら見るという事態に。


道具も含め色々ありますが、手入れは大事です。


余談ですが、後日約10年ぶりに買ったブーツは軽い!紐が緩まない!凄い!

10年の月日を目の当たりにしました。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ブログでの登場はかなり久しぶりですが、「蒲郡の平屋」はゆっくりですが、実施設計が進んでおります。

(他に、農地転用→建築許可の必要もあるので、ゆっくりなんですが。)


この日は、クライアントが洗面化粧台をサンワカンパニーで見られるということで、私も行ってきました。

とはいうものの、ショールームが布池教会の近くだと思っていたのですが、昨年栄に移転されていたようで、危うく遅刻するところでした。

160203-1.JPG

都会な雰囲気のショールームです。

160203-2.JPG

事前に決めていたので、案外すんなりと決まりましたが、決めてなかったらかなり迷いそうな雰囲気・・・。

そして、やはり金額がお高いものは、やはり良い。

予算攻防戦が始まりそうでコワイ・・・。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


行動パターン。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

160130.JPG

お千代保稲荷に行ってきました。

独立してから来るようになりましたが、一旦来るようになると毎年来ないと何だか落ち着きません。


ただ、何とか1月中に・・・と思いつつ、晦日でもない晦日ちょっと前です。


そんな中、facebookが教えてくれました。

「アナタ、去年も一昨年は同じ日、一昨年は1日前に来てるよ。」

行動パターンが毎年同じようです。


同じ次いでで、串かつもいただくパターンです。


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」の現場です。

160129-1.JPG

「どーん。」と石膏ボードが搬入されました。

この山積みのボードはかなりの重量の筈。

普段、設計でここにピアノを置くので床補強を・・・という検討をしますが、この山積みのボードが置かれている状況から、どこにピアノ置いても大丈夫なんだと思います。(グランドピアノは別ですよ。)


160129-2.JPG

玄関ホールの天井にもボードが貼られ、カタチが目に見えてきました。

図面を描く時にも、難しい納まりだなぁ・・・と思っていたのですが、大工さんが難なく仕上げていました。

感謝です。


160129-3.JPG

アプローチの雰囲気も完成のイメージに近づきつつあります。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160124-1.JPG

子供の作った凧ですが、何十年ぶりに凧揚げをしました。

とても風が強かったので、凧はグイグイ揚がっていきました。

子供の付き合い程度と思っていたのですが、手に風の力が伝わってくる感覚がとても新鮮です。


普段、デジタル的なモノに触れる事が多いですが、それは触れても感触は均質化しています。

手に伝わる感覚も養っておかないと五感が鈍りそう・・・と感じます。


160124-2.JPG

かなり揚がりますよ。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

160121-1.JPG

打合せに向かう道中で発見。

ペットボトルのお茶では「白川茶」が僕の中ではダントツですが、これもなかなか良いです。

160121-2.JPG

そして、次は・・・ってお茶飲んでばかり!という訳ではありません。

こちらは、「コノジノイエ」の扉の色で、お施主さまの奥さまから「この色で。」と見せていただいているのです。

このラベルの中のどれかです。


どれかは秘密です。

完成をお楽しみに。


とりあえず色見本を作成します。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「細長い家」は増築なので、既存建物との位置関係やアプローチの変更の打合せを現場にて行います。

図面でのやりとりも当然必要なのですが、現物があるのでそれを「あぁだ、こうだ。」とやり取りするのが最短です。

お庭にはお施主さまのお父さんの盆栽が沢山。

160119.JPG

詳しいことはサッパリ分かりませんが、色々なカタチが興味を惹きます。


沢山あるので好みを探すのは難しいですが、白い空間に1点だけ佇んでいたら、かなり良さそう・・・。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」の現場です。

160116-1.JPG

遂に!打合せスペースの外壁仕上げが・・・って違います、ポーチ外壁です。

監督さんとの打合せもお施主さまとの打合せも何故かココ。

その外壁が仕上がるだけで、打合せに望む気分も揚がります。(笑)

仕上げはご主人希望の紺色のガルバリウム鋼板です。

左奥の白い外壁が仕上げればコントラストも映えまくりです。


160116-2.JPG

「コノジノイエ」の「コ」に立つの図。


160116-3.JPG

ポーチのサッシ廻りは木枠が・・・。

当初は無かったのですが、現場での心意気で取り付く事に。感謝感謝。


そして、床のフローリング仕上がり状況を・・・

160116-4.JPG

見れません!

フローリングは張りながら、キズが付かないように直ぐ養生をかけますので、なかなか見るタイミングが難しいです。

後々の楽しみにとっておきます。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160115-1.JPG

++++++++・・・


ここに地盤改良の砕石杭が施工されます。

支持地盤も確認でき一安心。


工程は幾度と無くご紹介しておりますので割愛。
(決して手抜きではありません。)


160115-2.JPG

施工完了。


現場は見た目地味に進みますが、この間に施工図チェックやプレカット打合せなど・・・割に神経を擦り減らす事が多いです。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


緑のデザイン。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

160113.JPG

とある申請機関への道中で見つけました。

少々異様ですが、自然に作られた枝のラインに圧倒されます。

若葉が出てきた時や生い茂った時も見てみたい。


・・・ひょっとして意図的に計画されていたら?


建物への緑のデザインかぁ・・・と少しだけ真剣に考える。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ビビる。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

160112.JPG

交差点待ちでボケーッと外を見てたので、かなりビビりました・・・。


柱のラインでちょうどそれっぽく見えたのです。


・・・って、そう見るのは僕だけでしょうか。
(気付かれない方は、単なる謎ブログです。スイマセン。)



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


紛れる。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

年末ですが、毎年恒例のクラタ工務店の餅つきにお呼ばれいただきました。

160109-1.JPG

岩田家の餅は自分で・・・という事なんですが、ひと臼つくのが限界。
(正確にはひと臼全てつけている訳ではなく、今年年末への課題です。)

そして、美味しいご飯をいただいて・・・

160109-2.JPG

クラタ家の従兄弟達に混ぜてもらい遊び・・・


160109-3.JPG

塗り絵も一緒に・・・


イワタですが、クラタ家に紛れております。

いつもいつもありがとうございます。


【オマケ】

帰りに折角の浜松なので・・・

160109-4.JPG

「さわやか」


良い年末を過ごしました。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160107-1.JPG

一番はじめは一宮。ということで、真清田神社にて初詣。

あまり贅沢は言いませんので、良い年でありますように・・・と。


160107-2.JPG

境内にある「さざれ石」に生えていました。

自分も頑張ろうと思える光景。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


2016

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

160101.jpg

明けましておめでとうございます。


本年もよろしくお願いいたします。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


151223.JPG

2015年12月23日 大安


地鎮祭を迎えました。

何とか雨も降らず、無事執り行うことができました。


基本設計を終えてから約1年程度経過しています・・・。

お待たせいたしました。

年明けから改良工事が始まります。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


151220.JPG

家でこんな物を見つける。


「クリスマス近し。」と思い、そこでワクワクドキドキよりも使命感にかられる方が大きいように感じる。


コドモ心は何処へやら、どうやらオトナになっています。


色々忘れてしまったのだろうか?

それとも、子供に移っていったのだろうか?


もうトトロは見えそうにないなぁ。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」は下地を作る工程にあります。

151219-0.JPG

スロープの天井下地や・・・

151219-1.JPG

玄関ホールの天井下地やら。

図面で描くのは楽ですが、実際に現場で作る大工さんには脱帽です。

とても手間のかかる仕事を丁寧にしていただいております。


151219-2.JPG

寝室から中庭を望む窓です。

因みに、この窓ガラスは 「Low-E(高断熱複層ガラス)」を使用しています。

従来のLowーEガラスと言えば、グリーンっぽいものでしたが、現在はより透明に近いシルバーというタイプもあります。

今回はシルバーを採用しておりますので、見られる方にはこれはLow-Eではないのでは?と思われるかもしれません。


「安心してください、入ってますよ。」


・・・どこかで聞いたことが。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」では、地下遺跡と思しき地中埋設物が出た後に、地盤調査を行いました。


151215.JPG

「調査跡」

赤いスプレーで×印を調査し、真ん中の穴が地中2.5m程度まで続きます。


調査には予定があり立ち会えませんでしたが、調査中に何かあれば連絡が入るようにはしておりました。

ですが、実際のところは連絡も無く、この連絡が無いというのが大した問題は無いという事になりますので、他の用事を済ましながら「連絡入るなぁ!」と念じておりました。


その願いは通じたようです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


刺激物。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

151212.JPG

クラタ君のオープンハウスへお邪魔してきました。


クラタ君とは同じ釜のパスタを食べた仲ではありますが、今は設計者であり現場監督であるので、より職人さんと近い位置で建物を作っており、かなり攻めている部分もあります。


いやぁ、刺激が強い。


因みにオープンハウス当日の朝まで板金屋さんが外壁を貼っていたそうで・・・。

タイムスケジュールはどうなっていたんだろう?



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


全部盛り。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

151211.JPG

忙しい時に限って、こんな全部盛り。

見たことない・・・。


しかも、夜も更けた時です。


事なきを得ましたが、ヒヤヒヤもんです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


151210-1.JPG

「コノジノイエ」の現場です。

軒の出は、普段より少なめですが、窓上の位置からすれば十分です。

今回は垂木等は表面には出ず、フラットな感じになる予定です。


151210-2.JPG

ここは入口のアーチ部分。

塗り壁仕上げになるので、その下地としてケイカル板が貼られています。

ケイカル板ってこんなに曲がったっけ?と思い、大工さんにお聞きしたら「コンニャクケイカル」を使用したとのこと。

初耳です。

正式名称は不明ですが・・・。


あと、現場の天井に延長コードがあるなぁ、と見ていたらどうも違う。

151210-3.JPG

どうやら電灯用の線は色を黄色にしているとの事。

これも初見。

確かにこれなら間違えにくい。


色んな材料があります。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


冬の定番。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

151204.JPG

大学の友人の忘年会は毎年「火鍋」です。

見て判る通り、右が辛い。左はマイルド。


僕自身は辛いのがあまり得意ではありません。

そして、大学の友人も殆どが辛いのが得意ではありません。


なぜ火鍋?


なぜでしょう?理由はよく分かりません。



ただ、これが冬の風物詩。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


解体工事が始まった「外廊下の家」ですが、解体の職人さんから電話をいただいて現場へGOです。


どうやら現場から(主に地中)色々出てくる。とのこと。

一般的には「地中埋設物」という表現がされ、建築の見積書とかでは「註記」として、よく「地中埋設物等の撤去費用は本見積には含まれておりません。」なんて書かれます。

見積書の中では、普段は常套句的に使われることが多く、そのようなシチュエーションに巡りあう事は今まであまりありませんでしたが・・・ありました。


呼ばれて現場に着いたら、職人さんが「試しにココ掘ってみるから、どんな感じか見てみてください。」との事で、バックホー(ショベルカー)で一堀り・・・・

151203-1.JPG

「何か出た。」

151203-2.JPG

秘密の地下空間の入口が・・・。

僕自身も流石にビックリしましたが、解体の職人さんもこんなのが出るとは思っていなかったらしく「何だ?何だ?」という反応。


どうやら 何らかの工場の跡地で耐火レンガで組まれた釜が眠っていたようです。

出たものはしょうが無いので丁寧に撤去をお願いしました。

並行して構造設計者の方にも相談をかけ、然るべき対応をして先に進めていくことにしました。


ある意味、工事前に見つかって良かったです。

それに出てきた瞬間は「地下遺跡」みたいで、少々テンションが上がりました。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ブログに長い間出現してこなかった「通り土間のある家」でしたが、事は粛々と進んでおりました。

その間にコンセプト等も若干変更し、この度タイトルを「外廊下のある家」に変更しました。


そして、12月に入った本日、やっとの事で解体に着手です。

151201-1.JPG

この機械で、コンクリートの土間を斫る(はつる)前にカッター切りして、綺麗に取れるようにします。

オペレーターのお兄さんが、華麗に重そうな機械を操って、ものの20分程度で作業完了し、そして颯爽と去って行きました。


その後には・・・

151201-2.JPG

白線引きしたような感じでラインが出来ておりました。


明日から重機を使用した解体が始まります。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


縁がない。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

151126.JPG

岩田建築アトリエの窓からの眺めです。


・・・嘘です。


事務所に新しいCAD(図面を描くためのアプリケーション)を導入するか否かの検討で、あるセミナーを受けに名古屋駅近くのビルへ。

そこからの眺めです。


こういう場所で働く縁が無かった訳ですが。

(そもそもここに辿り着ける能力があったかどうか・・・)


羨ましいような羨ましくないような・・・。


何事もメリット・デメリットがあって、そのバランスが何処にあるかが重要ですね。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」の現場です。

151123-1.JPG

断熱工事完了。

壁の削ぎ落としも終了し、清掃も完了。

屋根は懐に余裕があるので、吹き付けっぱなしになっており、何だか洞窟のような囲まれ感があります。


それにしても、この現場はいつ行っても綺麗に清掃がされている。


151123-2.JPG

そして、クライアントのお母さんが用意してくれたダイニングセットが置いてある場所が定例打合せの定位置となります。


実は、角に柱がなくこの建物の中で一番持ち出し(キャンチ)部分が大きい場所です。

「なぜココで?」とも思いますが、安全であるので問題なし。


「ここ柱無いの?」と何度となく聞かれた場所で打ち合せ。

これぞ安全の裏返し。(?) 



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」の断熱工事が始まりました。


今回採用は、ユニソンの現場発泡硬質ウレタンフォームの「ビオフォーム」という材料です。

設計当初は、クライアント希望は外張り断熱工法だったのですが、予算の関係上で現場発泡ウレタンに減額変更した所、実はクライアントは現場発泡ウレタンの方が高いと思われていた・・・という、結果オールOKという事でここに至っております。


151118-1.JPG

現場はこんな感じで、よく養生をした後に吹付けが着々と進行しております。

151118-2.JPG

現場の外に停めてある車の中にドラム缶が2つ有り、それぞれの液体が職人さんの持っているスプレーの手前まで流れて来ます。

そして、2液が混ざりながら吹きつけられると・・・・

「モコモコモコモコモコモコモコ・・・モコモコモコモコモコモコモコ・・・。」

見ていた不思議なくらい膨らんでいきます。

とにかく膨らみます。


一見、吹き付けるのは簡単そうに見えますが、膨らむ程度が半端ないので、膨らみ過ぎないように調節しながら吹き付けるのが難しいようです。


発泡ウレタンの場合は、膨らむ時に隅々まで行き届くというのがメリットで、吹きつけた後の現場は何だか音が篭もるような感じがするくらいミッチリ詰まっているように思います。


151118-3.JPG

また、ユニットバスの足回りもミッチリ。

151118-4.JPG

鋼製の火打ち梁の外壁側も。

151118-5.JPG

梁を取り付ける羽子板ボルトも。

151118-6.JPG

屋根の通気確保材の隙間も。


外と中が繋がる部分が熱橋(熱の行き来する場所)とならないように、キッチリ施工されています。


今回は105ミリの柱なので、105ミリの壁見込みに80ミリの断熱材施工としておりますが、実際のところは膨れたお陰で殆ど105ミリです。


151118-7.JPG

柱・壁面よりはみ出てしまった部分は、薄いステンレスの板で出来た剣のような物でそぎ落として、こんな感じです。

(吹付けも大変そうですが、このそぎ落とす方が非常に大変そうでした。お疲れさまです、ありがとうございます。)


今回、省エネ住宅エコポイントの申請をした際の数値は以下のようになっております。

・外皮の平均熱貫流率(UA)値 : 0.73 (基準:0.87以下)

・冷房期の平均日射熱取得率(ηA値) : 1.9 (基準2.8以下)

余裕を持った【断熱性能等級4】となります。


サッシは樹脂サッシでは無く、アルミサッシなので樹脂サッシであれば、より良い値が出たかと思いますが、計算には反映されない部分で軒の出等で制御できている部分もありますので、数字以上に快適に過ごせるという見込みです。


また、竣工間際に気密測定(C値)を行おうかと検討中です。


暑い寒いというものを感覚的にではなく、数字で表示することにより、住宅の性能(燃費)が提示できれば良いかなぁ・・・と考えております。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


○○の秋。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

秋と言えば・・・

151116-1.JPG

「運動の秋」

落葉で綺麗なサイクリングロード。

息子と二人でどこまで行けるか・・・・と宛のないサイクリング。


そして・・・

151116-2.JPG

「食欲の秋」

辿り着いた天白公園の近くで、ホワイト餃子を食す。

息子は意気込んで「10個(1人前)食べる!」と言っておりましたが、流石に・・・。

お土産として包んでもらいました。


おや?「勉強の秋」が見当たらない・・・。


うーむ。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


思いは裏腹。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

151115.JPG

先日の「陶芸体験」の器が焼き上がりましたので、取りに行ってきました。


どちらも僕が作ったのですが・・・

左は結構念入りに作ったもの。

右は最後の方に時間が無いので「エイヤッ!」と作ったもの。


で、個人的には右が気にいるという始末。


・・・そんなもんですね。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「コノジノイエ」の現場です。

151113.JPG

タイトルの「コノジノイエ」には、色々な意味が含まれておりますが、1番の理由としては平屋の建物配置がカタカナの「コ」な訳です。

この写真はその「コ」の字に囲まれた中庭を写しております。


これほど大きな中庭の設計は初めてです。

色んな部屋やスペースから出入り出来るような配置となっており、ご主人も車いすに乗りながら行き来できるように床からフラットな仕上がりになります。


完成が楽しみです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


自身が委員を務めております、愛知建築士会学生コンペの今年の受賞作品展が今日から開催中です。


場所は栄のど真ん中 SMBCパーク 栄 にて11月15日(日)までです。

詳しくは→コチラをご覧ください。

151109.JPG

このようにパネルと模型が展示されており、どれも力作ばかりです。


イマドキの学生のプレゼンは凄いですねぇ。


皆さん、ぜひご覧ください。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」の金物検査を構造担当さんと行いました。

岐阜は確認申請の中間検査が無いので自主検査のみとなりますが、いつも通り粛々と行います。

151107.JPG

因みにこの現場では現段階までは棟梁的な方はみえず、建て方部隊という感じで専門の方がみえています。

その部隊の中には清掃担当の方もみえて、上棟の時もそうでしたが現場がとても綺麗です。


写真奥の端材が綺麗に積んであった時は 「何だろう?」と見入ってしまいました。


こうやって写真に撮っても「整然たる現場」の雰囲気は伝わるかと・・・何だか静けさも漂っています。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


無事合格。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日受講した「建築士定期講習」に無事合格しました。

151104.JPG

一緒に受講した友人のブログには一足先に合格の報告が。

その日には僕の手元には修了証が届かない時には「あれ?」と少々焦りました。(笑)


ほぼ落ちることは無いのですが、朝から夕方まで講習を受けた後の、マークシート式のテストが1時間。

まさか?まさかねぇ・・・と1日後に届きホッと胸を撫で下ろす次第。


3年後も過酷な1日を過ごせるよう精進してまいります。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ブラザーアース。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

151101.JPG

名古屋市科学館のプラネタリウムへ行ってきました。

9時30分にチケット販売開始で9時15分頃に着いたのですが、かなりの長蛇の列が・・・

日曜日に行ったので覚悟はしていたのですが、初回の上映には間に合わず第2回の上映へ。

まだまだ人気のようです。


科学館へは息子と二人で自転車を漕いでいったので、二人共まぁまぁお疲れ。

写真は上映前ですが、プラネタリウム上映中は・・・。


ご想像にお任せします。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


151031.jpg

昨年も出展しました自身が所属する愛知建築士会名東支部のパネル展が開催中です。

今年は2ヶ所のカフェで開催中です。

自身のパネルは「EKUMAKURI」に展示中です、よろしければご覧ください。


パネル展の詳細は→コチラをご覧ください。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


陶芸体験。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

人生初の陶芸体験をしてきました。


場所は愛知県陶芸美術館です。

151027-1.JPG

美術館の全景はこのような感じで、老舗ホテルのような優雅さが垣間見えます。

ここも次回はじっくり見たいです。


さて、陶芸体験は施設内の陶芸館という場所で行うのですが・・・

151027-2.JPG

このように土を買って、あとは自由に幾つでも作れます。

最初にレクチャーを聞くのですが、いざ作り出すと「どうだったっけ?」という感じになってしまい、ただただ自由に。


・・・とは言うものの、オトナは頭が堅い!(僕個人の問題かもしれませんが。)

何となく既視感のあるものを、そつ無く作ろうとしてしまう自分。

クリエイティブの「ク」の字もありません。情けなし。


それに比べて我が家も含め、周りの子どもたちの自由さには脱帽。

羨ましい。


151027-3.JPG

我が家は7点作成。

焼き上がりは1ヶ月後との事で、楽しみです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


151023-1.JPG

「コノジノイエ」の上棟が行われました。

写真は北の棟から中庭方向を見ているのですが、なかなかに大きき中庭です。

この中庭は床レベルと同じレベルでデッキが敷かれます。

デッキを中心とした空間が広がる予定です。


コノジノイエのクライアントは車いす常用者です。

廊下の幅やスロープ等、色々な検討を重ねてきた点が骨組みですが目の前に現れるというのは感慨深いものがあります。


またまだ現場はこれからですが、ひとまずはおめでとうございます。

そして、現場に携わる方はくれぐれもご安全に。


ところで、コノジノイエでは上棟と言えばいつも出てくるアレがないのです。

「いの一」柱。

プラン上しょうが無いのですが、無いと少々寂しい。

151023-2.JPG

代わりに「いのニ」柱を撮影です。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


151015-1.JPG

「みんなの森 ぎふメディアコスモス」へ行ってきました。

岐阜県の図書館です。

設計は新国立競技場の設計者になるかもしれない伊東豊雄さんです。


実は訪れるのは2度目。

1度目に訪れた時は、月に一度の休館日。

くじ運は良くないのに、こういう時に限って・・・という感じです。


前の週に伊東豊雄さんの講演会を聞いたので、タイムリーな情報を仕入れケンチク探訪をすると、新鮮な見方が出来てとても良かったです。


151015-2.JPG

あまり写真は上げませんが、色々な意味で凄いケンチクが出来たものだと、ただただ感心します。


以前の、ラ・コリーナと同じですが、理屈抜きに心地よいという感じがとても良かったです。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


バッタ。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

151005.JPG

先回の「The Farm UNIVERSAL」の近くの公園で見つけました。


バッタ。


もし動き出したら、やられるなぁ。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ザ ファーム。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

大阪にある「ザ ファーム」に行ってきました。

(ザ ファームと言いましても、トム・クルーズ主演・「ザ・ファーム 法律事務所」ではありません。)

 

151003-1.JPG

こんな案内看板のある、植物の楽園「THe Farm UNIVERSAL」という名前の観葉植物や苗木や植物諸々の販売と共にレトラん等がある複合施設です。


前から気になっていたのですが、正直どのような場所かは具体的には知らずに行きました。

そして、行ってビックリ。

なかなかに気合が入った場所でした。


以下は、あまり多くは語らず写真のみパラパラと載せていきます。


151003-2.JPG

151003-3.JPG

151003-4.JPG

151003-5.JPG

151003-6.JPG

151003-7.JPG


・・・これほどディスプレイを徹底した場所はなかなかお目にかかれません。


どこを撮っても、I'm homeの表紙のようです。


ほぼ見学で終わりましたが、自宅用と事務所用に数点植物を購入して帰りました。

無事に育てないと・・・。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


151002.JPG

「細長い家」は一宮市に建ちます。

という訳で、調べ物や事前相談で一宮市役所へ。


因みに自分は生まれも育ちも一宮市。


でも、一宮市役所(本庁舎)に入るのは人生初。

それまでは、支所で用事を済ましていたので・・・でも、何だかおかしい。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


先回の琵琶湖博物館から次なる目的へは、息子に「デザート食べに行こう。」とそそのかして向かいます。


基本、建物を見に行こうといっても子供にしてみれば魅力ゼロなので、気分を上げるまでは慎重に事を進めます。

ただし!今回の建物は違います。ケンチク目線は当然ですが、老若男女全ての方が楽しめる。


それは・・・

151001-1.JPG

「ラ コリーナ 近江八幡」   設計:藤森照信

今年完成したばかりのクラブハリエで有名な「たねや」の店舗です。

この写真は徒歩用の門ですが、銅板の屋根なので銅の緑青が垂れております。

それがまた良い。


151001-2.JPG

アプローチを歩いていきますと・・・

151001-3.JPG

見えました!

手前の東屋も傘のような独創的なフォルム。

そして何より奥の草屋根。

初夏の頃からみずみずしい色になったようで、見栄えが凄い。

151001-4.JPG

見ているだけでワクワクします。

そして、ウチの息子は血が騒ぐのかずーっと走っていました・・・。

151001-5.JPG

写真の上の方に見えますが、一番高いところには松の木が生えています。

151001-6.JPG

長い軒下空間は、季節が良いのもありますが、色んな方がベンチに腰掛けて休憩したり、おしゃべりをしたりとそれぞれの過ごし方を楽しんでいます。


151001-7.JPG

あれだけの屋根の草を維持するので、屋根から潅水しているのですが、その水が軒先から雨粒のように垂れていて、更に良い雰囲気になっております。


店内に入ると・・・

151001-9.JPG

吹抜け空間の壁やら天井の様子が何だかおかしい。

まっくろくろすけでも居るのかと、よく見てみると・・・。


151001-10.JPG

炭が貼り付けられていました。


うーん、全てが独創的。

そして刺激的。


個人的には藤森照信さんは建築史家として、古いものから新しいものまで、ありとあらゆるケンチクを見てきて設計したケンチクが、こういうケンチクという事が非常に興味深いです。


そして難しいウンチクとかは無しで、全ての人が理屈抜きで楽しい、心地良いって素晴らしいなぁ。と、思います。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


150930-1.JPG

水草だらけですが琵琶湖です。


秋晴れの日に小旅行で琵琶湖へ。

せっかくなのでと立ち寄ったケンチクは・・・

150930-2.JPG

滋賀県立琵琶湖博物館です。

竣工は1996年。設計は日建設計です。

かれこれ20年以上前の建物にはなるのですが、古い感じは全く感じなく印象は良いです。


150930-3.JPG

大胆なフォルムをしてはいるのですが、要所要所を丁寧におさめていいるので、スッキリしています。

流石です。


展示に関しても、琵琶湖の成り立ちや化石や色々と息子を楽しめたようなので、親としてはありがたいです。


・・・次はデザートの時間の筈でしたが、続きは次回。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


150929.JPG

秋晴れの夕方ですが、「コノジノイエ」の配筋検査を行いました。

瑕疵担保保険の検査を翌日に控え、私と構造担当と監督さんと3者で検査です。 


パッと見で綺麗に見える場合は、問題はあまり無いです。

実際、今回も構造担当も納得の仕上がりでした。


現場では、プレカットの打合せも終えてますので、後は上棟まで粛々と準備を進めていただきます。

私の方は、仕様を決める準備を粛々と・・・。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


150925.JPG

今季ナゴヤドーム最終戦を観に行きました。


和田選手、谷繁選手のナゴヤドームでの最後の勇姿を見届けに・・・の筈が、仕事の都合で谷繁選手の打席見れず。

和田選手の最終打席には何とか間に合う感じ。


でも、最後のセレモニー+胴上げを見て、ひとつの時代の終わりを目の当たりにし、虚脱感が凄いです。


今年は、他にもレジェンド級の選手が引退を・・・。

今まで強いドラゴンズをありがとう。


来年からはどうなるのでしょうか?

楽しみと不安が入り混じっております。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


打率低し。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

150924.JPG

改修の相談を受けつつも、新築の場合の提案をしました。


「もし、○○だったら・・・」というのを、言葉のやり取りだけで済ましてもモヤモヤする場合は、こうやって具体的なカタチを見ることで次のステップの確実に進むことができます。


なので、この案は踏み台みたいなものです。


打率低し・・・。

でも、スッキリ。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


150914-2.jpg

「細長い家」が始まります。

お施主さんに許可を頂いたので、このタイトルになっております。


世の中には他にもっと細長い家はあるかとは思いますが、飽くまで<当社比>です。


まだプレゼンテーションの段階なので、これから基本設計でこのイメージとは変わってくるかもしれません。


150914-1.jpg

外壁の色もイメージを検討しながら決めていきます。


150914-3.JPG

因みに、ご主人の趣味はコーヒー。奥さまの趣味はパン作り。

まさに最強ダッグ。


打合せでお伺いすると、こんなコーヒーが。

これはご褒美です。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


150912.JPG

とても爽やかな日に建築士定期講習を受けてきました。


この建築士定期講習は、3年に一度の受講が義務付けられております。

資格維持の為、お仕事を続ける為にも必須なんですが、午前・午後で5時間の講義、その後の1時間の修了考査。

テスト結果が悪いと・・・どうなるのか?よく知りません。

まぁ、早々落ちるような問題ではないような感じですが、メンタル的にキツイです。


結果は1ヶ月後に。

結果が出るまでは気にはなりますね・・・。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


爽やか。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

150911.JPG

盆明けの雨続きがようやく一段落着いたら、とんでもなく爽やかになりました。

お施主さんの家の駐車場からパチリ。


爽やか過ぎて、仕事意欲が削がれます・・・ 。


さぁ、帰って仕事仕事。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


150909.JPG

「コノジノイエ」のプレカットの打合せがありました。


総勢6名が膝を突き合わせて課題に挑みます。

その甲斐あって、私自身で悩んでいた部分はスッキリしました!


あとはその実現の為に、ご苦労をお願いした訳ですが・・・ご協力お願いいたします。


上棟が楽しみです。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

段取り悪し。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

150907.JPG


とある一日。


名古屋発→小牧→西尾→稲沢→栄→大垣→名古屋。


小忙しくはありますが、流石にこれは段取り悪し。


もう少し効率的に事をこなせるようにしなければ・・・と遠い目で夕空を眺める写真です。


反省。




それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

「コノジノイエ」の現場は始まったのではありますが、お盆明けからの雨続きで思うようには進んでおりません。

150903-1.JPG

現場へ行っても、突然の雨で作業が終わっていたり・・・。

恵みの雨でもありますが、現場に関しては恨めしい雨になってしまいます。

全体工程の中で調整はしていきますので問題は無いのですが、なるべくなら順調に・・・と思ってしまいます。


写真はケーシングを利用した砕石パイルを施工する重機です。

今回の土地は、地盤調査結果があまり良くはありませんので、ケーシングを利用した工法が効きます。


【オマケ】

150903-2.JPG

地鎮祭の時には無かった、このダイニングセット。
休憩の時に利用されているのでしょうか?
それとも不法投棄?
今度確認してみます。


それでは。
 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

今回の旅ブログも今回でフィナーレです。


最後はケンチク探訪です。

そのケンチクは「熊本県立美術館」 設計:前川國男  です。


家族には事前には伝えていませんでしたが、私にとっては今回の旅の一番の目的地と言っても過言ではありません。

(事前に伝えると、色々と調整が大変になります。汗)


150902-1.JPG

熊本城郭の端の森の中に佇むような感じで、外観は控えめです。

タイルの外壁なのですが、目地にモルタルが見えません。

タイル自体が目地のような耳が付いたタイルで、コンクリートと一緒に打ち込む「打ち込みタイル」という手法も、より見た目に落ち着きを与えているように思います。


150902-2.JPG

中に入った瞬間「来て良かった。」と思えます。

色的にもそうですが、今時ではない重厚感が身体にフィットするような感覚がします。


また、屋根を大きく取る為に格子状のワッフルスラブにし、その構造をそのまま意匠に見せる。

凄く神経を使うとは思いますが、それを難なくそしてピシッと収める・・・流石巨匠です。


150902-3.JPG

ひとつひとつの素材感も良いですが、その組み合わせが「これじゃないと。」というのが、言葉的な説明ではなく、感覚で判るような気がします。


何を書いているのか、よく判らない文章になっています。


何と言いますか、緊張感があるのですが非常に落ち着く雰囲気という感じです。


私の拙い文章では伝わりませんので、あとは写真をどうぞ。

150902-4.JPG

150902-5.JPG


近く改修予定で、原型を留めるのも期間が限られるとの事。

その前に見られることが出来て良かったです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ふたり旅。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

150901-1.JPG

小学一年生の息子とプチふたり旅に行ってきました。

場所は瀬戸。(近い)

普段は車移動が殆どの我が家にとって、車で30分程で着く場所に電車で倍以上の時間をかけて行くのはある意味新鮮で、そういうことを知るのは大事です。


行ったことがある瀬戸ですが、歩くスピードで見る景色は、それまで目に止まらなかったモノに気づけたりと良いことも多いです。


150901-2.JPG

失敗した焼き物を塀に使われている場所や。


150901-3.JPG

瀬戸物にとって重要な方の住居が移築されていたり。


150901-4.JPG

こんなタイルがそこかしこに。


150901-5.JPG

狛犬はかなりのけぞっております。


そんなこんな個人的には楽しく過ごしたのですが、息子に「またふたり旅行こうか?」と聞くと「まぁ、行ってもいいけど・・・。」と少々つれない対応。


いつまで行けるやら・・・。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

先回までの長崎を後にして、後半は熊本とチョットだけ宮崎です。

かなり駆け足で巡ったので、ブログも駆け足で・・・。

150831-1.JPG

「高千穂」

ボード2時間半待ちで断念。

でも、神々しい景色に圧倒。


150831-2.JPG

「南阿蘇村 白川水源」

透明度が半端ないので、水があるのかどうか判らない感じで圧倒。


150831-3.JPG

「阿蘇カルデラ」

既視感の無い景色にビックリ、地球を感じるスケールに圧倒。


150831-4.JPG

・・・まさか、翌月に噴火するとは。


150831-5.JPG

「熊本城」

2つの天守からなる構成はカッコイイです。

ただ、中に入るとコンクリート造でした。(知らなかったです。)

やはり犬山城最高です。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


世界三大夜景と言えば・・・


と言っても、知りませんでした。


ただ、函館が入っているような気がしていました。

しかし、諸説色々あるようで「函館・ナポリ・香港」というものと「長崎・香港・モナコ」というものがあります。

(この場合、香港は間違いないという感じですね。)


折角長崎にいて、天候も良さそうなので夜景スポットである稲佐山に向かい、夜になるのを待機しました。

150829-1.JPG

夜で無くても、眼下に広がる景色は壮観です。

150829-2.JPG

先回のブログで書きました、出航前の超巨大客船が見えます。

やはり、街のスケールとも全然合わない・・・とんでも巨大です。


そして、場所取りをしてジーっと待つ事小一時間。


150829-3.JPG

私の拙い写真でもコレです!


この写真では現地の感動の1割も伝わらないのが惜しい。

長崎に行った際に天気が良ければ、是非。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


昨年の長崎でも訪れた「長崎港松が枝国際ターミナル」の目の前のホテルに宿泊した事で、珍しい光景を見ることに・・・


150828-1.JPG

超巨大客船が停泊しておりました。

「超」が付くだけあり、街とのスケール感がズレています。

巨大マンションよりも大きいかも・・・。


因みに、この船は最近よく聞く「爆買ツアー」でした。

写真を取ったのが出航前だったので、大きな荷物を抱えた沢山の人が次から次へと・・・凄いパワーに圧倒されました。


150828-2.JPG

この写真もトリミングしたら、ガラス手摺のバルコニーがあるマンションです。


船の屋上(?)を見てみると・・・

150828-3.JPG

長いアームで上下するゴンドラのようなモノが・・・。


色々と規格外過ぎて、ただただ圧倒されっぱなしでした。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


150826-1.JPG

「つばめ」

150826-2.JPG

「かもめ」


お盆休みを利用して、九州・長崎と熊本そしてチョットだけ宮崎に行ってきました。

飛行機があまり得意ではない我が家なので、陸路新幹線にて博多まで行き、特急の「かもめ」、九州新幹線の「つばめ」に初乗車。

最近はブームが去っていましたが、一時は新幹線や特急のDVDを山程見たので、実物を見るとやはり嬉しいです。

また、九州の電車は何だか旅情気分が感じられる点も凄く新鮮です。


今回の旅は、私自身が昨年の11月に初めて長崎を訪れ、「いい所だなぁ・・・。」と思い、家族とも一緒に来たいというのがキッカケです。


150826-3.JPG

ただ、建築オンリーだった先回の旅で訪れた「旧長崎水族館」を裏から見るとは思いませんでした。


その理由は、旧長崎水族館より更に海側にある「ペンギン水族館」

このペンギン水族館は、ペンギンの種類が世界で一番多いのです!

そして・・・

150826-4.JPG

この様に、水族館前の海に出てきて、散歩やら泳いだりと自然の中のペンギンも見ることができます。


この海でシーカヤックが体験出来たりと、なかなかに充実した施設でした。


次回から少しこの旅行にまつわるブログが続きます。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


150824.JPG

「コノジノイエ」の現場が始まりました。


設計期間がかなりありましたが、漸く現場が始まりました。

お施主さま及びそのご家族の方々には、随分お待たせいたしました。

工務店さんには安全第一でお願いいたします。


ところで、今回の神主さんは大変饒舌な方で、地鎮祭の意義や作法についての説明等、お施主さまご家族にとっても分かりやすく良かったです。


写真の右下の木箱は収納でもありますが、スピーカーが付いており音楽も流れます!

演出も大事。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


150817.JPG

「コノジノイエ」の 省エネ住宅ポイント対象住宅証明の申請が通りました。

建築の確認申請も同時進行で無事通りましたので、来週から現場が始まります。


ところで、この省エネ住宅ポイントは以前のエコポイントと同じように、省エネに適合した住宅であるには違いないのです。

以前のエコポイントの時は「省エネルギー対策等級4」の基準で通りましたが、今回の省エネ住宅ポイントは「断熱性能等級4(外皮計算)」の基準で通りました。


因みに、今回の申請は基準に幅があり、「省エネルギー対策等級」でも「断熱性能等級4」でも、更には「トップランナー基準」「一次エネルギー消費等級5」「一次エネルギー消費等級4」でも通ります。

現在は、新基準が今年度から始まったので、旧基準と新基準が入り乱れております。

自身も慣れた旧基準で申請を通す方法も考えたのですが、これからの事を考えて新基準でチャレンジ。


今回の件で慣れておりますので、以降は楽になるはず・・・です。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


ハナビ。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

150811.jpg

8月10日は犬山花火。


母の実家が犬山という事と、叔母の家が花火の上がる木曽川沿いという事もあり、自分にとっての花火大会はココです。

叔母の場所取りにより特等席で見られるというのも感謝です。


ところで、犬山の花火は曜日は関係なく毎年8月10日。

今年は月曜日でした。


曜日によって来場者は当然変わるとは思いますが、頑なに8月10日を守りぬく。

何かこだわりがある感じで良いです。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  | All pages
トピック一覧