愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

イワタケンチクブログ

建築家の仕事からプライベートまで、徒然なるままに綴っています。ゆる~く、お付き合いください。


160311-5.jpg

160311-6.jpg


「コノジノイエ」のオープンハウスをクライアントのご厚意により開催させていただくことになりました。


■ 日付 : 2016年03月19日(土)・20日(日)の2日間

■ 時間 : 10:00~17:00

■ 場所 : 岐阜県瑞穂市

■ 構造 : 木造平屋建 延床面積:139.31㎡(42.14坪)



コの字の建物配置の中に広々としたデッキスペースが各部屋を繋いだゆったりとした平屋の住宅です。

クライアントが車いす常用者のため、廊下も一般的な幅より広く、段差も抑えたバリアフリーである点もご覧いただけます。

また、無垢のフローリング材や中霧島壁等の自然素材を使用し、断熱気密性能も備えた住宅です。


是非、現地にて体験いただければと思います。


詳しくは「オープンハウス情報」をご覧ください。



 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


スピード感。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

遠くなければ、普段の移動は自転車をよく使います。


自転車で移動していると、車では見つけられないモノに遭遇することも多々。

160301.JPG

栄の交差点にある「ピクシーの足型」

交差点待ちにこれを見ながら、「そういえば、瑞穂でのピクシーの引退試合見に行ったなぁ・・・。」と遠い目をしてみたり。


車のスピードでは気づかない事は、自転車だと見つかったり。


きっと、歩いたら自転車では見つけられない事に気づいたり・・・。


普段は時間に追われてしまう事ばかりですが、ちょっと立ち止まったり、ゆっくりしたり、ボーッとしたり。

そういう事を意識していければと思います。


大切な事を見逃さないようにしないと・・・。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160227.JPG

先日、所属する建築士会名東支部主催の建築家講演会がありました。

お招きした建築家の方は「マウントフジアーキテクト」の原田真宏さんです。

(僕は運営側でしたので、アレコレと動いておりましたが、講演はジックリ聞くことができました。)


原田さんは、歳は僕の少し上の方ですが、普段から紙面でお見かけするスーパーマンのような方で、講演のお話を聞きながら感心(ほぼ驚愕)しきりで、真似しようとも真似できないようなレベルのお話ばかりでした。


こういった講演会でトップランナーのお話を聞くことは、普段の自身の仕事に対する姿勢や考え方を再考する良い機会になります。

翌日の朝は、事務所で一人静かに燃えておりました。(笑)


原田さんありがとうございました。



それでは。


 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


homify掲載。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

建築系のサイトの「homify」というサイトで、「和モダンの家」を掲載していただきました。


160222.jpg

ページ中の文章は、ライターさんが書かれているようで、色々勉強になります。(笑)


以前も、「ユキイロノイエ」を掲載いただいた時にも、「文章うまいなぁ・・・」と感心しきりでした。


※当ブログは、引き続き私の拙い文章にお付き合いくださいますようお願いいたします。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


建築士会の食事を兼ねた勉強会で「八勝館」へ行ってきました。


160216-1.JPG

八勝館は八事にある料亭で、そこの「御幸の間」は天皇陛下を迎える為に、堀口捨己が設計した棟です。


160216-2.JPG

座敷に座っていると、ここは本当に名古屋?と思うくらいに庭が広大で素晴らしい。

他のどこを見ても目の保養状態。

160216-3.JPG

維持管理を思うだけでも気が遠くなりそう・・・でも素晴らしいです。


こういった勉強会でもない限り、訪れることのない場所を体験しました。


実際、料亭という所は初めてでして、靴を脱ぐところからアタフタ・・・。 

これも社会勉強かと。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「コノジノイエ」には、Rが沢山あります。

160213-1.JPG

廊下の角を取ってRに。

これで車いすの通行も楽になります。


160213-2.JPG

パントリーの入り口もR。

扉の色はビビッドカラーになります。


160213-3.JPG

和室の縁甲板部分もR。

天井に照明の明かりがどう映えるかが楽しみです。


160213-4.JPG

ここは尖ってますよ。


色々ありますが、オープンハウスの時に、確認していただければと思います。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160211.JPG

公園とはいうものの、ほぼ山で、突然土を取り始める息子。

本人曰く、こんな赤い土は無い!これなら良い泥だんごが出来る筈!との事。


子供の興味はどこへ向くかは判りません。

ですが、どこへどう伸びるかも判りません。

なるべく色々と経験してくれれば・・・。


因みにその土は、家でほったらかし・・・冷めたのか!?


それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「外廊下のある家」の配筋検査を行いました。

とは言うものの、現場にいるのは私一人。

現場監督さんの立ち会いは構造設計担当を優先していただいた為です。


一部、指摘事項を監督さんに連絡して、翌日に構造担当の配筋検査を実施していただきました。


並行してプレカットの打合せ→修正→チェック・・・という感じで、3月の上棟を迎えます。



160210.JPG

これは、独立した鉄柱の基礎部分です。

岩田の「田」ですね。


それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「細長い家」はこの日の打合せをもって、基本設計から実施設計へ移ります。

順調順調。


打合せの帰り道・・・

160207.JPG

先っぽが無い。


建築の外装仕上げで「ヘッドカット仕上げ」というのがありますが、これもヘッドカット仕上げ。

因みに、細長い家ではヘッドカット仕上げを使用する予定はありません。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


160206-1.JPG

子供が大きくなってきましたので、一昨年頃からボチボチと雪山活動を復活しております。


暫くブランクがありましたので、道具一式も押入で眠っておりました。 


ですが、この日の午後一番のリフトを降り、滑り始めの1ターン目で事が起こりました。

160206-2.JPG

「パッカーン。」

こうなると何も出来ない。

リフト1本分を辛い体制で滑るというか、雪面を慣らすというか・・・腿がパンパンです。


残りの時間は、子供が滑るのを凍えながら見るという事態に。


道具も含め色々ありますが、手入れは大事です。


余談ですが、後日約10年ぶりに買ったブーツは軽い!紐が緩まない!凄い!

10年の月日を目の当たりにしました。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


トピック一覧