愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■2014年11月の記事一覧■


今回の長崎スナップは、今までとは異なり単独紹介になります。

滞在していた長崎港からは少し距離がありますが、長崎市宿町にある

「旧長崎水族館」(設計:武基雄)

141128-1.JPG

現在は改装されて大学のキャンパスになっており、全容が見えないですが、このように残っていることに感謝です。

高さを抑える行為が随所に見られる為、全体のプロポーションとしても水平ラインが綺麗にみえる建物です。

141128-2.JPG

当時の券売所で、この階段を上がった所が入口だったようです。


141128-3.JPG

このポーチを挟んで山と海が対峙するようなロケーション。

景色は財産だなぁとつくづく感じます。


また、以下の写真はディテールという感じの写真ですが、どの場面を切り取っても力がみなぎっている感じがヒシヒシとつたわってきます。

141128-4.JPG

141128-5.JPG

141128-6.JPG

141128-7.JPG

141128-8.JPG

この先も保存される事を願います。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


これも良し。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

141124.JPG

紅葉の季節ですが、紅いだけでなく黄色も良い。



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


長崎スナップは続きます。

実際に巡った順番とは違いますが、色々とご紹介いたします。


「国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館」(設計:栗生明)

141114-1.JPG

141114-2.JPG

ケンチクの話をするのはナンセンスかもしれませんが、なるべく線を少なくするようなディテールというのは、平和を願うという行為に対してあまり邪魔をしない役割を果たしているように思います。


すぐ隣に位置しているのは・・・

141114-3.JPG

「長崎原爆資料館」(設計:久米設計)です。

爆心地のある公園から繋がるように計画してあるのですが、景観を守る為なのか大部分が地下に計画されていました。


そして長崎で有名なのは・・・

141114-4.JPG

「浦上天主堂」と


141114-5.JPG

「大浦天主堂」などの教会建築郡。

これらは長崎市が世界遺産としての登録を目指しているそうです。


外観としては、大浦天主堂が好みですが、内部空間は浦上天主堂の静謐な空気に息を呑みました。


141114-6.JPG

今回の数少ない観光地らしい観光地である「グラバー園」 

この景色の中に長崎の魅力がグッと詰まっている感じです。


まだまだ続きますよ。


それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


「通り土間のある家」は、ゆっくりながら着実に基本計画が進行中です。

(要するにゆっくりという訳です・・・)


計画は2階建てですが、平屋案だった頃もあります。

・・・という訳で、その平屋案もどんな風だったかも少しだけご紹介します。

141119-0.JPG

敷地が大きく、既存の樹木も沢山ありますので、良い雰囲気の平屋です。

141119-1.JPG

中庭プランですが、完全に閉じる事はなく緩やかに外部との繋がりも保っています。

141119-2.jpg

中庭のイメージはこんな感じです。

家の中の何処に居ても、この空間を意識できるようなプランでした。

141119-3.jpg

キッチンからダイニング・リビングを見たイメージです。


・・・実現できないのは残念ですが、現在のプランは更にブラッシュアップしていますので、楽しみです。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


長崎スナップの続きです。


先回の「香港上海銀行」の斜向かいにあるのが・・・

141117-09-1.JPG

「長崎港松が枝国際ターミナル」(設計:NKSアーキテクツ)

聞いた所によりますと、3000人とか4000人規模の豪華客船の為にあるターミナルとの事です。


141117-09-2.JPG

緩やかな稜線を描く屋根の上は、緑化され公園のようなスペースです。

港を一望できて、気持ちのよいスペースでした。

141117-10.JPG

内部は傘のようなカタチをした鉄骨の柱で屋根を支えているようですが、柱の上部を見ると・・・


141114-11.JPG

以前、沖縄県立博物館でも見たようなトップライトも兼ねている柱でした。

不思議なカタチは空間のアクセントのようになっています。


さて、港エリアからは離れ市街地に向かいます。

141117-12.JPG

「長崎市公会堂」(設計:武基雄)

残念ながら内部を見ることが出来なかったのですが心残りですが、文化財的な建物を見られることが出来、感無量です。

どうやら取り壊し予定もあるようで、保存に向けた活動もされているようで動向が気になります。


材料や構造が非常にダイナミックに扱われ、今では見られない「贅沢さ」をケンチクから訴えかけてくるような感じです。


141117-14.JPG

角の部分は片持ちと片持ちのダイナミックさは一見です。


141117-13.JPG

因みに公会堂裏にこんな景色が・・・。

長崎はそれはそれは坂だらけ。

坂の法面(のりめん)、写真で言う石積みの斜めの部分ですが、普段はその部分は控えて建物の計画をします。

しかし、長崎の多くで見られたのですが、斜面の部分を除いたら敷地面積が減ってしまう為、 敷地境界まで片持ちで持ち出しして少しでも面積の活用を試みている箇所がありました。


流石長崎、逞しい!



それでは。 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


三種目制覇。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

141116-1.JPG

登る!


141116-2.JPG

跳ぶ!


141116-3.JPG

滑る!・・・というかすっ転ぶ。


色々違いますが、三種目制覇です。


いやぁ、子どもは元気です。

少し分けていただきたい。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


先週末ですが、自身の所属する建築士会の旅行で人生初の長崎に行ってきました。

メインは「軍艦島(端島)」です。

しかも、今回は学術調査という事で特別に建物内部まで見るという非常に貴重な時間を過ごすことができました。


軍艦島以外にも2日間ミッチリとケンチク探訪をして参りました。

いつもよりは駆け足な記事にはなりますが、一大企画「長崎スナップ」にしばしお付き合いください。

(暫くはブログのネタは枯渇しなさそうです。(笑))


まずは、長崎空港から長崎港へ。

そして、初めて目にしたケンチクは・・・

141114-01.JPG

「長崎県美術館」(設計:隈研吾建築都市設計事務所)

建物と建物の間に河が流れるという美術館らしからぬ美術館です。

ルーバーの材料は石。

石を薄く綺麗に留める苦労を見せない綺麗なケンチクです。


141114-02.JPG

美術館から海沿いを歩くと、写真右手に見えてきたのが・・・

「長崎港フェリーターミナル」(設計:高松伸建築設計事務所)。


それと併設する施設が・・・

141114-04.JPG

「ドラゴンプロムナード」(設計:Micael Rotondi)

一節によると、緑の部分は長崎くんちの龍を、オレンジは南国をイメージするミカンだとか・・・


個人的には、ちょうど「新建築」を読み始めた頃に目にしていたケンチクで、当時は「これぞ建築!」と思っていました。

今思うと、大味と言いますか、少々暴力的な感じがしないでもないです。


141114-03.JPG

「長崎港フェリーターミナル」の内部はこんな感じで、少々懐かしい感じもするスチール屋根のトラスです。


長崎港周りのケンチクが続きます。

141114-05.JPG

「ナガサキピースミュージアム」(設計:古市徹雄)

マッシブなコンクリートの塊のようですが、手前のアプローチ部分の周りは浮いているのが良かったです。



141114-06.JPG

「香港上海銀行」(設計:下田菊太郎)

これは華麗なる一族みたいな世界です。

現在は記念館となっていますが、当時は1階部分が銀行で、2階より上は行員の住宅という今では考えられない作りという点も、非常に興味深いです。


141114-08.JPG

その住宅部分の階段。

この上げ裏と手摺の曲線がスゴイです。


こんなの図面書けるかなぁ・・・とただただ感心です。


まだまだ続きます。

(軍艦島の話はいつになるのやら。)



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


この秋、子ども幼稚園行事で親子登山がありました。

三重県の鈴鹿セブンマウンテンのひとつである「尾高山」に親子で登るのです。


この行事の問題は、ズバリ親の体力・・・かと。

子どもは怪我さえしなければ、ヒョイヒョイ登るのは間違いないので。


という訳でプレ親子登山として、岐阜県にある「鳩吹山」に。


141107-1.JPG

「鳩吹山」は、僕の父が趣味で登山をしており、セレクトしてくれましました。


そして、本番の「尾高山」へ・・・

141107-2.JPG

逞しく進んでくれるではありませんか!?


・・・という事ははじめからの想定内。

僕ですか?

難なくクリアですよ。


141107-3.JPG

外で食べるおにぎりは、どうしてこんなに美味しいのでしょうか?



それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


普通とは。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

141105.JPG

先日、初めてバーガーキングへ行きました。

ネットでは良く聞くお店でしたが、愛知県には1店舗のみ。

事務所の近くということもあり、レッツゴーです。


ただ、初めてのお店というのは勝手が判りません。

同じ種類のハンバーガーでも、サイズが ノーマルとJrサイズがあったので、ノーマルを・・・


どうも違う。


どうやらJrサイズが一般的な普通のサイズ。

大きい!

でも、アメリカンサイズであれば、コレがノーマルかも。


普通って難しいです。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


昨年に引き続き、自身が所属しています建築士会名古屋名東支部・青年委員主催の「若手建築士作品展・Lulu vol5」が開催中です。


先週末の展示準備の際は・・・

141104-2.JPG

こんな感じで良い雰囲気です。


是非、ご高覧ください。


【展覧会概要】

愛知建築士会名古屋名東支部主催

不定期放浪型パネル展 [Lulu] vol5

開催期間:2014年11月1日(土)~11月30日(日) 11:00~21:00

開催場所:ELEMENT CAFE

     名古屋市名東区文教台2丁目104

     (名東図書館そば、駐車場5台有り)


今回の開催場所がオシャレなカフェということもあり、期間中の16日と30日の日曜日には

「おいしいコーヒーの淹れ方 教室」も開催されます。

コチラも是非。


詳細はチラシPDF

lulu flyer.pdf  をご覧ださい。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

トピック一覧