愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■2013年7月の記事一覧■


「鳴海の平屋」は実施設計中ですが、そこに至るまでに基本設計案が幾つかありました。


参考までに、第1案はこんな感じでした。


130726.jpg



ここからまだ変わっていくのです。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

連戦連敗。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

家を建てよう!と事務所へご相談をいただき、提案をさせていただいても、全てが実を結ぶ訳ではありません。

勝率100%を目指してはいても、そこはマッチングがうまくゆかない場合もあります。


昨年、提案させていただきつつも実現に至らなかったモノも備忘録的に下記の載せておきます。


■ 中村の二世帯住宅 ■


■ 能登のいえ ■


実現させたかった想いもありますが、よく「負けて学ぶ事が多い。」というように、その都度自分の考え方や足元をよく見直す機会にはなったと思います。


世界の安藤忠雄が「連戦連敗」という本を書いていますが、それは安藤忠雄が言うからカッコイイのであって、ボクが言ってはシャレにもならないので、少しでも勝率を上げるようにしていきます。


それでは。


 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

能登のいえ。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

石川県の能登での計画です。


建築際に確認申請を提出しなくてもよい「都市計画区域外」という地域での計画でした。

確認申請を出さなくても良いとは言いつつも、建築基準法は遵守しながら計画はしています。


広大な敷地の中で、家の中で何処にいても自然を享受できるようなゆったりとした家です。



実現に至らない過程が、なかなかに残念だったのですがこれも勉強と思い、次に活かすようにしていきたいです。


名古屋市中村区での計画です。


用途地域の関係上、木造はほぼ無理な為、鉄骨造での計画を行いました。

予算の限られた中で、いかに空間を広く感じられるかを考えた時に、縦のつながりを有効に活用する事に留意しながら計画した住宅です。


ワークスペースから夕日を望む予定だったのですが、実現に至らず。


■動画■


それでは。


最近ブログの更新が滞りがちです・・・

理由は「ヒンプンのある家」「鳴海の平屋」共に実施設計中なので、明けても暮れても図面を描き続けている為です。

頭は冴えていくのですが、身体が悲鳴を上げていく・・・そんな反比例な感じが暫くは続きそうです。


さて、そんな中、先週末の事になりますが、友人のS君の設計した家のオープンハウスにお邪魔してきました。

高級物件もローコスト物件も手広く手がけるS君から「ローコストにチャレンジ」という文面でのお誘いで、楽しみに見学。


なるほどです。

ローコストの知恵と言いますか、潔さが溢れていて、攻めています。

勉強になります。


そして、何より・・・

130719.JPG

敷地も攻めている!

(上に見えるアーチ状のポーチのある建物が伺った家です。)


S君ありがとう。



それでは。

 


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


間違い探し。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

130713.JPG

杉本さんが持ってきた、杉の無垢塗装のフローリング。


でも、全部がそうではないのです。

この写真の内、2枚が無垢塗装、他は無塗装。


さて、どれでしょう?



答えは、右から2枚目と3枚目。


見た目は判らない・・・でも、水は弾く。


あら不思議。



それでは。


 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

暑熱馴化。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

130711.JPG

いやぁ、暑い、暑すぎる。

しかも急に・・・コレが応えます。


以前は、「暑さがトップニュースなのは、平和だねぇ。」と思っていましたが、昨今の暑さは何か危ない。

身の危険を感じるような暑さに思います。


ところで、徐々に体を暑さに順応させることを、暑熱馴化(しょねつじゅんか)と言うそうですが、こうも急では全く無理。


エアコンで適度にサポートしながら、適応していくようにしています。


皆さんもお気をつけください。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

130710-1.JPG 

先日、「小さな平屋」の1年点検にお伺いしてきました。

竣工以降に、建具の調整等があった為か、1年点検では一部クロスの部分のシワがあった程度でした。

後日、補修にお伺いする予定です。


1年前とほとんど変わらず綺麗にお住まいの様子で、時間の経過を感じる事なくお茶しながらお話しながら・・・すっかりくつろがせて頂きました。


130710-2.JPG

計画の肝となっていた、FRPグレーチングの吊り戸は大変好評をいただいており、嬉しい限りです。


ただ、当初の計画とは違い、オールシーズン閉めっぱなしとの事。

これは想定外でした。


また、何処かでこれを発展させた計画をしたいです。



それでは。

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

130701.jpeg 

「ヒンプンのある家」は実施設計中です。

山篭りみたく、黙々と図面を書いております。


実施設計では、基本設計に基づき、詳細な図面を描きながら色々な条件の整合性を確認していきます。

基本設計を基にしていますので、大きな問題は無いのですが、描きながらみえてくるモノが正しいかどうかを、色々な図面を行ったり来たりしながら頭の中で空間をイメージしながらグルグルと・・・図面の中で泳いでいるような感じでもあります。


全てがスムーズに進めば良いのですが、描いている内に違和感を感じたりする部分がポツポツと発生します。

その違和感を「あーでもない、こーでもない。」と、取り除く事をひとつひとつ丁寧に積み重ねていくと、全体の濃度といいますか、密度が高まっていきます。


まだまだ山はありますが、良くなってきてます。



それでは。


 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 


トピック一覧