愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

閑谷学校の素材感。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

前回のケンチク探訪の続きで、閑谷学校の素材感です。


120413-1.JPG

沖縄のヒンプンに似た石塀。


120413-2.JPG

なまこ壁と漆喰、その漆喰に落ちる影。

そのコントラストが良いです。


120413-3.JPG

備前焼の瓦と漆喰とその影。

備前焼は高温で焼き上げるので、焼き物の精度としては荒く、瓦に幾重にも水返しがある為に少し複雑です。


120413-4.JPG

礎石と砂利。

基礎も礎石も石という自然素材を技術でなじませているように見えます。


120413-5.JPG

こちらは排水桝まわりの瓦の小端積み。

上には軒樋があり、雨が降るとこの廻りに水が落ちる仕組みになっていました。

泥ハネを抑える為に瓦がこのように配置されているのですが、地面のアクセントとなっていました。


素材感をヒシヒシを感じられるものばかりですが、どれも経年変化による熟成があるからこそという感じもします。



それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://iwata-aa.com/mt/mt-tb.cgi/592

コメントする

トピック一覧