愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■2011年9月の記事一覧■


この情報は「今さら」感を感じる方もみえるかもしれませんが・・・。

先日、長期優良住宅の申請をした際、申請書表書きに以前には無かった「耐震等級3」のチェックボックスがある事に気づきました。

 

そこで色々調べてみると、以前は認められなかった耐震等級による地震保険の割引きが可能になった様子。

従来は、耐震等級割引は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」による「性能評価」での耐震等級が対象になっていました。

長期優良住宅の耐震等級は性能評価の評価基準と同一なので、同じ性能を保証するモノなので、認められて当然かと思っていたのですが、「高蔵寺の家」の時はNGでした。

 

それがやっと認められたようです。

保険会社によって対応は様々かと思いますが、割引される場合は3割程度のようです。

火災保険に対して、地震保険に加入される方の数はまだ少ないですが、昨今の事情からすると地震保険への加入者も増える傾向です。

 

これらも見据え、長期優良住宅という選択肢もアリかと思います。

 


それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

前回の沖縄県立博物館・美術館とは、志向が全く変わりますが、沖縄の民家の紹介です。

実は今回の旅で一番見たかったケンチクです。

 

中村家住宅は、琉球の代表的な農家の建物で18世紀頃に建てられた国指定重要文化財です。

110928-1.JPG

アプローチです。

奥に見えるのはヒンプン(屏風)と呼ばれるもので、目隠しと魔除けを兼ねています。

石塀の表情といい、高さといい絶妙です。

 

110928-2.JPG

門扉をくぐると、石畳の庭を中心をして母屋や農機具の倉庫が配置されています。

 

110928-3.JPG

柱や垂木は製材されたものではなく、自然のカタチそのまま。

自然に人間が合わせるようなスタイルの家づくりです。

 

110928-4.JPG

石塀に囲まれたような裏庭。

建物の配置のズレによって産み出される間が何とも言えないバランスです。

一見、非効率的な配置なんですが、その間がなんとも贅沢です。

 

110928-5.JPG

やはり軒が深いというのは重要です。

 

110928-6.JPG

全体的に燦々と太陽が降り注ぐようなイメージの建物ではないのですが、

軒が創りだす影と全体的に重心の低いデザインによる落ち着いた感じがとても素晴らしいケンチクでした。

 

それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

110926-1.JPG

 

110926-2.JPG

 

110926-3.JPG

 

 

それでは。 

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

前回のつづきです。

わざわざ引っ張ることもないのですが、ブログネタの枯渇を防ぐためでもあります。(笑)

 

110924-1.JPG

ここは中東か?と思わせる外観です。(行ったことはありませんが・・・)

 

110924-3.JPG

エントランスの塀(門)を通過すると、中庭があります。

この中庭には、沖縄の伝統的な民家が再現されています。さすが博物館。

(後日、リアル民家をケンチク探訪にて紹介します。)

 

110924-2.JPG

そして建物入口へ。

9月ではありますが、強烈な日差しにより建物の白さが映えます。

110924-4.JPG

博物館と美術館という2つの機能は、このホールを介して各々の入り口を設けています。

各々のインテリアの写真は撮影不可なので、内部写真はこのホールのみです。

ホールの屋根を支える柱が上部にて傘のように開いているのですが、その中心はトップライトになっており、ホールに印象的な光を落としています。

110924-5.JPG

構造的な美しさとはこういう事なんだと思います。

ただ、見ていて不思議だったのは、トップライトのおさまり。

その不思議を解決してくれたのは、館内にある模型。

110924-6.JPG

本当に傘のようです。

このおさまりで、トップライトの位置をより天井に近くする為に、ホール屋根全体をスチールのフラットバーを格子状に組んで支えるという構造になっているようです。

以前、ケンチク探訪で紹介しました「神奈川・KAIT工房」の屋根に似ています。

 

それでは。 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

今回からスタートする新プロジェクト「和モダンの家」です。

クライアントから伝えられたイメージが「和モダン」だったのですが、お互いの思い描く「和モダン」の乖離が大きい事が判明したスタートでした。

ここから「和モダン」の旅が始まりました。

 

以下は第1案ですが、幻の平屋案です。

110922-1.JPG

 

110922-2.JPG

 

110922-3.JPG

 

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

遅めの夏休みを利用しての沖縄ケンチク探訪。

メインは家族サービスですが、折角なので家族の機嫌を損ねない程度にケンチク探訪をして参りました。

 

その第1弾は・・・「沖縄県立博物館・美術館」です。

110920-1.JPG

2006年に竣工のまだ新しい建物というイメージです。

110920-2.JPG

外観は沖縄のイメージが強く、かなり個性的なカタチをしています。

グスク(城)であったり、アプローチ廻りはヒンプンであったり、壁面の格子であったりと沖縄をイメージする要素がみられます

110920-4.JPG

博物館という事からかもしれませんが、これだけ風土や歴史を要素に取り込んでいる近代的な建物は珍しいです。

最近のどこもかしこも超近代的な美術館からすると、時代の流れに沿った土着的なこの建物も良いと思います。

 

110920-3.JPG

しかし、こんな形状と色をしていますので当然といえば当然ですが、雨や強烈な日差しにより塗装が・・・

 

110920-5.JPG

110920-6.JPG

この格子が日差しを制御しつつ通風を確保しているので、内側に入るとやはり気持ちの良い空間がであります。

 

110920-7.JPG

よく見ると格子に切れ目が。

この壁面は現場打ちコンクリートではなく、工場で制作されたPC(プレキャスト)コンクリートのパネルを現場で固定しているようです。
これだけ大規模な建物になると、このような工夫がコストや施工性に大きく起因することと思います。

 

110920-8.JPG

さて、中へ・・・(つづく)

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

身体通知表。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

タイトルは「?」ですが、何てことはありません、健康診断の結果です。

ここ数年、普段お酒も煙草も嗜まないのになぜか肝機能の数値が良くなかったです。
(お医者さんには"非アルコール性脂肪肝"だろう・・・と言われました。)

しかし、今年の結果で改善しました!


・・・理由はサッパリわかりません。

ただ、息子の寝かし付けのタイミングで睡眠をとり睡眠時間が増えたのは確か。

・・・コレが原因?

 

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

昨日のニュースですが、住宅エコポイントが復活します。

ただし、今回は財源が不足との理由で、東日本大震災の被災地以外は最大で15万円分のポイントになるようです。
(被災地については、最大30万円分のポイント)

時期(申込や完成等)や要項についての詳細は、現時点では判りませんが、近く国交省よりアナウンスがあると思います。

新築に関しては、タイミングが合えば是非活用したいと思います。

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

トンガリheads

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

110908.JPG

本日の打合せ道中のひとコマ。

 

なんだろう?

場所からすると何らかの農作業器具?

 

なかなかに魅力的なトンガリheads。

 

それでは。

 

 

 

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。


 

トピック一覧