愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

内部工事は続く -伊左地の家-

| コメント(0) | トラックバック(0) |

「伊左地の家<長期優良住宅>」は、内部工事が続いています。

110523-1.JPG

こちらは、リビング天井の窪み。

ここにはプロジェクターのスクリーンが収まります。

しかし、最近のプロジェクターというのは高機能過ぎてビックリします。

 

110523-2.JPG

こちらはリビングと続きの空間であるダイニングです。

壁下地のボードが点々と窪んでいますが、これは普通の石膏ボードとは違いラスボードといいます。

壁の仕上げが左官(珪藻土)塗りになりますので、珪藻土がより絡むように点々と窪んでいます。

 

110523-3.JPG

こちらは、階段上部のハイサイドライトです。

ここは既製建具を使用せず、木の造作により作成していますので、天井との連続感や、窓と窓の間の木部の見え方がよりスッキリしています。

 

110523-4.JPG

こちらは、今回の床材であるカバ(樺桜)の無垢フローリングです。

私の設計する住宅では、なるべく無垢材のフローリングを使用するようにしています。

塗装はオスモ等の植物系塗料を使用しています。

無垢材なので、1年を通じて呼吸をする為、乾燥の厳しい冬期には目地に隙間が出ることも場合によってはあります。

しかし、湿度が高めの夏期にはその目地は元通りになります。これこそ生きている証・・・と言えばそうですが。

設計の段階でそのお話をさせていただいて、ご納得いただければ採用させていただいています。

上記のようなデメリット(生きているのがデメリットというのも変ですが・・・)もありますが、肌触りが何より違います。

裸足で生活したくなります。更には、頬擦りしたくなります。(笑)

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://iwata-aa.com/mt/mt-tb.cgi/489

コメントする

トピック一覧