愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

先週の現場 -阿久比町の家-

| コメント(0) | トラックバック(0) |

昨日の「伊左地の家」は木造、「阿久比町の家」は鉄骨造と構造は違いますが、現時点では同じようなタイミングで基礎工事が続いています。

先回の基礎配筋は続いて・・・

110210-1.JPG

地中梁の配筋も終了。露出柱脚との干渉も問題なく収まりました。
(設計図書通りで問題が出ては、それこそ問題ですが、そういう事はありませんよ。)

 

110210-2.JPG

次は、基礎配筋の周りに型枠を建て込みます。

コンクリートのかぶり厚や、コンクリートを打ち込んだ時に膨れを生じないように・・・等、様々な事に気を配りながら作業は進みます。

この型にコンクリートを流し込みカタチを造るので、完成形をイメージしながら型枠を建てるというのは、大変な事だなぁ・・・といつも感心してしまいます。

そして、コンクリート打込みです。

110210-3.JPG

隙間のないようにひたすらコンクリートを流し込みます。

110210-4.JPG

型枠がしっかりしているので、上に人が乗っても大丈夫。

 

そして、暫く養生してから型枠を外します。

110210-6.JPG110210-5.JPG

ご覧の通り、綺麗な基礎が完成です。

上にニョキニョキと出ている鉄筋は、この後スラブ(床盤)配筋をする際の定着です。

 

現在は、鉄骨の建て方に向けて、鉄骨収まりの調整中です。

 

それでは。

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ ←よろしければ、クリックにご協力ください。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://iwata-aa.com/mt/mt-tb.cgi/455

コメントする

トピック一覧