愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■2010年8月の記事一覧■


先日、18日の事になりますが、国土交通省がフラット35の金利優遇措置を今年12月末から最長で1年間延長する方針を発表しました。

・・・つまりですね、判りやすく解説いたしますと「フラット35S 1年間延長」ということです。

以前ご紹介しました「住宅版エコポイント延長」と共に1年間延長という事になります。
この記事にも書きましたが、"フラット35S"は、優遇措置の無い"フラット35"に比べて、当初の10年間が金利が1%下がります。

それがどの程度のお話かと言いますと、例えば3千万円を35年ローンで借入れた場合、通常のフラット35に比べて約300万円もお得になります。
これは大きいはずです。

このような優遇措置については不景気の対策として、建築業界に限らず自動車や家電業界等で行われていますが、
期限がある話なので家づくりをお考えの方は、一度現時点での検討をするのも良いかと思います。


それでは。

 

 

hacomo(ハコモ)

| カテゴリ: | コメント(4) | トラックバック(0) |

先日、ネットで気になるモノを見つけてしまいました。

それが・・・

100827-1.JPG

hacomo(ハコモ)というモノです。

これは「富士ダンボール工業」というダンボールメーカーから販売されているのですが、そのコンセプトは・・・

"ゲームやインターネットの普及により、手でモノをつくる経験の少なくなった子供たち。そんな子供たちに「モノづくり」の楽しさを知って欲しい。そして、そこから生まれるコミュニケーションを大切にして欲しい・・・。そんな想いからhacomo(ハコモ)は誕生しました。名前の由来でもあるハッピーコミュニケーションをコンセプトに、ダンボールを使った遊具やワークショップを通して子供達の創造性を育む活動をしています。"(HPより抜粋)

とのこと。

素晴らしい!そして面白い!

というわけで、幾つか購入してみました。その中で、今回は「ハムスター」をご紹介します。

100827-2.JPG

 開封すると、A4サイズの白いダンボールが1枚。よく見ると、切込みが複雑に入っています。

100827-3.JPG

それを取り外すと、こんな感じ。ちなみに制作にはハサミも糊も使わないで出来ます。

100827-4.JPG

それを折り曲げながら、はめ込みながら・・・

100827-5.JPG

脚のディテールも細かくて綺麗です。

100827-6.JPG

 四肢も見えてきて、らしくなってきました。

・・・そして

100827-7.JPG

ハムスター完成。(完成までは10分要しない位で出来ます。)

ダンボール1枚から立体を作るという発想も面白いのですが、カタチも綺麗に構成されていると思います。

(普段模型を作っているので、何だか色々な思いで見て作りました。これも建築家魂・・・)

他のモノも後日、お披露目予定。

 

それでは。

 

 

 

 

「高蔵寺の家」現場レポートです。

100826.jpg

大きな工事が終わってますので、細かい作業が続きます。 

 

それでは。

 

 

 

ついつい買ってしまうんですよ。

100825-1.jpg

小さい鉢植え。

個人的好みになってしまうのですが、華やかな花が咲くものより、グリーンが好みです。

しかも、このような多肉系の葉が厚いものも魅力です。

(問題は、結構な割合で枯らしてしまうコト。クワズイモの時も店員さんに「水やりだけで大丈夫ですよ。」と言われたのですが、何故か枯れてしまって・・・。何がダメだったのだろう?)

100825-2.jpg

この肉厚な葉に、みずみずしさを感じます。

大事に育てます!

 

それでは。

 

 

先日の事ですが、「高蔵寺の家」に搬入されるキッチンのメーカーへ行って来ました。

100823-1.jpg

場所は、「トーヨーキッチン スタジオ名古屋」("スタジオ"って、何だか格好良い。)

「高蔵寺の家」のキッチンについては、クライアントご夫婦の思い入れがあり、クライアントとトーヨーキッチンとの打合せで仕様が決定しています。

ゆえに、目的は使用される面材の確認と細かい仕様の確認です。

100823-2.jpg

面材はこのような感じです。表面には実際に凹凸があり、力強い表情になっています。

「ふむふむ、こんな感じですね。キッチンの空間がグッと引き締まりますね。」という感じで確認です。

 

次の細かい仕様確認については、引き出しの中に追加するトレー等のオプションの確認です。

これについては、トーヨーキッチンのカタログは見た目は凄く格好良いのですが、格好良すぎて細かいオプションとか掲載されていないのです。これもブランドイメージの一環かとは思うのですが、何とかして欲しいと思う点です。(トーヨーさん改善の程、お願いします。)

さて、一通り確認も終わったので、せっかくなので担当者の方に最近の動向を聞きながら、プチ勉強会に突入です。

メーカーとしては、常に新しいスタイルを提案し続けなければいけないようで、聞いた話で面白いなと思ったのは「大陸」を意味する"continent"の頭文字を取って、「C-land キッチン」を現在推しているそうです。これはアイランドキッチンよりも奥行きのある大きな(かなり大きい)キッチンを部屋の真ん中に大陸のように配置して、キッチン中心の生活を提案するキッチンだそうです。

新しい・・・でも、大きい。(これが素直な感想でした。)

他には・・・

100823-3.jpg

キッチン背面にガラスモザイクタイルを貼ったモノ(これは格好良い)等、色々勉強をさせていただきました。

<オマケ>

ショールームに入り、まず目に飛び込んでくるのが・・・

100823-4.jpg

大きいデスクライト!本当に大きい。

大き過ぎて、アート感覚です。

 

それでは。

 

 

いつもお世話になっているHさんに、変わったモノを食べに行こうと誘われ、とある所に行って来ました。

名古屋市中川区にある「まぐろの鮪一(しびいち)」というお店です。

何が変わっているかといいますと、普通では食べられない鮪の部位を食べさせてくれるのです。

店主は、鮪が水揚げされる和歌山県の勝浦出身の方で、市場で修行をされていたそうで、その経験から普通では食べられない部位を食べれるようにしたそうです。

それが、コレ。

100821.JPG

「まぐろのホルモン」

(さんざん引っ張っといて何ですが、タイトルでネタバレですね。)

これを食べれるようにするには、消化物等を洗浄しないといけないそうで、それが難しいとの事。

脂はのっているのですが、牛や豚のように脂っこくなくて、コリコリした食感。

他にも、岩ガキ等新鮮な海の幸を満喫できました。

美味しかったです。

 

Hさんありがとうございました。

 

それでは。

 

 

完成まで2ヶ月を切りました「高蔵寺の家」です。

足場がやっと取れましたので、その一部をご覧いただけます。

100819.jpgこんな感じです。まだ内部造作は続きますので、その一部を下記のスライドショーでご覧ください。 

オープンハウスの日程については、後日公表いたします。

 

それでは。

 

 

 

先日ですが、淑徳大学長久手キャンパスにて開催されていました、「隈研吾展」に行ってきました。

この展覧会は、プロジェクトや実作の紹介というものではなく、検討する際に作られた模型を展示するというものでした。

実際に出来上がる過程で、どのような思考や検討が繰り返されたかを見ることが出来る貴重な機会なので、楽しみに行って来ました。

100818-1.JPG

キャンパス内には、こんな看板があったので、広大なキャンパスも迷うことなく辿り着けました。

 

会場内は撮影NGなので、様子は伝えられないのが残念ですが、見た感想を一言で言うと、"執念"みたいなものを感じました。

"情熱"と言っても良いかとは思いますが・・・建物のひとつの答えに辿り着くまでに、同じような模型をひたすら作り続け、検討を繰り返す。その模型の山を見ると、情熱というよりは執念かと。

この刺激(結構、劇薬だったりします・・・)が、夏のうだるような暑さと共に下降気味だったモチベーションを、上昇気流に乗せてくれるような気がします。

 

さて、会場の淑徳大学の長久手キャンパスは夏休み中という事もあり人気も殆ど無かったのでついでに、キャンパス見学をしてきました。

100818-2.JPG

最近の大学はホント綺麗ですね。

100818-3.JPG

でも、普段は人で溢れかえる所に人気が無いと、何だかちょっと恐いですね。

 

それでは。

 

 

花火デビュー。

| カテゴリ: | コメント(3) | トラックバック(0) |

先日の「祭りデビュー。」に続いて、「花火デビュー。」です。

8月10日の事ですが、犬山市にて花火大会がありました。犬山の花火大会は、曜日は関係なく毎年8月10日に開催します。

夏が近づくにつれて、TVでも花火のCMや情報が流れるようになりました。

それを見て息子が「うぉ~、うぉ~。」なんて言うものですから、親としては「見せてみたい。」と思い、レッツゴーです。

ところが、当日は天候はすこぶる不安定、昼間でも雨が激しく降ったと思えば、晴れ間が見えたり・・・と花火日和とは程遠い感じです。しかし、犬山の親戚の叔母さんから「今日あるよ。」と連絡をいただいたので、現地に向かいました。

渋滞に巻込まれながら、最後の最後が見れたのですが、その様子はといいますと・・・

100817-1.JPG

爆発炎上・・・

風が無かったので、遠くから見るとこんな感じ。

でも、近くから見たときは綺麗でしたよ。息子も大興奮!!体全体を使って、何かを伝えようとしていました。

そんな様子を見ると、連れてきて良かったなぁ。と思えます。

また、どこかに行こう。

 

花火終了後は、人ごみが無くなるまで、叔母さん宅で待機。

100817-2.JPG

理由は不明なんですが、ライオンカットされた猫と戯れる息子でした。

 

それでは。

 

 

 

お盆休みを挟んでしまいましたが、「高蔵寺の家」先週の現場の様子です。

100816.jpg

先週はこんな感じで、一部に家具が設置されましたので、生活空間としてイメージが掴みやすくなってきました。

下は、写真のスライドです。(写真にマウスのポインタを合わせると、解説が読めます。)

お盆明けも、まだまだ暑い日が続きますので、現場の方は体に気をつけてください。

 

それでは。

 

 

(タイトルで「なんの事?」と思われた方、すいません。

そう思われた方にとって、つまらない記事になっていると思います、ご了承ください。)

 

今回、岩田建築アトリエのホームページ作成にあたっては、いくつかのブラウザ(インターネットの閲覧用アプリケーション)に対応できるようにと、確認をしながら作成してあります。

その候補は・・・

■IE (インタネットエクスプローラー)

■Firefox (ファイアーフォックス)

■Safari (サファリ)

■Google Chrome (グーグルクローム)

の4つのブラウザを対象として作成しました。せっかく作成したものをより多くの方に、快適に見ていただきたいという思いからです。ほかにもブラウザはあるのですが、この4つを確認すれば他のものも多分大丈夫です。

 

さて、本題です。この4つのブラウザを「超」が付くほどの独断と偏見で、「岩田建築アトリエ」のホームページの推奨ブラウザを発表したいと思います。

 

第1位:Safari (サファリ)

第2位:IE (インタネットエクスプローラー)

第3位:Google Chrome (グーグルクローム)

第4位:Firefox (ファイアーフォックス)

 

という結果です。1位~3位は僅差です。(Firefoxを懇意にされている方すいません。)

理由としては、"Safari"はこちらの意図したことを1番忠実に表現できるからという点と、画像が綺麗に表示できるという点です。

"IE"と"GoogleChrome"は、ほぼ同じ性能かと思いますが、回線状態によって"GoogleChrome"は画像が一部読み込まれないという症状があったので、僅かな差で3位です。"FireFox"については、他ブラウザとの比較で明確なんですが、画像がぼやけています。作成にあたっては、画像の見え方や見易さに細心の注意を払っているので、この点はいただけません。

・・・と、こんな理由で推奨ブラウザを決めさせていただきました。

ちなみに、私個人が普段使用しているブラウザは"IE"だったりします。(学生時代はマックユーザーだったんですけどね。)

 

それでは。

 

 

 

祭りデビュー。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

祭りデビューしたのは、私ではなくて息子です。

100813-1.JPG

自宅の近所で、盆踊り大会がありましたので、連れて行きました。

あまり夜のお出かけはしたことがなく、外というのは殆ど初めてでした。

本人は、照明の下で踊る人たちや音楽に興味津々のご様子。

私自身としても、こういうお祭りはかなり久しぶりで、何だか懐かしい感じがしました。

100813-2.JPG

「君よ何を思ふ。」

将来、どんな思いで思い出してくれるだろう・・・(忘れちゃうかな?)

 

それでは。

 

 

趣味の世界

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日、お邪魔した「増田木工所」さんに伺った時のオマケ話です。

広大な工場の一角にて、他の方とは作業内容が明らかに異なる場所がありました。

そこに並べられたモノ達・・・

100810.JPG

何だと思いますか?

釣用のエサ箱だそうです。

「そうなんですか。」と聞いていたのですが、実際の売値は23,000円程度と聞いてビックリ。

家具屋さんの社長の釣り好きが高じて、メーカーとのタイアップで制作しているとの事で、指物を使った仕様や制作工程を聞いているうち、23,000円はそれ程高くないという事が判りました。

ただ、普通に釣りのエサ箱と聞いてしまうと、やはり・・・。

趣味の世界は奥深いですね。

 

それでは。

 

 

先日の事ですが、「高蔵寺の家」の家具製作の確認に、増田木工所さんへお邪魔しました。

やはり、制作の現場や工場へ伺う時は何だかワクワクしてしまいます。

家具仕上がりや、サイズを確認しながら、色々な家具製作についてもこちらから逆質問状態で、色々勉強になりました。

ありがとうございました。

今週の「高蔵寺の家」の定例打合せに行く前に見学してきました。

100806-1.JPG

「プロソリサーチセンター」

建築誌・新建築の7月号に載ってまして、春日井市にあり、しかも現場に行くほぼ通り道沿い。

行かない手はありません。

設計は、隈研吾氏で建物はやはり素晴らしかったです。常に素材の使い方を模索されているのかな?と思うくらい、普通にある材料が斬新な使い方をされて、かつ素材感が活きていて・・・非常に勉強になりました。

下に撮影した写真を無作為に並べておきます。

ちなみに、この「プロソリサーチセンター」という建物は、ジーシーデンタルプロダクツ(GC社)という歯科材料の研究・開発を行う会社の50周年を記念して建てられた展示施設だそうで、私自身は会社自体の事も知らなかった次第・・・申し訳ありません。

展示内容は、世界最古の入れ歯とか現在の人工歯までの道のり等、知らない世界ばかりで、とても興味深い内容でした。

しかも、アポ無しで訪問したにも関わらず、GC社の木下さん・日々野さんのお二方も対応・案内していただいて、更に更に1階の展示スペース以外の研究や試作の2・3階や資料を取り扱う地下まで案内を、何一つ嫌な顔をせずに案内して下さいました。

アポ無し(というよりアポが必要な事を知らなかったんですが・・・)という無礼にも関わらず、非常に親切な対応に、正直感動すらしてしまいました。本当にありがとうございます。

皆さん、春日井市には世界に誇れる会社がありますよ。

 

帰り際には・・・「せっかく我が社の事を知っていただいたので・・・。」と

100806-2.JPG

GC社の歯ブラシと歯間ブラシまで頂いてしまいました。

本当にありがとうございました。

 

それでは。

 

 

まだまだ暑い日が続きますが、よろしくお願いします。

この前、ニュースで報道されてましたが、先週の土日にライトアップされていたそうですね・・・

100803-1.JPG

鉄人28号。

今年のGWに神戸に行った際に、見てきました。

正直、世代的には「ガンダム」。どうせ見るならガンダムだけど・・・と思い、あまり期待しないで見に行ったのですが、上の写真ですよ!

見た瞬間大興奮です。

何と言っても、このポージング。躍動感溢れまくってました。

100803-2.JPG

正直なところ、見た目はメタボなんですが、真下から見上げた様は格好いい。

普通に近づけるので、触ってみると、鉄人だけあって鉄板で出来ていて、叩くと「バァーンッ、バァーンッ。」って音が響いてました。

100803-3.JPG

立っているのは、神戸市長田区の駅前の長田公園。

こうやって、日常の中にある「超」が付くほどの非日常がとても不思議な感じがしました。

(歩いている地元の人の無関心さが、また不思議な感じ。)

 

ところで、この鉄人28号は神戸の震災で大きな被害を受けた長田区の復興のシンボルとして建てられたものです。

実際、この地に立った感想は、全てが新しい街。普通は、新旧混在が多少はあるのですが、全てが新しいのです。

パッと見は綺麗なんですが、何とも言えない違和感を感じざるを得ませんでした。

でも、学生の時にTVで観た、あの衝撃的な光景から15年でここまで復興した人の力には、ただただ驚くばかりです。

(言い方が、不謹慎な感じがしますが、申し訳ありません。)

 

鉄人、見護っててください。

 

それでは。

 

 

先週の7月30日のことですが、国土交通省から住宅版エコポイントの期間を、来年度まで延長すると発表されました。

率直な感想としては、「やはり、そうなりましたね。」という感じです。自動車産業でエコカー助成、家電産業でエコポイントが長い期間続いてましたので、住宅産業においても住宅版エコポイントはもう少し長くなりそうかなぁ・・・と思っていました。

それに、注文住宅に関しては特になんですが、「建てよう。」「建てたい。」と思い立ってから、実際に現場が動くまでの時間が長いので、住宅版エコポイントが短期間に実施された場合、その恩恵を受けられるのは"たまたまタイミングが合った。"という感じになってしまいます。(「高蔵寺の家」はまさしく"タイミング"が合いました。)

ちなみに、「住宅版エコポイント」とは、国が定める省エネ基準を満たした住宅に最大で30万ポイントがもらえる制度で、ポイントはカタログに載っている商品と交換したり、改修に関しては工事費に直接充てたり出来ます。

この国が定める省エネ基準とは、(1)省エネ法のトップランナー基準相当の住宅 (2)省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅 のどちらかを満たせばOKです。

(1)省エネ法の・・・住宅 は、純粋に住宅エコポイントのみを受けたいという場合に、適用するのが良いという認識で、(2)省エネ基準・・・木造住宅 は、長期優良住宅を申請した場合、もれなくもらえるという認識です。

ここで、「長期優良住宅」について、大きくおさらいをします。

長期優良住宅普及促進事業とは、二百年住宅の普及を目的として、一定の要件を満たした住宅に対して、優遇措置受けられる事業です。
平成21年6月に施行されましたが、今年に入ってから申請数が急激に増加しています。特に、愛知県は全国申請数の1割程度を占めており、群を抜いているそうです。

その理由は、上記の住宅エコポイント制度と国の優遇政策「フラット35S」の金利引き下げ制度。
フラット35は、民間金融機関と住宅金融機関支援機構の提携による、長期固定金利住宅ローンですが、長期優良住宅であれば「フラット35S(20年金利引き下げタイプ)」に申し込むことができます。
例えば3千万円を35年ローンで借入れた場合、通常のフラット35に比べて約383万円もお得になります。

さらに、税の優遇措置も受けられます。
長期優良住宅は、国土交通省の試算によれば、一般住宅に比べて建築コストが2割ほどアップするとのこと。
これに関しては、岩田建築アトリエでは専用ソフトを導入して、オーバースペックにならないように設計をして、コストアップを最小限に抑えることが可能です。

さらにさらに、建てる建設業者により今年度中に限られていますが、「木のいえ整備促進事業」を利用すれば、最大で100万円の助成金を受けることができます。(昨年度から実施されていますが、来年度も実施されるかどうかは現時点では不明です。)

つまり、通常より性能を少し上げて認定をとれば、所得税・登記免許税・不動産取得税・固定資産税などの優遇措置も受けられ、大変お得です。

さらに、長期にわたって使用できる頑丈な躯体を造るため、劣化対策や耐震性能が高く、長期的に価値を持ち続けることができるんです。

 

以上、大変長い文章になってしまいましたが、ここ最近は不況なんですが、贈与税の優遇なども含め住宅を建てやすい状況でもあると思います。

 

この機会に、時期を検討して早めることがお得になることもあると思います。

もしお困りの事がありましたら、お気軽にご相談ください。

 

それでは。

 

 

・・・ふと気付いたんです。

・・・事務所にはびこる"不適な笑み"に・・・それは・・・。

100801.JPG

「アマゾン」「Amazon.co.jp」

とにかく、このダンボールが溜まっていくんですよ。(そんな無駄使いをしている訳ではないんですけどね。)

とりあえず、毎月購入する建築雑誌がありますし、他にも仕事上要るものをチラホラと購入・・・そんな感じで。

 

思えば、僕が大学時代の頃は今ほど建築の専門書が一般書店で販売している事はなかったと思います。

そうすると、わざわざ電車を乗り継いで、栄の丸善に行って買って来ました。更に、専門書は得てして重たい!肩掛けカバンに入れて帰ってくると、めり込むんですよ。

それを思うと、だいぶ助かっています。

 

ただ、このアマゾンさんはページを開くと・・・「おすすめ商品があります。」と言って、心をくすぐるモノを紹介してくれます。

いやぁ、ダンボールが増えるよ、参るなぁ。

 

それでは。

 

 

トピック一覧