愛知県 名古屋市 千種区 設計事務所・一級建築士事務所 建築家 注文住宅 【岩田建築アトリエ】

名古屋/愛知/住宅設計事務所/一級建築士事務所

イワタケンチクブログ

■2009年6月の記事一覧■


色決め。

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日、新居の家の色決めについて打合せを行いました。

090627-1.JPG

毎度の事ですが、車窓の風景を・・・水と緑に心和む。

さて、本題についてですが・・・

090627-2.jpg

今回は、色決めという事でモデリングを行い、それに色付けを行います。

カタチや空間把握については、模型やスケッチが大前提で今回も作ってはいるのですが、色という事になると、模型にその都度色を塗っていては到底間に合わないのでPCが活躍です。

思えば、学生時代に3Dモデリングが流行り出しまして、結構色々触っていました。

その頃は、とりあえずCGというだけで「おおーっ。」という感じでした。しかし、数年もすればCGだらけで「もうお腹一杯。」という感じになってしまってました。

それから僕のブームは、師の教えもあり「手で考える」という事で、とにかくスケッチ!とにかく模型!という時期を過ごしてきたせいか、今回のモデリングには以前とは違う感覚があります。

「CGで魅せる」というよりは、飽くまで確認用として利用という感じです。

やはり、根本は手で考えた末に導き出されたものを確認用に作成するというひとつの工程に過ぎないという事です。

ま、視覚的には非常に伝わり易いというのも事実なので、重宝しています。

090627-3.jpg

この東面の3枚壁の色の組み合わせが肝です。

・・・とはいうものの、今回の画像は色無しなのでどうなったかは、追々のお楽しみです。

090627-4.jpg

玄関アプローチの色も重要。

画像解像度の関係で線が飛んでしまい、何の絵かよく判りませんがこれも追々のお楽しみ。

 

それでは。

 

 

先週の活動報告

先週は比較的、事務所に篭って図面を描いたり、プレゼンの資料作成に追われていました。

そんな中・・・

6月17日。

新居の家の配筋検査。

規則正しく配列された鉄筋を凝視して、確認をします。

一応、メジャーも当ててはみますが・・・問題は無し。

一部、開口補強について指示をして無事終了。

 

6月18日。

大変お世話になっている方の赤ちゃんが誕生。

自分にとっても最近の出来事なので、何だか自分のことのように嬉しい。

おめでとうございます!(これから大変ですが・・・)

 

この日から、体調があまりよろしくありませんでした。

特に「風邪」等の具体的な病気ではないですが、何だか自分の体が自分の体ではないみたい。

事務所を始めてから、こんなに体調が悪いのは初めてで、今は何とか持ち直しましたが、とにかく体が資本なので体調管理をキチンとしようと肝に銘じました。

 

6月20日。

リフォームの打合せ。打合せまでに時間があったので、近くの川辺を散歩。

090623-3.jpg

五条川です。道沿いに水辺に降りれる親水エリアがあって、しばらく涼んでいました。

春にサクラが咲く様子を思うと、何だか楽しい。

 

そんな1週間。

皆さんも体をお大事に。

 

 

カウントダウン

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

090616-1.JPG・・・5

090616-2.JPG・・・4

090616-3.JPG・・・3

090616-4.JPG・・・2

090616-5.JPG・・・1

090616-6.JPG・・・0!

祝?10万キロ。

乗ってる車は、アテンザスポーツワゴンですがよく走ってくれてます。

まだまだ現役で頑張ってもらいたいので、メンテナンスを今までよりマメにしないと。

メンテナンスと言えばなんですが、車の年間の維持費を考えると結構な金額なんですよね。

車自体の価格がウン百万円と考えると、家自体がウン千万円なので、本来は家の維持管理費というのはそれなりにかかってしまいます。いや、かけるべきだと思います。

勿論、メンテナンスフリーなんてのがベストかもしれませんが、それは飽くまで理想の話。

長く住んでいれば、何らかのコストがかかってきます。

でもそこは、「手間のかかるヤツだなぁ(笑)」って面倒をみてあげて下さい。

愛着が深まっていきます。

完成した時が最高!ではなくて、年を重ねる毎に最高!

そんな深みがある家が良いですね。

 

 

6月11日

| カテゴリ:, | コメント(0) | トラックバック(0) |

昨日は、1日缶詰で図面を作成していたので、一昨日のことになってしましますが、活動記録です。

当日は、新居の家の地鎮祭でした。

大事な行事ですので、遅刻は勿論NGですよ。という訳で・・・

090613-1.JPG

早く着き過ぎまして、途中で寄り道をしながら写真をパチリ。

今は、田植えの季節なので、田んぼに水が張ってあり目も心も潤います。

肝心の地鎮祭は、前日までの予報で雨だったのですが、何とか雨も上がり神事は滞りなく済みました。

090613-2.JPG

その後は、祈祷していただいたブツは敷地の片隅に追いやられていました。

090613-3.JPG

申し訳ありませんが、工事が無事に終わるまで、そちらで見護っていてください。

地鎮祭が終わると、そのまま遣り方へ突入。

090613-4.JPG

工務店の社長と息子さんの親子でレベルを厳密に出していきます。

090613-5.JPG

これも、無事終了。前日までの感じが一転して、建物のボリュームも始めてわかるようになってきました。

 

その後は、工務店の事務所へ移動して、打合せへ突入・・・その前に・・・

090613-6.JPG

移動中にパチリ。

浜名湖と夕日。やはり水がある景色というのは良い。(重ね重ねですが)

 

工務店の倉庫では、殆ど刻みを終えた木材が、建前を待っていました。

090613-7.JPG

建前の予定は7月始めです。

まだ、配筋、型枠、コンクリート打設等・・・色々ありますが。

着々と現場は進んでまいります。

 

そんな、6月11日。

 

 

迷って悩んで。

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日のことですが、ある方から「珪藻土は発ガン性があるから使わないほうが良いよ。」

更に、「発ガン性で言えばアスベストと同じ分類に入るよ。」と言われました。

珪藻土は好んで使用している壁仕上材なので、突然の話に若干ショックです。

ただ、聞いた話を鵜呑みにするのもアレなんで、アレコレ調べまくりました。

調べている内に、「IHと電磁波の関係」を調べていた感じと似ているなぁと思いつつ、更に調査調査。

迷って、悩んで、検討して・・・結果、珪藻土は使用します。

機能的(調湿・消臭等)な違いで選ぶことはありますが、基本的には問題無しと判断しました。

様々な情報を見た上で自分なりの判断した所、問題とされる部分は「限りなく白に近いグレー」で、「発ガン性のおそれがある」というのは、可能性が0%と確認できない為、そう言われているようです。(冒頭でアスベストと同等として扱われているのは他に、アルコール、タバコ、太陽光、木材の粉塵・・・と、特に珪藻土だけを騒ぎ立てる話では無いご様子。しかも、珪藻土を焼成した場合の成分の話)

アレコレ調べるのに、大分時間を割いてしまいました。

しかし、キッケカを与えられたことで自分の見識が広がったので、こういう事でも感謝感謝。

 

 

昨日のお昼は・・・

090609.jpg

蕎麦。しかも、大きい(但し、写真は2人前)。

知り合いに連れていってもらい、ご馳走になってしましました。

店頭には「蕎麦粉100%」の謳い文句がありまして、そばの香りが堪能できるものでした。付け合せに、梅干の天麩羅が載っていたのは初めてでした。

 

100%混じりっ気なし。

・・・色んな意味で、普段から自分もそうでありたいと、ふと考えてしまいます。

雑念を取り払い、物事に集中!

新居の家は進行中。

現場は着々と、そして粛々と進んで参ります。

今週は、現場では解体が終わり、土を動かし、地盤の本調査を行いました。

調査結果も出ましたので、来週には地盤改良が進むと思います。

 

さて、所変わりましてコチラは工務店の作業場。

090605-1.jpg

構造材の搬入も終わって、大工さんが刻みを進めています。

「刻み」です。

そうなんです。

今回は、機械が行うプレカットではなく、大工さんの手で「手刻み」が行われています。

今では珍しく、貴重な感じなので、「手刻みなんですね、良いですね。」なんて話をしても、工務店のスタンスが「手刻み」なので、「何が珍しい?」なんて反応。

こんな反応も良い。

大工さんが一つ一つの木の癖や特徴を見ながら、丁寧に扱われています。

090605-2.jpg

鉋(カンナ)を手で掛けるなんてのは久しぶり見ました。

090605-3.jpg

こんな道具の並びにも、職人としての粋を感じてしまいます。

完成の楽しみが増えました。

 

お食い初め

| カテゴリ: | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日ですが、我が家の子供が生後100日を過ぎたという事で(長かった・・・)「お食い初め」を行いました。

これは、子供がこれから先、食べ物に困らないようにと願って行う行事みたいなものです。

実際、当事者になるまでは聞いたこともないので、「ナニソレ?」状態ですので、色々調べて準備を進めました。

そして、晴れて当日。

090603-1.jpg

息子の前には、一汁三菜+歯固めの石。

で、実際はいいますと、お頭付の鯛なんてのも用意したものの、昨日まで母乳を飲んでいた坊やは食べれる訳がないので、食べるマネをしていくのです。

090603-2.jpg

「ウマイ。ウマイ。」

 

そんなこんなで無事終了。

準備には結構な手間暇をかけたのですが、泣き出さないように迅速に事を進めたのでアッという間に終わりました。

元気が何より。元気に育ってください。

因みに祭りの跡は、ご馳走の山だったのでそのまま宴へ突入でした。

 

 

090601.JPG

新居町の現場にて、先日から既存建物の解体が始まりました。

これまで打合せを重ねたリビングから人気が消え、着々と取り壊されていく様子み見ると、何とも寂しいような心苦しいような感じで胸が苦しくなります。

勿論、これから出来上がる建物がクライアントに満足していただけるよう打合せを重ねてきたので、前向きな行為ではあるのですが、クライアントのご家族の思い出や記憶が詰まっている建物が無くなってしまうのは何とも・・・。

ただ今回は、クライアントからの提案でもあったのですが、何点か思い入れのあるモノを取っておいたので、新しく生まれ変わる建物にこれまでの記憶を残す予定です。

どんなカタチになるかは、これから考えていこうかと思います。

これから出来上がる建物に対する責任感で身が引き締まる思いがします。

 

トピック一覧